TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 TOUKAI AMATEUR RADIO
東海アマチュア無線地震予知研究会
 
 よくある質問よくある質問   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   グループグループ   登録登録 
 ユーザー設定ユーザー設定   PM確認のためにログインPM確認のためにログイン   ログインログイン 
chat ROOM1 ROOM3 bbs 地震情報 宏観画像 なんでも 管理人 旧掲示板 KS様 前兆 guide ユーザ登録手順解説

経済考察
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5  次のページ
 
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 一般掲示板(予備)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年3月19日(木) 02:58    題名: 年金資金 引用

 私は、年金資金の買いは正解、と、捉えております。東一上場の大企業のPBRが、信じられないくらい低く、もう、有り金はたいても買い下がるのが、株式現物ロンポジの機関投資家におかれましては、正解と思われます。彼らはヘッジ・ファンドではないので、現物株しか買えません。下がれば、下がる程、買いを入れ、ナンピンするのが、唯一の手法?であり、また、それこそが現物株式投資の王道と思われます。
 彼ら(機関投資家)は、我々個人と違い、寿命も無いし(ファンドの満期はある?)、莫大な運用資金が毎月、入ってきます。彼らこそが、株式市場の主体であり、長年培ったノウハウや経験があります。彼らは、我々と違い、短期的視野で行動している訳でもなく、また、出資者への責任や国のあり方も十分理解して行動していると思われます。

 株式について論じるならば、最低PERとPBR等の指標を理解して、割高で買っているのか、割安で買いを入れているのか、判断基準を持つ必要があると思います。かなりの割安で買いを入れているのなら、まったく問題なく、むしろ超割安なのに買わなければ、機関投資家としては、逆に失格でしょう。
 さらに、会社四季報等で個別のデータも物色する必要があると思います。あと、現状のデータには出ない、将来性についての予知能力も大事かもしれません。

 一方、例えプロの法人でも、失敗する危険はある、という事も事実かもしれません。しかし、ごく常識的に仕事を進めている機関投資家が破綻する程、世界が没落するならば、それは、最善を尽くしても駄目だった、という事である意味諦めがつくでしょう。その時は、また、一からやり直せば良い事です。
 現状に置きましては、まだ、世界同時不況の初期か中期であり、来年度は若干復活するのか、さらに不況が深刻化するのか、判断が付きません。しかし、こういう時ほど、がたがたしないで、冷静に生きないと足を踏み外しかねません。年金関係等は、まじめな関係者に安心して任せておいていい、というのが私の判断であります。

 我々は年金資金の何割が、株式に行くのか、また、何割が比較的安全な公社債に行くのか、まったくわかりません。プロの機関投資家は、その辺のポートフォリオもうまく組んでいるでしょう。我々アマチュアが全体像も見えないのに、部分を批判しても無意味です。さらに、現状の株の買いも十分合理的と思われます・・・。
 他方、ここ数日の上げは、年度末の化粧買いという、各企業の希望もあるような・・・。とりあえずナンタラ会議一度終了で、安心感や、米金融機関の黒字報道により上げたのでしょう・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年3月16日(月) 02:00    題名: タクシーから見た都内の雰囲気 引用

 引いています。今週から。先週までは、けっこう夜の盛り場に活気があったのに・・・。
 多分、3月いっぱいで、契約解除される派遣の人やリストラされる会社員、3月いっぱいで撤退する会社や店舗が、けっこうあり、そのせいで、引いているのではないか、と思います。ああ、あと、サバイバーでも、定期昇給さえ見送られそうなケースが出てきているので、そういった悪材料の多さから、一般大衆が、非常に街で遊びにくくなってきたのでしょう・・・。
 本当に非正規社員が3割もいるなら、失業する人数も半端ではないのかもしれませんね・・・。
 
 米日の国民の貪欲さが招いた惨状ですかね・・・。米は、競争も激しく、健康保険の高さや、年金の自己運用(多分運用会社を所属会社であるいは個人で選ぶ)など、社会保障制度まで自己責任な為、どうしても、目先の金を追求しがちになり、今回の惨状の遠因になった可能性があります。

 日本人も貪欲であり、まじめで勤勉と言われてきましたが、よくよく考えてみると、炭酸ガスを吐き出す商品を世界中で大量に売り捌くなど、とても善行を行っているとも思えません。地球環境を破壊する商品を、せっせせっせと製造する行為が、果たしてまじめで正しい行為なのか、考える時期なのかもしれません。過ぎたるは、及ばざるが如し、といった格言を思い出します・・・。しかし、今後さらに、エネルギー効率の良い製品や、究極的には炭酸ガス排出量の少ない製品に改良されていくのでしょうね。

 しかし、金融テクノロジーや、科学技術、人間の道徳心(宗教感)、社会制度・主義等、全般的に、まだまだ、人類も粗暴な段階であった、ということが判明してきた昨今であります。今後の進歩に期待しつつ、とりあえずは、今を生き延びるしかないですな・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年3月11日(水) 17:21    題名: 売られる優良企業株 引用

 最近、ドコモやセブンといった黒字優良株が売られているのが、目立つ。少し前までは、赤字企業ばかりの中、黒字企業が買われるケースが目立っていたような気もしたのだが。多分赤字企業が多いので、従来なら(黒字多数時)、業績の指数(PERなど)で株価が調整されていたのが、含み資産(PBRなど)で評価せざるを得なくなり、数字合わせの為、下落しているのかもしれない。
 いや、季節的パターンもあるか・・・。しかし、そう勘繰りたくなる程の下げっぷりなのだ。単なる毎年の季節的パターンなら良いのだが。赤字銘柄がスタンダード化するということは、さらに不況が続くという事を暗示しているようで、嫌なものだ。
 毎度のパターンならセブンやドコモは、3月中旬頃買いかもしれない。もっとも私はデイトレしかしないと決心しているので(過去2年、新興銘柄の粉飾にやられたのと、頻繁なトレードを楽しみたいからである)、私は買えないが・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年3月02日(月) 15:52    題名: 東証下落、しかし・・・ 引用

 今日の東証は、先週末のNYに釣られ、爆下げ中である(−290円 14:47)。小生は株はデイトレしかやらない為、前場でほんの少しいただき、終了した。某株で、黒字企業の為、売り込まれると、たいていリバウンドする為、仕掛けたが、今日は、なかなかリバウンドしなかった。一時は負けも覚悟する程の売り込まれ様だった。それもそのはず、市場全体では、後場には前場より、さらに売り込まれたのだ。外資の寄前注文が1130万株の売り越しで、そう大した売りでもなかったが、予想以上に日経は下げた。先週、金まで3日連続で上げていたので、利益確定売りも掛かったのかもしれない。
 とにかく、今後どうなるかは、政治や市場任せであろう。米国の金融、自動車セクターの手当て如何やら、日本の自動車や半導体の売れ具合やら、為替レートやら・・・。
 午後は、一息付いて、野村證券のサイトを開き、野村クイックでニュース等を見た。半年位前にトラブル続きで辞めたKさんが、太陽光パネルの会社が良いと言っていたのを思い出しチェック。爆下げしていた。さすが、バブル紳士。しっかりやられている。
 ただ、この会社、東証一部で、今期赤字なものの、PBRが0.61。この不景気を生き残り、景気さえ良くなれば、2〜3倍以上になってもおかしくなさそうだ。現在、日本には、そんな会社がゴロゴロしているのだろう。正味の剰余金も500億以上ありそうだ。しかし、今年度の赤字は200億にも上る。ま、どう判断するかは、個人で決める事だろう。ソニーさん辺りの方が、貯金が多く、さらに安全ですな。
 しかし、いずれにせよ、時間がかかりますな・・・。気の長い話です。こういう気の長い投資話は、やっぱ、年金資金とか、生保の運用資金とか、大金を運用せざるを得ない機関投資家の仕事でしょうかね。あるいは、個人だったら、資金がだぶついている人、目先は資金の一部でデイトレ、大目の資金をロングで運用、みたいな本格派の話でしょうね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年2月28日(土) 02:11    題名: 分岐点;GM 引用

 GMの業績が下げ止まらず、年間で3兆円もの大赤字を計上しそうである。また、目先の運転資金も減少し、追加支援を米政府に要請しているらしい。
 常識的には、そんな赤字企業は解体してしまった方が良いのだろうが、巨大メーカーゆえ、へたに倒産させてしまうと、まさに世界恐慌への引き金になりかねない。多分、米だけで数百万人の失業者が発生し、釣られて日本もさらに酷い経済状況に陥りかねない状況にある。
 また、GMの労働組合は、オバマ氏の票田でもあったらしく、米政府は実に難しい選択を迫られている。
 我々は、夏場に向けて地獄へ落ちていくのか、あるいは、地獄の淵を覗いている現状で踏み止まれるのか、非常に危険な分岐点に立たされている。

(映画ウオール街で主人公バドの勤める証券会社の古株証券マンが言った言葉が印象的である。「人は時として地獄の淵を覗く事がある。しかし、それにより地獄に落ちなくてすむのだ。」)
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年2月26日(木) 01:20    題名: 円安 引用

 最近、変に円安になっている。この円安は、オバマ政権による米経済の信任の復活なのか。目先、経済は駄目で、株価は下がるけど、米はそのうち復活しますよ、というシグナルなのだろうか。
 一方、米資本が外国株を売って、ドルに戻す為、ドルの需要が高まり、ドル高になっている、という説もある。事実、日本株をみると、外資の寄付前注文状況は、一月は5回しか買い越しが無い。二月などは、まだ3回しか買い越しが無い始末である。
 こんな状況では、少し前、安くなったと思って現物株や投資信託を買った人達は、大分、含み損を抱えている事だろう。そして、さらに下がるかもしれない、売り逃げるか、と毎日、オロオロしているかもしれない。人間、長期的に保有して、将来、高くなってから売る、と考えても、いざ、目先、安くなると、平静でいられなくなるものだ。
 しかし、ここまで来てしまったら、しっかりホールドし、さらに安くなったら、買い増しするくらいで良いかもしれない。長期投資の人は。だが、それを実行するのが、一般大衆には難しいのだろう。
 とりあえず、目先3月中に底を打つのではないか、という観測もあるようだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年2月11日(水) 09:00    題名: 勝負の来期 引用

 昨夜、NY暴落。日本は休日で、動けない。多分、今夜のNYからじわじわとリバウンド。目先の株価など、底値圏の株式市場や、実体経済には、もはや、大して影響なしと思われる。
 問題は、これから。米ビッグ3の再生がうまくいくか。金融危機をうまく収束できるのか。また、それらにより、米の消費が復活して、日本経済に貢献してくれるか、どうか・・・。
 とりあえず、今年度はもう駄目として、新年度の出だし、第一四半期の成績が試金石となりそうだ。派遣切りや、正社員の希望退職、工場閉鎖等のリストラを行っている各メーカー。急激な円高も、もう無いだろう。いや、ビッグ3等の結果が良ければ、だが。
 しばし、冬の時代を耐え忍ぶしかないようである・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年2月03日(火) 12:19    題名: 電機業界全滅か 引用

 私は、デイトレで某家電メーカーも、やっているため、若干情報が得られました。

会社名  09/3予想売上    正味借金     正味剰余金    09/3赤字
日立      10兆 200億    8500億                 7000億 
ソニー    7兆7000億                 9861億     1500億
東芝      6兆7000億   1兆400億                2800億
NEC      4兆2000億     6500億                 2900億

 ご覧の表のように、私の調べた4社だけでも、内部留保があるのは、ソニーさんくらいで、他社は、元々借金も多い上に、今期は大幅な赤字予想であります。各社、非常に危険な経営状況あります。ここ1〜2年のうちに有る程度、対策を練ってくれないと、社会全体がまずいような気がします。

 不況が長引けば、場合によっては、銀行の債権放棄や公的資金注入が必要な事態になってくるかもしれません。

 他方、日本は、霞ヶ関埋蔵金のような、若干のゆとりが、まだあるようです。官僚が、渡りを行う為に、コツコツへそくったお金が、別の用途で、日本の役に立ちそうです。また、今回の恐慌を乗り切る為、麻生内閣は、あの手この手の財政出動を計画してくれています。その原資を手当てするためには、消費税アップもやむを得ないと思われます。小生は、次回の選挙も、麻生自民党内閣の応援という意味で、品川区出馬の I さんに投票するつもりです。頑張れ、日本。頼んだ、自民党様!
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年1月25日(日) 07:48    題名: 恐慌進行中・・・ 引用

 恐慌進行中の昨今、皆様、いかがお過ごしでしょうか。小生は、係長に一日5万以上やれとか、300キロ以上走れ、とか言われ(全員言われてる)、まじめにやって疲れています。都心の客の減少ぶりは、毎回憂鬱になるほどです。今後、恐慌がさらに進んだ場合、タクシー業界でも、腕が悪かったり、体力のない年寄りから、潰れていくのでしょう。ただし、年寄りでも、住宅ローンが終了してたり、子供が独立し、金の掛からない人は、比較的ダメージは軽いと思われます。

 トヨタ、ソニーなど日本を代表するメーカーが赤字になり、各社、派遣どころか正社員の早期退職の募集を始めたり、給料ダウンで対応したり、リストラが盛んになってきました。大手メーカーの不振により、派遣や下請け業者も仕事が減少。メーカーが不況では、関係者はリストラされたり収入が減り、それにより消費が減り、他産業まで駄目になり、全国的に不況まっしぐらの状況であります。
 大手企業でも、資金繰りが悪化しはじめ、運転資金を銀行に求める動きが出てきました。政府は、大手一般企業への公的資金の投入さえ、検討し始めた模様です。来てます。

 トヨタに関しては、内部保留があるのだろう、と思っている人が多いのかもしれませんが、会社四季報で調べたところ、剰余金と有利子負債がほぼ拮抗しており、あまり、ゆとりがある状況ではないようです。一方ソニーさんは、意外とゆとりがあり、3〜5年以上赤字でも持ちそうです。

 しかし、天下のトヨタさんが、こうも短期間に赤字転落するなど、まったく物事は儚いものです。儚い現世で、とりあえず生きていられてちょっとハッピーな小生ですが、嫁は、私がここ2年で株でウン百万摩ったので冷淡です。しかし、嫁がアルバイトに専念できる環境を提供しているので、けっこう内部保留できる環境を感謝されるべきなのに、嫁は、連日労働のストレスからか私に冷たい。
 話はそれますが、やはり人生は短距離走ではなく、仕事をするにしても、長期的持続力が大事です。目先だけでなく長期的にも健康に利益を上げ続けるためには、
ー分に合った仕事をする健康管理ストレス発散法を持っている、等の自己管理が大事です。
 嫁は休日をほとんど取らないので3〜6ヶ月で疲れてヒステリーを起こして私に当たってくるわけです。嫁の父親は洋服問屋で在庫が掃けず、失敗し、もがいて脳卒中、娘の彼女が家族を代表して、来日、まじめで内部保留のある小生に、借金の8割を肩代わりさせた要領の良い奴です。が、別に、借金を自分で返した実力があったわけではありません。多分、働き過ぎてヒスを起こすなど、父に似て総合的な管理能力は欠点があるのでしょう。慎重さ不足、思慮不足な感じがします。多分、彼女が男だったら、父と同じ過ちを繰り返した危険が高かったのではないでしょうか。そんな気がします。

 さらに、限られた収入のなか、車の免許代を要求され、小生は、生活費(嫁の小遣い?)を減らしてでも、分割にしてでも捻出せねばなりません。本来なら、本人が出すべきとも思いますが、そういうまとまった金は出させたいのでしょう。実際には、即払えますが、恐慌的状況なので、私もできるだけ、内部保留を蓄えておきたいのです。このバランス感覚こそが、私が常時小金を持って、バクチ(株・デイトレ)を打てる背景なのですが、嫁からすれば、私に金掛けないでバクチを打って、過去2年で数百万も負けたロクデナシに見えるのでしょう。
 一方で、私からすれば、株で負けると、私の大好きな情報が多く得られるのです。また、株で負ければ社会に金を放出し、役に立つわけです(言い訳?)。他方、最近レバレッジを掛けて信用デイトレしている為、必要資金も現物時の3分の1で済むため、あまり、お金が欲しくなくなってきています。目先、手元に210万(某銘柄信用2万株分)あれば、十分だと思いはじめました。

 私の家庭の内情はさておき、当面厳しい状況が続きそうな昨今です。皆様もお気を付けて。バイナラ・・・ 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年12月26日(金) 15:51    題名: 株価はまだ落ちる? 引用

 今日、株マニアの同僚のオジサンに会ったら、ピークから32ヶ月は下げる、と言っていた。日経やニューヨークダウのピークはいつだったか、興味のある人は調査されたし。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年12月25日(木) 04:27    題名: 指標はもう底? 引用

 日米の株価は、ボックス圏にあり、もう底で、場合によると、来年春(4月以降、あるいは夏)から、盛り返すのではないか、とチラリと思った。というのは、米国はビッグ3の手当てが済めば、大きいところの手当てがほぼ済むし、日本も、トヨタが赤字になったのは、急速な円高が主要因であり、為替レートが落ち着けば、非正規社員のリストラや経営計画の見直しにより、利益を確保できると考えたからである。

 大初会の株価が、けっこうその年の動向のヒントになるかもしれない。

 他産業も、ビッグ3の手当てが順調に行けば、安心感から若干消費が伸びてくるのではなかろうか?いずれにせよ、ビッグ3の手当ての動向が、年初からの注目点になっている。

 一方、非正規社員の人達には、相変わらず逆風が吹いている。メガ・コンペティションの御時世では、企業も、労働調整しやすい派遣や期間工の割合を増やしてきたのが、企業進化の世界的流行であったらしい。そして不景気では、非正規社員の人達は真っ先に調整されてしまう。

 非正規社員の人達は、その現実を普段から自覚し、有事に備えて貯金したり、別の仕事のメドを付けておいたり、アパートへ引っ越す時の資金を確保したりする、備えが重要だ。(実は、正社員の人間でも、どうなるかわからないのが現代であり、準備は大事である。)周囲は、けっこう心配しているが、始めから、臨時的雇用の為、若干の支援しかできないのが現状だ。結局、自力で立つべきなのが人間なのだから、普段から、人生のリスク・ヘッジを少しは考えながら歩んで欲しい。

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年12月20日(土) 12:19    題名: 続くビッグ3の危機 引用

 毎日新聞社によれば、とりあえず年内の破綻は避けられるようだが、リストラ策がまとまらなければ、即刻融資返済を求める(ブッシュ大統領)ようである。

 テレビの世論調査では、政府支援に55%もの米国民が反対しているらしく、逆風が吹いている。どうも、年金や医療給付の厚遇が、一般国民の反感を買っているらしい。

 GMの場合、時給換算でトヨタの3割増しらしい。その辺を改善し、かつ、利益の出る経営計画が出せないと、世間から見限られる可能性がある。

 ビッグ3が見捨てられるのか、救われるのか、当面予断を許さない状況が続きそうだ。もし、見限られた場合、米国は大量失業者が発生し、まさしく大恐慌となるのだろう。そして、日本も含め、世界恐慌となってしまう。個人的には、ビッグ3の救済策は続くと思っているが、自立するまで相当のリストラや時間・資金を要すると思う。場合によっては、日本メーカーの協力が求められる可能性もあるだろう。

 現状では、ビッグ3の件抜きでも、急速な円高の煽りで、トヨタも赤字になるくらいで、もう、ほとんど、日本もヤバイ状況である。まさしく、サバイバル時代になりそうだ。小生も未だに残っているサバ缶を食卓に出動させてでも、生き延びたいと思っている。皆様も頑張って下さい。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年12月14日(日) 20:23    題名: 自動車産業崩壊の危機 引用

 かなりまずい感じである。トヨタ下期赤字、通期でも8割減だという。米ビッグスリーの救済法案が否決され、金曜午後は円は一時88円台を付けたらしい。現在は、なんとか91円台をキープしている。
 米ビッグスリーは、とりあえず、金融安定化法による公的資金の支援が検討されているらしい。ビッグスリーが潰れると、3社だけでも23万人の失業者が発生するらしい。さらに、連鎖倒産で、最初の一年で300万人が失業しかねない状況らしい。
 そうなっては、まさしく世界恐慌になり、派遣どころか正社員もただでは済まなさそうである。最悪の事態は避けられる様、米国の方々には気張って欲しいところだ。

 しかし、例えビッグスリーの危機が回避されたとしても、円高で、かつモノが売れない状況では、それだけでも、日本は相当きつくなるだろうし、もうなりつつある。

 とりあえず、目先は、さらなるどん底に備え、現金をできるだけ、温存すべきかもしれない。しかし、そうすると、モノが売れなくて、さらにデフレを促進し(デフレ・スパラル)、さらに自分達の会社が不況になり、会社も危機に、社員もサラリーが下がるという状況に陥ってしまうのだ。まったくまずい状況だが、生き延びるしかないですね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年12月12日(金) 02:57    題名: ドル、さらなる崩落の危機? 引用

 某衛星放送によれば、ドルはさらに安くなる危険があるという。株式マニアの同僚に聞いた。場合によるば、80円を割るかもしれない、と彼は言う。彼は現物株投資派だが、そこまで待ってみようかな、と言っている。
 奇しくも、ドルは前日23時頃?から、92円を割ってきた。米経済指標の発表後だという(某証券マーケットウオッチャーより)。円高ドル安は今後も続く見通しらしい。12/12 2:40現在91円70銭前後を付けている。
 80円を割る事があったら、日本も相当ヤバそうだ。現在でも、自動車・家電メーカーの減産や派遣のリストラが目白押しである。ただでさえ、モノが売れないのに、さらに円高になると、大手では正社員も早期退職の希望を募るようになるのだろう。中小では存続の危機にさらされていまいそうだ。なんとか90円台以上をキープして欲しいものだ。
 一方で、相対的に輸入価格は安くなるので、お金は大切にすべきだろう。残念ながら、当面はデフレ・スパイラル的経済状況が続くのだろう。以前も述べたが、欧米の金融機関の不良債権処理にメドが付かないと、経済は底打ち・反転して来ないのかもしれない。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年11月30日(日) 07:43    題名: 資本主義では不景気時は、年金運用資金等が赤字でも仕方ない 引用

 資本主義では、年金資金等の莫大な資金は、株式投資されるのが普通のようです。単に、利益を求めるだけでなく、資金を、国の重要な企業に投資するという、社会的意義もあるのでしょう。何割の資金が株に行くのかわかりませんが、今のように株価が下がると、当然運用成績は下がりますが、致し方の無い事のようです。
 
 年金運用のマネージャーも、将来を見越して、現在安いと思えば買うでしょうし、配当利回りが有利だ、と思えば、また買うのでしょう。安値で買い増せば、難平となり、将来株価が上昇した時、以前より安い価格で黒字になります。また、長期投資では配当収入も馬鹿になりません。2%付くなら単純計算で10年で20%です。年金資金のように現物長期運用の資金は、まさに株式運用に打って付けのオカネです。個人では、待ちきれなくて、こねくり回して利益を出しにくいですが、年金運用はプロによる冷静な運用です。そして、延々と行われるものなので、長期的に勝ちやすいと思われます。目先の下落云々ではなく、長い目でみる事が重要でしょう。

 例えばNECですが、株価資産倍率がとんでもなくなっています。現在安いとはいえ、将来景気が回復すれば、倍になってもおかしくないレベルです。また、シティなども、先日4ドル割れましたが、米国の不良資産買取のニュース後3〜4割上げた模様です。みずほが約6万から100万になった過去を彷彿とさせる銘柄です。私は、待ちきれないし、デイトレしたいし、米国株買える口座かわからないので、やりませんが。

 目先のマイナスを指摘しても、仕方ない事です。難ピン買いを入れたのだから、日経11000〜12000クリアできれば、軽く黒字の状況だと思います。多分、もっと安くても黒字になるでしょう。難ピンを入れたのですから・・・。現物株は長期的視野が必要で、○○など、とてもプロの言葉とは思えません。いたずらに不安を煽り、あるいは、目先の赤字で他人を卑下し、自己の商売を有利にしたいような感じがあります。
 
 年金運用は多分、国内有数のプロが大真面目に、国民の利益を考え、プロの判断で運用していると思われ、我々しろうとより格段に運用がうまいと思われます。信じていいと思います。それでも駄目なら、それは仕方ない事です。人間は神ではないのです。個人的には全然心配していません。前回の不況時も赤字が取り沙汰されましたが、景気回復時に結局黒字化。黒字の時は、ひっそりと報じられ、誰も批判しないけど、赤字だと大袈裟に叩く人がいるわけです。今回はまた、赤字らしいですが、多分損益分岐点を、難ピンによりさらに下げたので、大丈夫でしょう。投資先が黒字企業なら配当金も入りますし。
 
 あと郵政事業も黒字だったようですね。当初、外資にカネを盗られると各方面から散々指摘されましたが、実際には、運用資金の大半が日本国債で、サブ問題を契機とした金融収縮の悪影響が少なかったので、あまり業績が下落しなかった模様です。混迷時には、信憑性の低い噂やデマが乱れ飛ぶようですので、あまり撹乱されないように気を付けて参りましょう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年11月20日(木) 01:42    題名: 経済の底はいつ? 引用

 日本の場合、1989年末にピーク、どん底は2003年4月でした。数ある銀行が再編され、メガバンクに生まれ変わった時期です。13年4ヶ月掛かっとります。日本の場合、○○系への不良債権を処理しようとしたところ、銀行幹部が暗殺されちゃったので、処理スピードが大幅ダウン。また、責任回避の事なかれ主義なども、遅れの原因なのでしょう。
 
 また、間接金融(メインバンク制)から直接金融(債券や株式、すなわち証券を通して出資資金が直接企業に渡るシステム)に移行する過程にえらく時間が掛かったのでしょう。いや、やっぱり、多すぎる銀行の再編に時間が掛かったのかも。メガバンクは、サラ金を始めたり、海外貸付が好調のようです。さすがに、米欧に煽られ、今年度は減益ですが。

 某元投資銀行の人の話だと、処理だけでも、2〜3年は掛かるらしいです。しかし、日本に比べれば超速です。それだけ、ダメージも急になるのでしょうか。実際、今の景気の落ち込みも急ですしね。

 そうすると、再来年の3月末あたりが、どん底になるのでしょうか。いや、まったくわかりませんが。トヨタなどで考えると、まず、今期決算(来年の3月)に落ち込み、来期決算(再来年3月)でもっと落ち込む事が想像にかたくありません。

 前回は私は独身だったので比較的楽でしたが、今回はヤバイです。真剣勝負です。いや、あまり意識せんとこ・・・。硬くなるから。

 しかし、中高年にとっては、最後の試練の時となるのでしょう。試練が過ぎれば、また、景気も復活し、株価も上昇し始めるのでしょう。現在は、金融危機により、信用収縮が起きており、カネが投資や消費されず、デフレ傾向になっていますが、欧米金融機関の不良債権処理にメドが付けば、経済は下落から反転し、好景気、インフレが始まるのでしょう。そんな感じかな。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年11月08日(土) 07:00    題名: 輸出型経済国家・日本は、外国の不況の波をモロに受ける 引用

 トヨタが大幅な減益見通しとともに、季節労働者を6000人から3000人に減らしたり、海外新工場の建設計画の見直しに取り掛かりました。日本は輸出企業で稼ぐ国のため、米欧の不況の波をモロに受けるようです。これは、少なくとも、あと1年半位は低迷しそうです。

 日本の景気も、これからが悪くなりそうなので、心して掛からないといけなそうです。日本の通貨に関しては、米欧に協調して利下げしたので、なんとかこれ以上の円高は避けられています(6:40 1ドル98.33円 某証券マーケットウオッチャーより)。ただし、今後、米欧がさらに金利を下げていく場合、日本はもうあまり、下が無いので、さらなる円高が有り得ます。

 前回、金利低下は借金のある人には、有利である旨考察しましたが、一方、不況による、デフレや円高は一方で、お金の価値を高めるので、実質金利は実は大幅なアップになるかもしれません。現在のガソリンが良い例です。ピークからかなり下げてきました。都内のセルフスタンドでも、130円を割るところが現れてきました。

 サラリーにしても然りです。不況で、上がらないにしろ、普通のサラリーマンは、基本給が下がる事は無いので(残業代は減るかもしれない)、デフレ環境では、実質サラリーアップと一緒なのです。困るのは、我々のような、歩合給の人間や個人商店でしょうか。尤も、固定給の会社でも、組織そのものが立ち行かなくなれば、まずいですが。体力や競争力のある企業ならまず大丈夫でしょう。

 思うに、今回のバブル崩壊では、まず、株式から資金が逃げ、次に商品相場へ逃げ込み、ついには、その両者からさらに資金が逃げ、円に来ているのかもしれません。商品相場の暴騰は、米欧経済転落直前の、最期の煌き(きらめき)だったのでしょうか?

 不況やマネー・イズ・キングの状況では、株はもちろん、商品からも投資資金はおカネに戻され、なかなかそちらに流入しません。

 不況下では、個人、法人とも、その真価や実力が問われる事になりそうです。一時に沢山稼げれば良いというわけではありません。むしろ持続させるマネージメント力が大事なのでしょう。

 最近、ミュージック・シーンにおけるかつてのカリスマ、Kさんが借金苦から、巨額詐欺事件を起こし、逮捕され、ミュージック・シーンから退場させられました。彼は最大でなんと100億の資産を持ったようです。しかし、その直後、香港での会社経営に失敗し、70億の損失、加えて第一妻との離婚の慰謝料と散財で、ほぼスッカラカンに。そして最近では犯罪にまで、手を染めてしまいました。この事例から、お金は、油断したり、余計の事に使うと、大金であれ、すぐ無くなってしまうので、逆に世の中金じゃない、と思うようになりました。努力や研究が大事だと思うようになりました。

 Kさんは、100持った段階で、事業欲など、持たないで、元本保証の預金にすべきだったかもしれません。しかし、堅くやるより、派手に散財する性格だったようです。借金ができて、返せないなら、もう自己破産した方が良かったかも。そして、エイベックスやソニーの力を借りて、再生すれば良かったように思います。犯罪者になった途端、両社とも、ネット配信を即座に停止した模様です。破産程度なら、むしろバックアップが活発になり、ひょっとしたら再生できた可能性も大でした。借金がチャラになれば、借金返済に頑張ったその余力が全てプラスになる訳です。歌手のSさんも、映画製作の借金を何年も掛けて返済したようですが、今では、余力をかなり持っていらっしゃる事でしょう。同じ借金をこさえた人でも、結果はこうも違うもののようです。人間の中身がかなり違うという事でしょう。
 
 お金は100億あっても、やり方を誤ると、短期間に消失してしまう儚い(ハカナイ)ものだったのです。逆に言えば、少ない資金でも、努力によれば、誰でも上昇するチャンスはあるとは言えます。それでも所詮、金は金でしかない、という事ですが。生きた使い方、というか、金よりもむしろ、生き方が大事なのでしょう。

 金に狂った現代人は、経済を混乱させ、あるいは自分の人生も狂わせ、また、お金第一主義や名声の為、あるいは頑張り過ぎて、無理をして、体を壊してリタイアする人も多いようです。

 そして、まじめな人間にも、周囲の妬みが渦巻く世界であります。強く、堅実に生きたいものです。休む時はしっかり休んだり、運動や趣味、栄養バランス、若干の酒によるリフレッシュ、できない事は他人に頼むなど、良い意味で他人を信用し働いてもらう事も大事だと思います。某外食産業R社の社主と先日、偶然再会しましたが、彼は初期こそ、体を張って頑張ったようですが、その後は、むしろ若い人材に頑張ってもらい、会社を伸ばしたようです。(ちょっと今後は、外食産業はきついかもしれませんが)
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年11月01日(土) 13:41    題名: 米日ともに利下げ、前人未踏の米日同時ゼロ金利時代の幕開け? 引用

 米国は29日に、政策金利(無担保コールレート?)を0.5%下げて、1%にした。

 日本も合わせて、無担保コールレートの誘導目標を0.2%下げ、0.3%にした。また、基準貸付利率を0.25下げて0.5%とした。

 いやー、やっぱり為替との兼ね合い(ドルだけ金利を安くすると、円高に拍車が掛かる)もあるし、国際的な金融緩和政策に協調もしなければならない、という事らしいです。また、予想、はずしました。

 さらに、一方で、低金利だと、国は国債の利払いが少なくて済みます。不況なら、不況で色々やり方があるのですね。だけど、日本のように資産が比較的有る国家は、本来は金利がもう少し高い方が金融資産に金利が付いて良いのでしょうが、非常時ゆえに仕方ありません。

 これは、当面、不況でデフレが続きそうですね。私は前回のデフレ・スパイラル時は、独身だったので、売り上げが下がっても平気(精神的には嫌でしたが・・)でしたが、これからは大変です。早くも、夏前より、一日当たり1万円(一月で6万!?)前後売り上げが下がっています。消費者動向は正直です。

 しかし、ローンを抱えている人で、市場金利連動型の人は、再びゼロ金利時代の低金利に近づくわけで、その点では、楽になります。あちらが、駄目なら、こちらで工面する、といった融通を利かせて頑張って参りましょう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月27日(月) 08:49    題名: 住宅ローンの話 引用

 先日、管理人氏の掲示板で、住宅ローンを早く返した方が良いのか、このまま、当初の設定通りに払って行く方が良いのか、という質問がありました。これは、けっこう迷う問題だと思いました。

 私は、田舎に親の建てた住居をキープ(ほとんど姉に乗っ取られている Laughing )しつつ、東京で安マンションを借りて生活しており、住宅ローンを抱えた事がないので(車のローンは経験有)、良い答えを出せないかもしれませんが、一応考察しました。

 一言で言うと、自分で判断するしかない、と思いました。というのは、各人によって条件が違いすぎるからです。まず、どのような金利のつくローンなのか、人によって様々です。固定金利型なのか、変動型なのか。変動型でも市場金利連動型なのか、予め漸増していくのが決まっているのか、等。

 また、社会的背景として恐慌的状況になりつつあるので、今後職業が、成り立つのか、給料が増えるのか減るのか、安定した公務員なのか、農業なのかで、同じ形態や規模のローンを抱えていても、答えが違ってくると思われます。

 恐慌に備えて、あるいは、恐慌を乗り切る為、早く返さないで、貯金しておくのも手だし、スーパーマーケットや醤油メーカーのように、不況時に逆に売り上げが伸びる会社に勤めており、ゆとりだと思えば、余裕資金が潤沢なら一部を早く返すのに回すなど、人それぞれだと思います。

 参考に、市場金利は米がさらに下げたいようなので、少なくとも日本の市場金利は当面は上がりにくいと考えられます。ただし、日本は元々低金利なので、これ以上下げる事も考えにくいと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月25日(土) 11:11    題名: 円の独歩高、しかし・・・ 引用

 米の金融危機プラス円高で、日経平均は下げ捲くりである。株式市場からも、商品市場からも、資金が引き上げていく。商品の方は不況で、消費が低下する予想からとも言われる。金融商品化して来ていたので、下げも早い。

 一方で、円が買われ、世界の通貨の中で、独歩高を演じているらしい。金融危機で直接傷を負っていない為、相対的な強さが買われるのと、円キャリートレードをしていた機関?投資家が、急速な外貨安でで利益が出ない為、円を買って返却しているらしい。
 円が強いと、日本人は買い物が安くできるメリットがあるが、一方で、日本の輸出型経済にとってはマイナスである。そして不況から数量も出ない。今後、輸出産業で壊滅的な企業業績が出てくるのではなかろうか・・・。そして日本経済全体が不況に包まれる。

 日本の株価は、前回はピークから3年掛けて7600円まで下げたが、今回はわずか1年数ヶ月でここまで来てしまった。NYダウにほぼ足並みを揃えている。思った以上に、米日の経済は連動していたのだ。日本経済が、米国の消費によって支えられていた事の証左かもしれない。まず、米のバブル部分が素早く調整された後(8000ドル8000円台)、日経では引き続き外資が引き上げるとともに、さらに実体経済の低下をも急速に折込んでいるのだ。

 今回の株式の下落で怖いのは、これだけ下げても、実際には、まだ、不況の入り口という点だろう。重複するが、まだバブル部分が調整されたに過ぎないレベルなのだろう。尤も先週は、各社の中間決算の下方修正が大分折り込まれていたのだろうが。中間決算が落ち着くと若干のリバウンドがあるのだろうが、全体として右肩下がりとなっていくのだろう。みずほを例にとると、ひょっとすると今後、上場来安値の58000円位まで下落する事もあり得るかもしれない。その場合でも、一直線に落ちるのではなく、時間を掛けて、波を打ちながらなのだろうが。


 日本がバブル崩壊後の痛手から、回復できたのは、、米の怖いくらい(米国人いわく)の好景気のバックアップがあったからこそだったようだ。今回の日経の急速な崩落ぶりから考えると、米国の金融危機イコール日本の経済危機という図式が成り立ちそうだ。円高に浮かれないで、今後の本格的な経済危機に備えなければならないようだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月17日(金) 19:11    題名: マネー イズ キング? 引用

 今朝のTVでそんな事を言っていた人がいた。デフレ環境では、そう言わざるを得ないようだ。日本の復活時の例のように、中央銀行がいくら資金供給しても、物価は伸びず、デフレ不況が起こると予想されているのだろう。

 多分、中央銀行がいくら資金注入しても、市中銀行の不足分に食われるばかりだろうし、銀行は不良債権処理が終わるまで民間企業に貸し渋るだろうから、景気は伸びにくい。資産や商品デフレで、金持ちも消費を抑え、モノは売れない。一般大衆も不景気で、消費を控える。倒産や失業が増えるだろうから、皆守りに回り、消費は伸びない。モノの供給力は過剰にあるから、需給バランスから、どちらかというとデフレになるだろう。

 伸びる通貨は新興国の通貨かもしれない。円も堅いかもしれない。日本は財政赤字と言っても、ほとんど日本人に対する借金なので、国内のカネの分布の問題であり、対外的には問題ないと言える。

 金融バブル崩壊で油もかなり安くなってきた。

 しかし、今日群馬の建設大手の井上工業が倒産するなど、国内の景況感も急速に悪化している。すでに前年比1.6倍の倒産件数になっているらしい(9月?)。北陸や東北等、地方の建設業を中心に崩壊が進んでいるようだ。これは、まだ、存命中の我々の企業も、かなりの影響を受けるだろう。失業者が増えれば、各産業での客が減少する。再び恐怖のデフレ・スパイラルの到来が予見できる状況だ。

 小生は、聖路加病院の院長先生にあやかって、小食で良く動き回って凌ごうと思っている。財テクで若干取れれば良いのだが、やってみないとわからない。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月16日(木) 20:00    題名: 調整されたNYダウ 引用

 日経平均は連日、NYダウに連動して上下動している。日本が米国の消費に依存している国だという事と、日本の株式市場での外資の資金量が5割前後と大きい為だろう。
 
 過去に前FRB議長が、ダウ8000ドル以上はバブルだと述べた事があるらしい。現在NYダウが8000ドル台で、9月下旬から約3000ドル近く下落している。バブル部分が急激に調整されたということなのだろう。今後は、実体経済の調子に左右される事になるのだろう。
 
 当面、良い結果は望めそうにない世界である。株式でも、本業でも。なんだかそれ系(○○銀行や○○ド系)では、ロングポジションの損益分岐点を軽く下回ってしまったらしく、大きいところでは不要な人材のリストラ、小さいところでは存続の危機、あるいはすでに解散してしまったところが多いらしい。非常に厳しい環境にあるらしく、実力派でないと在籍もおぼつかないらしい。

 一般企業も今後、徐々に不況の波をかぶる事になるのだろう。サバイバル時代の再来である。タクシーなども、客の減少により即収入が減少する。私の場合、田舎から通って賃貸マンション代を節約(交通費が自分持ちなので差額約5万円が浮くこととなる)せねばならなくなるかもしれない。あるいは財テクの調子に大きく依存する事になるかもしれない。

 本業が順調ならば、株で毎月コンスタントに少しだけ勝てれば、複利運用で10〜15年でけっこう伸びそうだが、こんな状況では、本業がどうなるかわからず、とりあえず横ばいならよしという感じかもしれない。中国、インド、ブラジル、(ロシア)等の新興国が日本の製品を多く買えるくらいなっていないとちょときつい時期である。中印は急成長が続くらしいが、まだまだ米国なみの購買力がなく、特にチョンボのない日本も、欧米の金融バブル崩壊の波をモロにかぶりそうな昨今である。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月13日(月) 09:05    題名: 恐ろしい今回のバブル崩壊 引用

 お気楽株式掲示板によれば(12日付けダニエル氏)、前回の日本の崩壊は「地価」バブルの崩壊であり、不良債権は150兆円だったという。しかし、今回は「金融レバレッジ」バブルの崩壊であり、規模が違うという。

 CDO(担保付負債証券:私訳の為正確さを欠きます)やCDS(信用不履行スワップ)がパンパンに膨らみ、1京5千兆円規模らしく、その1割が焦げ付いたと仮定しても、1500兆円の不良債権といいます。額が大きすぎて各国が束になっても苦しいらしいのです。

 G7やG20で、各国協調の姿勢は示されましたが、環境はよくありません。不況まっしぐらな感じかなあ。しばらく地道に凌ぐしか無さそうです。環境激変により、窮地に陥る人が多数出るでしょうが、まあ、身の振り方を早まらないで、法律やセオリーに従い生きれば良いのでしょう。弁護士が忙しくなりそうですね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月10日(金) 20:51    題名: 訂正 引用

 前回記述で、来週から株価上がりそうと書きましたが、どうも火曜も全面安になるかもしれません。というのは、三井住友銀行が中間決算予想を大幅に引き下げたり、今日のロンドン市場が金融中心に安いというニュースが出たからです。つられてNYも安いでしょうし、日本の他のメガバンクも急速に利益が縮小している模様ですから、金融中心に下げやすいと考えられます。
 いやー、どこまでいっちゃうんですかねえ。こわいです。極端ですよね。下げ方が。別に日本の銀行が悪かったわけではないのに、つられて株価も業績も下落ですから。世の中、繋がってるんですね。日本の株式市場は、外国のスタビライザーにもなってるんでしょうね。資金を引き上げたり、空売りしたり。空売りできるのは、比較的小さいヘッジファンドなんでしょうけど。
 これは、日本経済も大変な事になりそうです。けっこうある余剰資金で持ちこたえて欲しいものです。そして我々の仕事が成り立ちますように。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年10月10日(金) 10:49    題名: 激しかった今週 引用

 ヨーロッパの金融危機や自動車メーカーの工場休止などのニュースが口火になり、ダウ、日経とも暴落しました。とりあえず、来週あたりから若干持ち直しますかね。米政府が実際に公的資金を投入するにつれて・・・。
 
 私も、まさか急落すると思っていなかったので、かなりやられてしまいました。デイトレに徹せず、オーバーナイトしてしまったのが裏目に。自分の使っている証券会社の解析ソフトの新しい使い方が分かって、そのパラメーターで安値が示されていたので、つい買いでホールドしてしまい・・。それが裏目になりましたが、悩む間に、安全な人生の送れる、新しいポートフォリオを考えた(証券、銀行完全分離、貯金は本業で銀行にする、証券は、資金が無くならない限りトレード)ので、引き続きトレードしようと思っています。

 株は危険です。生兵法は怪我のもとです。しかし、チャンスがあるのは確かです。

 ここ8日で国内で20兆円以上の株価下落があるらしく、逆資産効果による景気への悪影響が懸念されています。
 
 不動産バブル崩壊、金融危機、原油高から、自動車の売れ行きが激減しているらしく、外需は当面やばそうです。また、内需も不動産安・株安といった逆資産効果により、あまり期待できそうもありません。体力や余剰資金の少ない中小企業は、大変でしょう。好景気に浮かれないで堅く、こじんまりと経営してきたところの方がこれからは強いかもしれません。

 株価は午前、オプションSQが終了で後場は上げてくかも・・。2〜3週は少し戻すかもしれないと思っています。あくまでも私見ですが。

 まあ、しばらく必要最低限の生活で辛抱すれば、また持ち直すでしょう。しかし、先日ちらりとラジオで聞いたのですが、現在の日本の労働者は、33%が非正規らしく、彼ら彼女ら(多分女性が多い)が雇用調整で失職するとやばいですねえ。まあ、なんとか凌いで欲しいものです。若い独身女性だったら、結婚に逃げ込んだりして、逆に人口増加に寄与して欲しいものです。まあ、なんらかの受け皿は若干はあるでしょう。

 あとノーベル章ですが、あれじゃないですか、日本から投資して欲しいから、おだててユーロへ注目させてるんじゃないですか。いや、よくわかりませんが・・。モルスタへの投資は早くも失敗ではないか、という声をお気楽掲示板で見ました。モルスタは投資銀行から通常の商業銀行に鞍替えするようで、そんなところに出資してもねえ。ユーロは二匹目のドジョウを狙ってるのかもしれません。しかし、他国のまじめな銀行が困っているなら、若干手助けするのも、国際社会の中では、金とは関係なしに有意義かもしれませんね。たとえ資金が回収できなかったとしても、その好意は後々まで日本の役に立つかもしれませんね。

 あと、国富2000兆円らしいですね。国会発表では。ここ8日で20兆減ってんですから、とんでもない一週間でした。

15:25後記
  日経先物、債券先物でサーキット・ブレーカーが効いてしまったようです。SQ通過出来なかったのでしょうか。後場も横ばい。来週からは、いくらなんでも、少しは戻すんじゃないでしょうか?
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月30日(火) 22:08    題名: 米下院 公的資金投入法案否決 引用

 まったく、毎回あっと驚くようなニュースばかりです。法案否決で昨日のNYダウは−777ドル。テロ時の下落を上回ったらしいです。下院での否決から、米国も一枚板の国家ではない事がわかります。結局、米国も金融・不動産関係の国民ばかりでは無いので、他産業に従事している人々から見れば、なんで他人のチョンボ(しかも貪欲な詐欺的行為の穴埋め)で税金を取られなければいけないんだ、という不満があると考えられ、その代弁だったのでしょう。
 
 一応否決されたものの、結局はやらざるを得ないんじゃないかと考えております。可決しても、金融機関は、公的資金返済まで、リストラや、貸し渋りとかするのでしょうから、実体経済は、しばらく落ちていくのでしょう。ここ数年は、米やユーロは冷え込み、釣られて日本も冷え込むのでしょうね。

 ただ、やっぱりインフレどころかデフレに向かっていますね。不動産価格はもちろん、株や商品も落ちています。しばらく不景気になるのでしょうが、円の価値は相対的に上がるわけです。ドルは若干下落しても、なんとか、ある程度の価値を維持して欲しいものです。これだけ株価が下がっても、まだ1ドル105円の価値を維持しています。じわじわとドル安傾向になりますかね。今のところ、瞬間的にドル安になっても、また戻っている感じですので、本当に破綻しないと極端なドル安にはならないと思っています。

 株価は、今後どうなるんでしょうね。ダウ7000〜8000ドル、日経も8000円まで下がるんでしょうか。私は短期取引しかしないつもりなんで、特に平均値は関係ないのですが、結局、株安イコール不況という事で、本業に悪影響があるのであまり安くならない事を祈ります。NYダウの長期チャートをチャート広場というサイトで見ると8000ドル近辺まで下げて、一旦リバウンドしさらに下げていくといった三尊天井みたいな最悪のイメージも湧きましたが、そうならない事を祈ります。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月19日(金) 09:47    題名: いや、やっぱどうなるかわからない 引用

 とりあえず、寄り付き近辺で昨日買った証券株を処分。少しだけ利食えた。みずほの日足チャートなどを見ると、やっぱどうなるかわかりません。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月19日(金) 01:06    題名: 米国は来週から空売り規制ですか 引用

 確かそんな感じだったと思う。今週は株式市場はボロボロだったが、来週から10月初旬に掛けて若干持ち直すかもしれない。小生も再びデイトレを開始、今日は午前メガバンクで少しいただき、次についストップ安の例の証券株を現物買いしてしまった。大引けにかけて、売りが嵩んできたので明日リバウンドしないかもしれないので、ちょっとドジッたかもしれない。しかし、10月初旬までには、若干のリバウンドが期待できるので明日上がらなかったら、しばしホールドしようと思っている。
 
 米の金融不安から金が高いらしいが、私の場合、株がやりたいので、特に買おうとは思っていない。いやー、しかし、不況でもしぶとい東一株などは、安値で拾っとくと、やっぱ数年して経済が安定してきたら、かなり伸びるんでしょうねえ。私は小波でけっこうです。デイトレはマイクロ波ですかね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月17日(水) 23:22    題名: 今後の予測 引用

 米国の金融機関や保険会社の危機が訪れているが、今後の経済社会はどうなるのだろうか。
 
 小生は、日本の前例から、デフレ・スパイラルの再来を予想する。すでに、原油価格の下落はピークから40%近くとなっており(147?→90ドル台)、その兆しがある。よく、経済が破綻すると、ハイパーインフレとなる、と指摘されるが、小生はそう思わない。確かに米ドルは、目先ドル安に、ある程度は進むのだろうが、米はその政治力等により、ドルの信用を持ち堪えると思う。なにしろ世界中で流通している為、世界的に、そう下落させられないと思う。

 通貨供給量が潤沢で、かつ物資の生産能力が落ちていない現在では、物の価格は、やはり需要と供給のバランスにより決定されると考える。したがって、大恐慌的ではあるものの、極端な物価の上昇は無いと考えている。むしろ物価は、今がピークで、これから徐々にデフレ・スパイラルに襲われると予測する。原油はもちろん、株、不動産、その他全般で物価が下がると思う。ただし、原油は下がっても、新興国の実需に支えられ、以前程は安くはならないと思われる。セルラーゼによるバイオエタノール生産や、炭酸ガスからアルコールを合成する新技術等が確立しなければ、極端な安値にはならないと思う。
 
 我々は既に一度バブル崩壊を経験し、生き延びて来れたのだが、今回は、日本の構造改革も進んでいるし、厳しい財政状態にさしたる改善がなかったし、米の金融機関の赤字が超弩級である為、以前より厳しい事態に陥る人も多いかもしれない。私などもその口だろう。我々のタクシー業界も規制緩和で台数が増え、一方で特殊法人、ゼネコン、国家公務員、メガバンク、証券会社、メーカー等、全産業的に交通費削減の動きが定着しており、かつ不況でさらに減る事が予想される為、かなりきつい事態が想像される。まあ、凌ぐしかないですね。とにかく。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月09日(火) 08:21    題名: 心配なこれから 引用

 小生が東京でタクシー運転手始めてから早11年、12年目に突入した。所謂東京四社の一角(1〜2位)に勤務している。その為、バブル崩壊後の特殊法人、メガバンク、ゼネコン、保険会社、国内および外資証券、メーカー等いろいろな企業体の変遷を観察できた。

 思うに、今後の不況は、一般国民にダイレクトに効いてくるのではないかと・・・。というのは、バブル崩壊直後〜10数年は、構造改革の端緒で、まだまだ、過去の習慣による恩恵に、各界が預かれる状況だったからだ。また、構造改革の一方で、実感は無かったものの好景気という追い風を受けていた。

 現在はある程度の構造改革が進み、無駄な(いや本当は必要な)資金の流れが断たれた状況である。私は某金融特殊法人の豪奢なクラブ(cf.トヨタは超地味)で繰り広げられていた、中央と地方の華麗かつ非常に秩序だった交流を覚えている。(その仕事は最近は価格競争で個タクにとられたし、多分ほとんど行われていないだろう)。

 話はそれたが、過去はそのように、中央から地方へ、秩序立った富の再分配が行われていたという事である。中央も地方のリーダーも大真面目である。基本的には決して不真面目ではなかったという事である。
 
 地方のリーダーは、例えばゼネコンなら地方本社のみならず、地域の下請け業者への仕事の確保に、重大な責務を負っていたはずだ。仕事が得られれば、利益は建設業に留まらない。地域の建設従事者がその収入を地域で消費し、地域全域にその恩恵が及ぶのである。
 
 ゼネコンを媒体として全産業が恩恵を受けられた。そういった利点を断ったのが、構造改革であった。もちろん、国に金が無いから行われたのであるが、このような優れた富の再分配手法までも、悪行のように語る嘘がまかり通っているのが現代だと思われる。

9/16 ところで、なぜこのような一方的な意見が、まことしやかに語られるのだろうか。それは多分、与党の人間が語る時には、構造改革をすんなり通す為の詭弁であったと思われる。また野党の人間が現在語る場合は、与党から野党へ政権を奪取したいが為すなわち目先の勝負に勝ちたいが為の詭弁と考えられる。

 このように政治家でさえ、勝つためには詭弁を言うのが、人間の実状という事らしい。今後、選挙でただ単に選挙で勝ちたいが為に詭弁を言う野党の人間に踊らされ、与党の実績を忘れ、あらぬ政治家に票を投じる風見鶏的人々が続出する事が懸念される。実績のない野党に票が集まり、この難しい日本経済の舵取りがうまくできるのか、心配な小生である。すべき目標は、かなり洗い出され明確になっている現在、大事を取って、プロの与党に任せたいと考えている。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月07日(日) 08:01    題名: 心配な最近 引用

 どうも、お盆明けから、東京も雰囲気がガラリと変わり、不況入りした感があります。当面ヤバイ感じです。サブ問題による米国金融機関の危機が収束しない限り、東京株式市場からも資金が回収され続けるのでしょう。

 また、資源高、大競争で利益の出にくい世界的背景もあります。さらに、日本は超高齢化社会に突入しており、その点でも赤字体質化しており、大変な状況です。トドメに大借金まで持っているし、その為、金利が上げられず、折角の金融資産に利子が付きません。例えば国民1500兆円の金融資産にあと1%金利が付けば15兆円分の消費が期待できたはずでした。そういった不利もあり、まずい状況が続きそうです。貪欲な国民性といった自業自得の面もありそうですが・・・。
 
 日本は明るい未来の為には、ハイテク製品、建設テクノロジーのみならず、文化や観光、さらには農産物も輸出すべきかもしれません。中国の成金や、ユーロでの日本野菜の人気が高まっている模様です。あと国内の食料自給率が高まれば、外国への富の流出にも、歯止めがかかるのでしょう。各界の人達に頑張ってもらいたいものです。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年9月05日(金) 08:36    題名: 株価 引用

 うちの営業所の株親父が言うには、景気は1年半位×、日経は半年は×、とコメントした。今日は下落が大きそうだ。デイトレしたいが、仕事の準備が・・・。(お茶を凍らせたりしたいので・・・・)
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年8月27日(水) 06:30    題名: ヤバイ、日本経済沈没? 引用

 従来、日本は資源を安く仕入れて加工し、付加価値を付けて儲けてきたが、資源高かつ製品の価格の下落や価格転嫁の難しさにより、利益が出にくくなってきたらしい。(NHKクローズアップ現代より)。
 どうも2002年位から、貿易をすればするほど、外国に金が逃げてしまってきたらしい(交易損失28.1兆)。こいつはやばい。今後の日本は21世紀をうまく泳げるのかいな?新たに観光とか、オタク文化の輸出、金融関係等に頑張ってもらわないといかんかもしれません。
 個人レベルでは、自助努力で、財テクしたり、家庭菜園したりする道が考えられます。財テクは、独特の感や、トレンドの読み、嘘に嵌らない経験がないと難しいので万人向けではないかもしれないけど、楽しいですよ。私は老後はエブデイ本格デイトレしたいと考え、資金を準備中ですが、その前に、日本経済や仕事は大丈夫かねー。交流掲示板の方では、脳天気なこと言っちゃいましたが、心配ですなー。まあ、とりあえず気長に頑張りましょー、皆様。
 資源高、メガ・コンペティション、サブプライム不況を乗り越えて頑張れ!ジャパン。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月28日(月) 21:31    題名: ○○指数と○○レシオ 引用

 日経平均の現状を占う全体的指標として、表題(ヒミツ)の二つの指標が有効な感じだ。前者はボラティリティーの指標、後者はヒミツ(前に言った事あり)。東証一部辺りの大企業で、含み資産も多く、業績もまあまあ以上なら、上記二つの指標で割安時に仕込み、ロングで待てば大体いけるかと思う。小生は、しばらくデイトレに傾倒したり、中小粉飾に乗せられたりして実行できなかったが、これからは小額資金で延々と、やろうと思っている。小額資金を現物で、場合によっては世代を超えて延々と回すのが、一般個人投資家の安全で賢い投資法かもしれない。
 デイトレ等も射幸心をそそられるが、結局リスクのあるものは一時期儲かっても、また別の時に負けることも多いので、あまり入れ込まないのが良いようだ。ロングでもシードマネーが大きいと、勝った時利益が大きいが、負けた時の痛手が大きいので、リスクバランスとして良くない。結局、小額資金を延々と回すのが、リスクもなく、良いと思い始めている。うまく行き、長期間後、資金が膨らんだら、シードマネー分を分離すれば理屈では残りは全部すっても良いが、再度堅く分散投資でもしていくと良いのだろう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月21日(月) 19:17    題名: 米国版アングロサクソン型経済の限界 引用

 現在、米国はサブプライム問題の泥沼化により、その収拾に追いまくられている。サブ問題は単に、住宅バブルが崩壊しただけでなく、サブプライムローンの債権を証券化し、高度運用、広範囲に販売したところに問題があったのだろう。米国の高度な金融テクノロジーが裏目に出た格好だ。債券をファンド化するに当たってリスクヘッジが出来ていないといった基本的なミスも指摘されている。
 今回は、そのようなテクニカルなミスは、さておき、このような、大問題に発展してしまった米国経済の基本的特性に言及したい。

 ひとつには、雇用の不安定さが根本的問題として挙げられると思う。アングロサクソン型経済では、景気の良い時は、それに合わせて給料も多く支払われるのだろうが、一旦不景気になると、平気でレイオフが行われる。日本の終身雇用では、景気が良くて儲かっても、従業員のサラリーが一定で、儲けは企業内に内部保留され、不況時に備える、といった手法が取られていたと思う。
 雇用が不安定だと、長期的計画が立てづらく、労働者はどうしても目先の利益を重視するようになりやすい。なにしろ、いつ首になるかわからないので、どうしても目先の利益に走ってしまうのだろう。サブ問題も発生前から、識者に崩壊リスクを指摘されていた。それが防げなかったのは、米国知的労働者が、目先の利益を追わざるを得ない経済構造に住む為だったのかもしれない。  

 また、ひとつには、経済のマネーゲーム化があるかもしれない。ゲームでは相手を騙してでも勝てば良いのであり、目先粉飾してでも、金を出資させれば、目先成功となる。規模が小さければ、その後、問題が露見しても責任をうやむやにし、トンズラか知らんふりである。ただし、今回のように問題が巨大化すれば、当事者自身にも大規模な損失が発生し、自身の破滅が連発してくる。自業自得の面がある。これは、西欧本来のモラルを、自由という名の下に、ないがしろにした罰かもしれない。米国型経済では、生来的に人間の持つ貪欲さが、開放されているが、適度なところで抑えるモラルが働かない適当なところがある。

 米国経済の特徴として、大リーグのスター選手や、企業幹部の法外な収入があると思う。尤も、野球チームもスター選手に大金を払うのを前提として経営計画を立てていて、黒字運営しているのだろうし、企業幹部もそれなりの働きがあるのかもそれない。しかし、日本から見ると、極端であり、法外な金額だと思わざるを得ない。そうなってしまう下地として、けっこう精神的な働きがあると思う。激しい自由競争、雇用の不安定さ等の厳しい条件が、米国人を実体から離れた夢見がちな国民性に仕立て上げるのかもしれない。厳しい環境では、夢もヒステリックに大きく広がるのかもしれない。あるいは、米国人の夢は、実体経済の縛りからも自由であり、大きく世界を羽ばたくのだろう。しかし、実体を無視した過剰な夢(思惑)は、見方を変えると詐欺的でもある。金を出せばいくらでも買える商品がなぜ、そこまで値上がりするのだろうか。売り切れる位、供給が逼迫するなら数倍になるのも分かる。実態を無視した、ヒステリックな思惑、ハッタリが特徴のひとつと言えるだろう。

 米国経済は自由である一方で、競争も激しいのが特徴かもしれない。サブプライム・ローンやそれに関連した金融商品をどこかが開発したら、他金融機関も追随しないと、市場シェアを奪われ衰退しかねない。そのような激しい同業者間の競争も、問題を拡大させた背景だろう。

 貪欲さ、競争が激しく雇用の不安定な社会的背景、夢見がちな思惑社会、知略に長けた割りには、大失敗をやらかすオマヌケさ、そのような特徴が感じられた。
 米国政府も、今後は極端な投機性を帯びた金融商品に規制を掛ける模様だ。アラが目立つ経済だが、時間が掛かっても、彼らは再び復活するだろう。自国だけで解決できなければ、外資を利用してでも手を打つだろう。しかし、その間、日本も引きずられて不況入りするかもしれない。

 目先、このような最低な状況であるし、日本の中小企業の適当さにも失望し、私は株への興味が大分失われた。本業を頑張った方が有益そうである。ただし、狙いを付けている東一銘柄が極端な割安になったら、小額で参戦するかもしれない。デイトレは休日か、老後にやろうと思う。なんだか、ずいぶん時間を掛けた割りに利益が出なかったが、代わりに知識や情報は得た。人間の愚かな面や弱さも知った。藁をも掴む思いで粉飾した企業人より、損したとはいえ、金を出せたこちらの方がまだ、立場は安定している。そして、現在の自分がいかに恵まれていたか、再確認できた。私の資金の中には、親の金、外資系証券の金、特殊法人からの金、ゼネコンからの金、税金等、いろいろな金が混ざっている。かなり放出してしまったが、まだけっこう残っており、また放出した金も仕事で再回収可能と思われる。なんだか米国がとんでもない事になっており、日本も悪影響が免れないだろうが、とりあえず、一緒に歩もうと考えている。オイル価格が下がりつつあるのが唯一の救いである。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月15日(火) 09:41    題名: ホラーのようなサブ問題 引用

 米版住専の2社が、かなりひどい焦げ付きを生じている模様である。小生は情報不足であまり知らなかったが、大きく見積もると、なんと700兆クラスらしい(日本は100兆だったらしい)。
 米財務長官やFRB議長が、バックアップを声明したので昨日の日経、NYともに下落は小さかったが、規模が大きすぎて焼け石に水的な意見も多い。当面NYダウは調整され続けるのかもしれない。一旦沈静化するに見えた問題が、またさらに悪化して表面化してくるとは、表題のようである(TBSラジオニュース引用)。
 これで株式市場は、当面、下落か、底値を這う状態になるかもしれない。
 小生は、株式市場への過剰な傾倒が、最近の負けで是正され、ロングは安定大企業へ小額投資、デイトレは余力の1.5倍程度で短期返済といったスタイルに落ち着きそうである。これなら、ロング部分で半分になっても気楽だし(そうならない大企業に投資するが)、デイトレは一回の負けなど、たかが知れているので、安心だ。結局、相場も人生も、自由である一方でセルフ・コントロール力が問われるのだろう。
 金持ちの人でも、株式は不安定なので、資金のせいぜい1/3〜1/5で十分なのではなかろうか。ただし、安い時に仕込み、高い時に売るという作業は年2回は必要だと思う。個人投資家は小額資金を現物ロングで10〜20年じっくりと回すというスタイルが王道かもしれない。一方で1.5倍程度の比較的大きな資金をデイトレで仕掛ける(信用、すぐ返済)のも楽しい。絶対儲けるというスタイルでなく、リスクを低減して趣味程度にやるのが、楽しみながら株と長く付き合うポイントかもしれない。
 サブ問題の深刻さが再確認されつつある現在だが、一方で日本の金融機関はけっこう安定していると思われる。従って東一全体パラメーター(ヒミツ)が下限レベルになったら、買いを入れようと思っている。日本の中心的金融銘柄の一株純資産を独自に計算したところ、150というとんでもない数字が出た(低利を利用した荒稼ぎっぷりが目立つ?)。逆に某自動車メーカーは資産的には2倍バブッているようだ。某コンビニもしかり。投資する人は既成のパラメータを盲信するのではなく、自分で四季報などを見て、計算する必要があると思う。
 外部環境が逆風なので、現物ロング派は、個別に、それなりの調査をして掛からないと危なそうだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月12日(土) 23:34    題名: インフレは国家に切望されたもの? 引用

 最近、行き過ぎた原油高によるインフレの悪影響が目立ち、問題視されつつあるが、よく考えてみると、赤字国家日本にとって、インフレは借金を返す(国債の償還、約9割は国内向け)のに好都合の為、以前から切望されていた。
 従って国家的には、現在の原油高のもたらすインフレ(スタグフレーションに成りかかっているが・・)は、むしろ好都合なのだろう。インフレでは、まず物価が上がり、次に給料が追従して上がるのにタイムラグがある為、庶民の生活が逼迫しやすいのだろうが、国家が破産するよりは良いと言える。
 どうやら原油高は、単に米地場産業へのサービスだけでなく、米(の通貨)への産油国の求心力の維持、日本の財政政策への協力、地球温暖化の抑制と新興国の急成長の抑制策など、複合的な戦略である可能性がある。もっとも、単に相場が上昇しただけという可能性もある。いずれにしろ、結果的に、米日はとりあえず破綻せず、うまく回っているのが実態のようだ。ただし、これだけの原油高になると、各方面で、かなりの問題が発生して、死活問題になっている業者も多いようだ。漁業や煮干製造業者、ハウス農家等、燃料に原油を大量に使う業者が特に酷いようで心苦しい。
 別の角度から見ると、多分彼らも激しい国際競争の波にさらされ始めたのだろう。スーパーなどの買い取り業者が値上げを容認できれば、ある程度解決できるのだろうが、買い叩かれて厳しい状況が想像される。流通の発達した現代では、スーパーは必要な物資を海外からも調達できる為、日本の業者は苦しい。
 原油高は、日本の財政や地球温暖化問題にとっては、むしろ好都合である。一方で日本の末端の業者にとっては死活問題となっている。原油価格は上がりすぎの為、後者にとっては、適度な価格の下落が望ましい。
 米次期大統領選のテーマとして、行き過ぎた原油価格の是正がポイントとなっているようなので、早く事が実現して欲しい。それを見越して、中東やロシアが挙って(こぞって)増産を予定し始めた。表向きは供給逼迫の緩和を謳(うた)っているが、実際には価格の高いうちに多く売りたいのだろう。どちらでも良いが、末端の業者が困らない程度の原油安が、早く実現して欲しいものだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月11日(金) 00:20    題名: 大相場到来の予感 引用

 目先調整されつつある日経だが、サブ問題の収束と、原油価格の安定化(希望的観測、110ドル位に下がる?)から、来年に掛けて大相場が訪れるかもしれない。日本の金融機関は、前年度でさえほとんど黒字であるし、原油価格が落ち着けば、スタグフレーションも緩和されるだろう。
 今後、春に付けた底値近辺では、できの良い東一企業なら買いだろう。実のところ、新興も買い(新興は今?東マ・レシオ良好)だと思うが、新興は難しい面が多く、小生もここ一ヶ月で大きくやられたので、あまりお勧め出来ない。
 個人的にも人生は相補的のようで、株から少し離れたら、本業の成績も伸び、長いスパンでは損ではなくなりそうである。もちろん、株をやめるつもりは無いが、本業にあまり悪影響がないような相場との関わり方を得たような気がする(東一小額ロンポジ等)。本業も本気になると、けっこう楽しく、株で負けて良かったようだ。株にばかり熱中して、嫁や会社に迷惑を掛けていたようだ。
 株選びのポイントだが、業績、PER,PBRといったパラメーターの他に、自作のパラメーターと全体パラメーター、実際の株価等を参考にしようと思っている。
 株も良いのだが、やはり若い時は、外で仲間や他人と協力したり、競争したり、いがみあったりするのが楽しい。目先スタグフレーション的環境だけれども、お互い頑張りましょう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年7月11日(金) 00:19    題名: 大相場当来の予感 引用

 目先調整されつつある日経だが、サブ問題の収束と、原油価格の安定化(希望的観測、110ドル位に下がる?)から、来年に掛けて大相場が訪れるかもしれない。日本の金融機関は、前年度でさえほとんど黒字であるし、原油価格が落ち着けば、スタグフレーションも緩和されるだろう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月27日(金) 21:15    題名: 原油価格その他 引用

 中東の増産が発表されたのにも関わらず、140ドル越えの原油。ただし、私は大して心配していない。目先、価格上昇を狙う勢力が相場で強かったに過ぎないと考えている。中東は今後、徐々に増産する予定らしいし、新大統領の選挙戦での目玉は、原油価格の安定(下落)となってきているので、中長期的には、若干の改善が望めるからだ。現在の体制化で、動き易い勢力が、最期の大暴れをしているに過ぎないと考えている。
 新大統領に代わったら、選挙公約通り、過度の原油高を抑えるよう動き始めるだろうから、売り手側は値段の高いうちに多く売りたいだろう。中東の増産は、表向き、供給の緩和から原油価格の下落に貢献したいという事だが、一方で値段の高いうちに沢山売りさばきたいという意図も感じられる。

 また、日興シティのテクニカル分析(過去の価格の動き、チャートから将来を予測する手法)によると、112ドルくらいまで下落してもおかしくない局面にあるらしい。
 
 原油高は全世界的に非常に影響が大きく、各国の産業構造の変化を急速に後押ししているようである。日本では、漁業や農業といった1次産業が存続の危機に曝され始めている。勢い、2次3次産業従事者が増えるだろう。
 日本は更なる先進工業国化およびサービス・観光・文化立国化といった新たな国の変化の段階に入って来たといえるだろう。また、世界的にも、国際分業化が進み、1次産品の強い国、2次3次産品の強い国の新たな組みなおしが加速されそうだ。

 株価に関しても、大して心配していない。サブ問題もいずれ収束するだろうし、商品に向かっている資金も、徐々に株式市場に戻るだろう。結局、株は業績であり、売られ過ぎれば戻るのは、最近の株価の上昇(日経)から実証済みである。今後の動きは、調整も終わり上昇に向かってもおかしくないし、前半の区切りの9月まで下げてもおかしくないとも思われる。小生は、持ち株は数年がかりのロング、信用枠でデイトレという方針のため、どうでもいい。信用取引は、売りからも入れる為、上がっても下がってもどちらでも良いのだ。また、持ち株の株価も日経平均やジャスダック平均に多少左右されるが、結局個別の業績次第なので、期待して待っているところである。

 相場は目先は売り買いの勝負である為、ニュースから考えられる方向から逆に動く事もある。政治的背景も見逃せない。また、信用取引では、現物取引よりも、制約も多く(期限や証拠金など)、それを利用して敵を振るい落とそうとするケースも多い。ただし、現物所有者は目先の荒れは無視し、長期的視点から株価を予想する事が可能だ。10年20年保有できるなら、株価の下落分も配当でかなり補えるし、長いスパンでは強い企業なら、株価そのものも大きく上昇する局面があるだろう。

 人にとって、結局、自己の目標を追える環境こそが、幸福であり、結果は二の次ということだと思う。たとえ1度失敗しても、復活するチャンスはある。致命的なミスさえ犯さなければ、実際にはチャンスは多い。ただし、現代人は競争や労働の過酷さや、人間疎外、過度のインフレ、時間の無さなどから希望を見失っている人も多いようだ。粘り強く、研究や試行錯誤しなくては、なかなか目標達成は難しいかもしれない。場合によっては20〜30年かかる問題もあると思う。目先、不可能そうに見える目標は、とりあえず気長に取り組むか、とりあえず保留にして、機会があれば解決させるような、長期的視点も大事だろう。
 ただし、原油高は個人や法人の努力では追いつかないレベルまで来ており、強力な政治力が価格抑制に必要な段階に来ていると考えられる。さもなくば、生き残りだけで、原油高の続く新世界で、人間社会を再構成せよという運命なのだろうか?個人的には、米国の新しく正しい政治力が、世界の安定化に強力に働く局面を期待している。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月22日(日) 23:32    題名: 消費税アップのシナリオ 引用

 原油高、株安の不景気のまま、消費税アップが行われると非常にまずそうだ。政府もそんな事は十分承知だろう。
 ただ、最近、原油高が若干収束しそうな気配が出てきた。まず、東シナ海でのガス田開発で日中の協力体制ができつつあるようだ。将来的にエネルギー供給が見込まれ、間接的に原油高を抑える効果があると思う。
 また、米国は北朝鮮のテロ支援国家指定を解除する姿勢を出してきた。これが実現すると、日北も正式に国交する下地ができる。それにより、ロシア天然ガスをパイプラインで日本に送るサハリン況弉茲亮存修現実味を帯びてきた。ただし、ツンドラ永久凍土を壊す危険があるなら、露は敢えてこの計画を没にした方が国際社会の受けは良いだろう。パイプラインでなく、陸上海上輸送でも、資源があるに、こしたことはない。
 加えて、現在のオイル価格だと、従来無視されてきた、オイルサンドやオイルシェルといった、砂や岩石にオイルが浸み込んだモノも、採算的に利用可能になってくるらしい。それらの埋蔵量はなんと現世界の使用量の130年分あるらしい。その他石炭もあるだろうから、実際には地球上には相当なエネルギーが存在していたのだ。
 そんなにあるなら、こんなに高くオイルを買わされるのは、イカサマ臭い。石油会社や中東産油国も昔のように安売り増産体制では、利益がでないので、過剰な設備投資や増産を抑えていたところに、商品市場の加熱があり、瓢箪から駒的面もあったのだろうが・・・。米国石油会社は昔、OPECの増産により倒産の危機まで追い詰められた経験があるため、昔のように安易に精製施設を増設しないらしい。
 原油高の主因として、実需から乖離した、原油の金融商品化が言われる。他のエネルギーの開発や中東の増産により、若干の価格の戻しがあるかもしれない。また、サブプライム問題の収束が今後さらに進めば、資金が、商品市場から株や債券に戻り、商品市場の過熱も収まるだろう。できれば、米国の商品市場の監視委員会が、現在の原油価格の理不尽さを指摘できるくらい正常に機能するのが望ましいが、米国の政治的問題(現大統領の利権や中東からのドル求心力の維持等)により、動きにくいのだろう。ただし、今後大統領が交代する事により、若干の可能性はある。
 
 これらの諸々の背景により、原油価格が若干下落し、またサブ問題が収束し日米の金融機関が復活し、経済が安定化してからでないと、消費税アップは非常にきついと思われる。果たして今後、原油価格下落やサブ問題収束の神風は吹くのだろうか。確率は高いと思うが。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月18日(水) 23:48    題名: 試練の時 恐怖の消費税アップ 引用

 現在、原油高によるインフレやサブ問題から、かなりきつい世の中であるが、さらに消費税問題が再浮上してきた。高齢化による経費増大を消費税アップによりペイしないと、もはや国の財政が回らないと言われ、消費税アップが不可避と言われる。しかし、実際に導入されると、経済活動に激しいショックが起きそうだ。ただでさえ、きつい世情なのに、まるで、弱った経済にトドメを刺すような事柄である。
 原油高は、中東の増産や天然ガスや代替燃料の出現により、ある程度緩和されると思う。サブ問題も暫くすれば、金融機関もさすがに徐々に安定してくるだろう。消費税アップもきつい事だが、国民の老後の安定と国の財政の健全化の為にはやむを得ない。ここ暫く、我々はきつい人生を送らねばならない。また、仲間で破滅する人も出てくるだろうが、冷静でいなければならない。
 私の職場でも最近、金を追うあまり、事故を起こし免許証の点数を失って無線室に移ったり、近そうな客を乗車拒否し、通報され、クビになる人などが目立ち、寂しい面があるが、やむを得ないと思っている。
 原油高でイカ釣り漁船などは利益が出にくくなっているらしい。ほぼ全産業できつい事態となっていると思われる。時代の変化でやむを得ない部分もある。危機に直面したら、とりあえず、あの手この手で回避せねばならない。粘るしかないですな。小生も一般客の激減を、新しく専用で出来た乗り場のお客で補填したりして、乗り切ろうと思っている。
 漁業もきつい。農業もきつく、また企業が進出しても今のところ、全体の1割しか利益が出ていないという。この厳しい状況は、日本の地方を崩壊させ、都市に集中するのを後押ししそうに思われる。また、産業的にも、1次産業を衰退させ、2次3次へのシフトをさらに促進しそうに思われる。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月17日(火) 11:12    題名: 買い圧力の強さ 引用

 どうも、日経の買い圧力が強く、デイトレがうまく行かない。通常上がり過ぎれば、売られ、そこに売りで便乗しやすいのだが、変に買い圧力がしぶとく、売りで勝ちにくい相場になっている。しばらく、株主総会近辺まで強い相場が続くかもしれない。
 日本の中心的銘柄みずほも、証券のリストラが済み?(ほとんど倒産レベルだった。単独企業だったら完全に廃業だろう)今年は身軽だ。パラメーターも比較的割安である。ただ、けっこう下方修正を頻繁に行う企業ゆえ、注意も必要だ。米国は適当にやってくれ的に構えている。多分世界には、余剰資金が溢れているだろうから、資本不足になれば、即座に資金注入が行われるだろうから、さして心配していない。中国や中東、その他にはまだ、行き場のない資金が大分あると思われる。要するに、資本のウエートが○○系から、中華、中東系に一部変化する程度の話と思う。さすがの○○系も大規模なチョンボでは外資に頼るしかないだろう。今後、この調子で新興国の国際経済、国際社会におけるウエートが大きくなるのかもしれない。

お詫び:6/5付けでヘラクレスの某社買いと書いたのですが、その後さらに下落、あの時点で買った人、ごめんなさい。やはり新興市場は難しい。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月11日(水) 19:55    題名: 原油高を改めて検証 引用

 原油高の原因は、複数あり、その価格形成は極めて複雑らしい。日経ネットへの双実研究所副所長の投稿によると、供給曲線、需要曲線がS字を描き、交点(価格)が複数存在するという。資源の有限さや政治的思惑、産油国の供給の制限など、話が複雑だ。
 私なりに、ポイントを列記してみると、次のようになる。
ー村予想
 中国やインド等の発展途上国の需要が、その成長に合わせて伸びるだろうとの予想から商品市場で買われやすい。
⊂ι併埔譴悗硫畩蠅併餠睥入
 現在は2003年に比して、実に20倍もの資金が商品市場に流入しているらしい。サブプライム問題から、株、債券価格が下落し、行き場を失った投資資金が商品市場に流入しているらしい。原油、キンはかっこうの投資(投機?)対象になっている。しかも資金の受け皿としては、器が小さいらしく高騰しやすいという。株や債券に比べ、種類があまりにも少なく、上がり易いのはやむを得ないかもしれない。
J胴颪離疋詼姫匣としての原油高の誘導
ぞη筺
とりあえず世界の基軸通貨を演じてきたドルであるが、最近ユーロという強敵が出現し、その地位が脅かされつつある。ユーロの強さはその経済規模に裏打ちされている。ウイキペディアによると、米日の合計とほぼ互角らしい(’06)。
 従来、中東の通貨は、ドル連動(ドルペッグ)だったらしいが、米の金利の低さに合わせて金利を低くしないとならない為、インフレ抑制力を失ってしまい、ちょっとドルだけに連動というのを変えたくなっているらしい。近い将来、中東地域で共通新通貨をつくり、しかも通貨バスケット制で(ヨクワカラン)、ドル一辺倒の体制を改めようとしている。
 その際、ユーロペッグにされては、為替でドルが下落し、米国は世界的繁栄を維持できなくなる。そんな通貨的背景の中で、中東の求心力を維持する施策として、米WTIで原油高が演じられているのではないか、というのが私のひとつの持論である。
 現在の原油価格は米国のWTI(ウエストテキサス産原油先物)が価格決定力がある。従来の世界での経済力、技術的先進性、軍事力等を背景とした米国の国際的政治力の象徴だろう。その優位さを利用し、市場に原油高を演じさせ、米国すなわちドルへの求心力を維持する事が行われている可能性がある。いや、これは偶然かもしれないが、少なくとも現在、中東は米国に対して、価格を吊り上げてくれて有難うという感謝の気持ちで一杯だろう。いや、まてよ、中東での利権は英米欧の各社も持っていたっけ・・・ということは、自作自演の面もある・・・。いずれにせよ、あと数十年で無くなると言われる原油を、産油国はできるだけ高く売りたいに決まっている。特に中東は、今のうちに、石油枯渇後の、新経済・新産業興隆の為の資本金を貯えなければ後がないのである。米国は、自国や英・欧の石油資本を儲けさせる一方で、中東をも儲けさせているわけだ。通りで、原油高が延々と続くわけである。しかし、いつまでもやられると、他の全産業をもダメージを被ってしまい、全体としてはマイナスになり兼ねない。その辺のおとしどころが、近い将来探られるのではないかと思う。世の中、産油国や石油業界だけで成り立っているわけではないので、そろそろ一旦の小康状態が来てもいいはずだ。米大統領の交代がひとつのターニングポイントになるのではないかと、小生は踏んでいる。

 また、別のエネルギ源としてロシアの天然ガスも気になる。確か、三井物産かどこかが、ロシアから天然ガスをパイプラインで日本まで通してしまおうという計画(サハリン供砲鮨覆瓩討い襪、ツンドラ森林地帯を傷つけるという容疑や、日本と北朝鮮との仲の悪さから、とりあえず、計画が宙に浮いている状況だ。ツンドラが傷つくと、そこから永久凍土が崩壊し砂漠化していく危険があるらしい。しかも砂漠化すると、凍土に封じ込められていたCO2が大気中に放出され、超やばい。北との仲たがいも計画を遅らせる大きな要因だろう。北を経由できれば、パイプラインも造り易いのだろうから。日北の国交を阻止したのも、米国であるが、これは○○作りの容疑のある、北と仲良くスンナ、という米国の主張も尤もなので、やむを得なかった。

 以上、いろいろ考えたが、今後のターニングポイントとして、(涜臈領の交代▲汽屮廛薀ぅ猝簑蠅亮束により、資金の、株・債券へのリターンE形灰ス等、別のエネルギーの安定供給の確立  が考えられる。

 先日、管理人氏のメタンガスについての記述をみて、ああ、これなら人類は、もうエネルギーにも有機材料にも困る事は無いな、と感じた。メタンが簡単に得られるなら、エネルギー問題がかなり解決するし、メタンからアルコールも得られれば、他の有機化合物も、技術的には、なんでも合成できるから。生ごみから、メタンが得られれば、生ごみさえ資源となる。技術は不可能を可能にする・・・。という事は、一方で我々は○○が不足だ、だから高くて当然ですよと、例えば、原価数百円/バレルの液体燃料をなんと13000円近辺で買わされている事になる。ウーム、○○説出現もやむを得ない話である。理不尽が罷り通る世界であるが、一方で良い点もあるので、仕方ないか・・・。これが、人間の実態であり、人間の実力なのだろう。人は神ではないのは確かである。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月09日(月) 01:10    題名: スタグフレーションの現在 未来の世界経済地図は 信用口座 引用

 原油高によるインフレ不況の中、人心も荒廃し、巷では物騒な事件が後を絶たない。厳しい経済状況下では、経済の上澄み部分をいただいて生きてきた人種 ( サービス、裏サービス、水商売等 ) の生活がきつくなり (いや、全業種で、そうなのだろうが・・・)、限界に達した者から破滅、自爆、巻き添え事件を起こすのだろう。アキバで起きた事件は、強烈だったが、多分、スタグフレーションにより人間界に発生した、多数のストレスの、イチ発散例なのだろう。実際にはより多大なストレスが社会全体に滞留している事が想像される。

 世界銀行前総裁の予想によれば、2050年頃の世界経済地図は、1位中国 2位インド 3位米国 4位インドネシア 5位日本という感じらしい。ロシアは9位くらいではないか、ということらしい。現在日本もスタグフレーションの波に曝されているが、従来の米国に加え、中国やインド、さらにはインドネシアらの高成長国に牽引され、長期的にはまあまあな発展を遂げるだろう、という予想がされているのだろう。小生、最近はデイトレノウハウの研究をしていたのだが、先週末インドでWiMAX(よくわからないが通信関係だろう)事業を展開する予定のヘラクレスZ社の株(現物)を購入した。金曜夜NYダウが暴落し、日経も月曜暴落が予想されるが、場合によればさらに買い増すかもしれない。前述のような予想があるので、長期保有しようと思う(ある程度上がったら利食ってしまうのだろうが)。日経自体は週始めは大きく調整されるのだろうが、その後はひょっとすると再び上昇に向かうかもしれない。チャート形状がそんな感じなのだ。いや、よくわからないが・・。金曜夜のダウの下落は失業率の上昇や金融関係の下落によるものだったが、特に心配する問題では無さそうだ。

 信用口座を開設すれば、ロングは現物で、デイトレは現物株を担保(8割)にし、引き続き行う事ができる。非常に便利なシステムである。信用取引は売買手数料の他に、金利や貸し株料が取られるのでロング向きではない。また、レバレッジを掛け過ぎる(最大3倍)とリスクも増大する。自己管理が重要である。
 以前は信用取引に否定的な小生だったが、開設しやってみると、これは非常によく造りこまれた社会システムである事に気付いた。証券会社や株主は、金や株を貸して手数料を取れるし、利用者も少ない資金で3倍までの取引が可能となる。株主、投資家、証券業界の互助システムだったのである。確かにリスクも増えるのだが、例えば130万円を資本金にすると、300万までは取引可能となるが何も全部使う事はない。デイトレするのに一回(売り買い、あるいは買い売りの1往復)当り100万にすれば1日に三回トレードできるし、リスクは等倍である。一回に50万しか使わなければリスクは逆にマイナスレバレッジの0.5倍で一日に6回トレードできる。危険もあるが、便利な文明の利器的システムだったのだ。ただ、勝ち負けで頭が加熱し、わけがわからなくなってしまう人はやらない方が良いだろう。また、勝負に熱中し途中でくたばってしまった場合も想定し、家族にもその時は証券会社に電話して手仕舞ってもらうよう指示しておくことも必要かもしれない。信用で仕掛けたまま放置しておくと、黙っていても経費がかかるし、相場が逆に動いたらレバレッジ掛けてたりすると損も大きくなる。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年6月05日(木) 20:49    題名: 原油高で破壊される各業界、下落は大統領が代わる時? 引用

 最近の都内のタクシー客の動向は、.粥璽襯妊鵐Εぁ璽後は少ない給料日後、持ち直すガソリンがリッター170円になるというニュースが流れた途端、再び、大きく減少、 という感じである。特にニュース後、劇的に減少した感が有る。
 他業界でも、例えばマンション販売とかでも、資材価格が高騰しているのに高く売れず利益が薄くなっているらしい。100円スーパーとかの商品でも、内容量が以前より、かなり少なくなっている物が多い。
 タクシーの長距離客について考えると、例えば、神奈川や千葉に住んでいて東京で働き、夜都心で酒を飲み、そのままタクシーで帰宅する人などの事を想像すると、多分、車を所有しているのでガソリン代が嵩んで、酒代やタクシー代を抑えるという構図が容易に想像される。各企業も利益が薄い為、交通費を抑える動きが強いのだろう。困ったものである。
 諸悪の根源は高すぎる原油価格なのだが、現在、米商品取引委員会(CFTC)が,価格が適正であるかどうか調査中らしい。3割は投機による上昇と言われている。もし不適正に吊り上げられている、という結果が出れば、価格は若干下がるだろう。その時期は大統領の交代後かもしれない。現役大統領の支持基盤は地元テキサスの○○会社だという話もある。原油価格は、米WTIが指標になっているが、ウエストテキサス産の石油は埋蔵量も少なく、ほとんど政治力により決定されている感が拭(ぬぐ)えない。
 しかし、インフレ不況で各業界ともアップアップのようだ。先先日GDPの数字が良いというニュースが出たが、物価アップの悪影響を除外した数字で実態を表していない、という意見がある。経済協力開発機構(OECD)の半期見通しによれば、米、ユーロ、中国、共にGDP伸び率が鈍化するという予想が出ている。また日本も四月景気動向(内閣府9日発表予定)を弱含みから、下落への局面変化へ下方修正する予定らしい。
 株価については、ここのところ順調に伸びてきたが、今後の動向はよく分からない。全般的に調整されやすい高値をつけている。一部、安値を付けているものがあるが、例外だろう。(ヘラクレスZ社PBR0.88買いだ)。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年5月02日(金) 23:34    題名: 5/2金 引用

 底値を這っていたネット証券(松本さんとこ)やビデオ店(東一)が、二番底を付ける事なく上がってしまった。早めに買っといても良い見本になってしまった。私の株価ボードで残っているのは、藤田まことさんCMのアパートメーカー(東一・建設)くらいである。ここは、4月決算月の為、3月決算の会社より、動きが遅いのである。二番底があったら、買いかもしれない。
 野村クイック(野村證券解析ソフト)によると、各指標が全体的に高く、色が赤くなっている。かなり危険水域に入っているようだ。
 私は、今日は仕事が終わって、事務整理・納金してから携帯でデイトレしたが、負けてしまった。某銘柄を寄り付き成り行きで買ったのだが、いくらで買えたのか確認法がわからず、おたおたしていたら、相場が逆に動いてしまい、30分後損切するハメになった。信用口座開設後半月程度で、携帯サイトの信用部分を使いこなせなかったのが敗因である。携帯の限界を知り、モバイル・パソコンを復活させる決心がついた。そこまでするのも何か、と躊躇していたが、負けが後押しになになりそうである。
 ボリビアで日本人観光客5人が事故死してしまったニュースを見て、今日はデイトレで負けてしまったが、まだ私には、資本金も命もあるのだ、と実感させられた(ご冥福をお祈りします)。
 本業のタクシーは趣味性が高いし、相場の無い夜や土日も稼げるというメリットがある。モバイル・パソコンを持ち歩けば、疲れるが、本格的トレードに、仕事明け直後から取り組めるようになる。本業とデイトレをうまく組み合わせ、人生をエンジョイしたいと思う。両方趣味性の高いものだし、田舎の実家も、姉に任せてあるし、特に株で勝てなくても暮らしていけるので、とりあえず、少しづつ工夫しながら人生を全うしたいと思う。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年4月29日(火) 02:15    題名: 特に問題ない現在 引用

 国債の市場価格がいくらなのか、知らないが、ケンミレの株価チャートで長期金利を見ると、現在約1.6%の模様だ。先日1.2%程度まで下落していたのが、急速に1.6%台まで戻している。つまり10年物国債の金利がたったの、その程度しかないという低金利な日本である。低金利という事は、国債価格が十分高く、安定している事も意味する。いや、日本の場合、赤字が多いので金利をあまり高く出来ないという内部事情が大きいのだろうが。。。しかし、金利が1.2%ではあまりに低すぎ、すなわち国債が買われ過ぎだったので、最近株価の戻しに応じて、急速にもどしたのだろう。株式市場と国債市場は、相補的関係にあり、株価が下がると国債が買われる(金利が下がる)といった相関関係があるらしい。逆に株価が上がれば、国債が売られる、という関係だ。株価と国債価格は相反関係にあるのだろうが、株価と長期金利は正の比例関係を持つ事になる。景気が良くなると、金利が上がる、という事らしい。
 現在、昨年度の決算発表の時期に当っているため、あまり調子の悪く無かった日本株は戻り調子にあった。しかし、そろそろヤバイ領域かもしれない。このあとの動きは、個別のチャート解析が有効かもしれない。しかし、決算発表が落ち着けば、あとは今年度の実績が織り込まれ始めるので、若干業績が落ちている企業が多い為、日経も調整が予測される。ただ、個別で、売り込まれ過ぎているものや、まだ決算発表の無いものは、まだ上があるかもしれない。ちなみに、日本株の代表的銘柄、みずほFGの決算発表は5/15予定らしい。しかし、渦中のみずほ証券は300人のリストラらしい。赤字額が4500億?もの莫大な額を叩き出してしまったらしく、大手証券業は、日米共に御難続きの昨今である。みずほ本体でも、この赤字額では、証券のリストラはやむを得ないな、と思ったのだろう。私自身も別ルートで某社員を観察する機会があり(発注ミス等)、あんな様子では、一般社会では利益は出せないのだな、気付かされました。。リストラがあって当然だったのだろう。今、やはり、あれでは、こうなるのだな、と納得させられた。全体が悪くなっていた?利益が大きく出るなら、大抵の事は許される世の中なのだろうが、肝心の利益が大赤字では、やむを得なかったのだろう。
 株価的には、リストラ発表を好感してさらに上げる可能性もある。特に強くお勧めはしない。チャート的に上がる余地はあるが、危険もあるので。尤も全株リスクはあるのだが。デイトレには向くかもしれない。私は今日は本業で疲れて、手出しできなかった。木曜は仕事前に、派手にデイトレして、勝負を金にまで持ち込んでしまい、疲れた。結局金まで持ち越し、勝てたが、投入金額(信用・現物で1000以上)に比べて、利益が小さい(数万円)ので、若干、バカバカしくなった。しかし、デイトレとはそんなものだろう。ヘタをしたら、負けていたが、運が良かった。ノウハウさえ得られれば、資本金と命(健康、若い反射神経、感覚)がある限り、続けられるのだろうから、慎重にいこうと思う。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年4月24日(木) 08:18    題名: 騰落レシオ 引用

 極東証券のサイトから、騰落レシオを調べると、130近くになっている。かなり相場が加熱気味のようだ。ここからロングで買いを入れるのは、ちょっと危険かもしれない。逆に売り相場かもしれない。個別では、チャート的には、目先調整されても、その先上がってもおかしくないものもあり、難しいところだ。
 先日指摘した日本電気(伏字だったが)は、あれから2割も上げた。自分で買っとけば良かった。信用口座開設時で、デイトレ重視に陥っており、買えなかった。それに、こんなに早く結果が出ると思わなかった。モルスタかどこかが格付けをアップしたのが引き鉄だったらしい。
 ロングで狙うなら、底値を這っている銘柄で、これから前回の大底まで値下がりするものを買うと良いかもしれない。どうも、方向性が乏しく、どう動くか、よくわからないが。
個人的には、ロングなら例のネット証券が、1年以上寝かすホントのロングなら、かなりいけると思う。ただ、確実にいくなら秋〜年末の底値を買う方が良いかもしれない。ネット証券は、株価低迷から業績が落ち気味だが、株価が復活するに連れ、業績も回復するだろうから、2年くらいで倍になる局面が出てくる可能性が高い。東一のビデオレンタル店も狙い目だ。こちらは、今回、持ち株下落・特別損失により、株価が下落しただけで、本業はまあまあ、今期は利益も回復するだろう。建設で、アパート販売(藤田まことさんCM)の会社も底這いで、2番底を狙える。以上はいずれも東一だが、ヘラクレスでも、インド等へ携帯関係でハード・ソフトで進出を手掛けている、メーカーも有望だ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2008年4月12日(土) 10:48    題名: 見守りあう世界 引用

 4・10にバーナンキさんが、サブ問題による金融危機は戦後最悪だと、のたまった。しかし、足元は、しっかりして来ており、1930年代の大恐慌や、日本の金融危機程、状態は悪くないという(いやー、言われました)。
 日経は、金曜は上げた。日経平均は朝からプラスだったが、出だしで下げる物もあった。みずほの下方修正のニュースが朝からTVで出ていたが、当のみずほは、朝一下がったが、後場急騰。デイトレーダーには難しい相場だったと思う。午後の上げはSQを無事通過し、安心の買いだったのかもしれない。また、逆に、悪材料出尽くし感から買われた面もあるらしい。相場の変動要因は、後付けでなんとでも言えるところが怖いところである。
 一方、野村證券のストラテジストは、日本企業は全体的に前期は業績が20%位落ち、7月から夏休みにかけて最悪期になるのではないか、と述べている。NIKKEI NETに配信されている。
 人は悪い点ばかり気にしがちであるが、日米は決して弱い国家ではなく、失敗してもある程度は回復させられる力があると、自負すべきだろう。それに、経済が落ち込めば、落ち込んだで、逆に得できる立場の人もいる。憧れの大企業株が高配当、安値で入手できたりするわけだ。また、信用取引で売りで入れる人は、どちらでも良い話となる。
 また、最近の日本企業の好調さは、借金国家で仕方なく低金利にしたところ、予期せぬ円安により、輸出企業をバックアップ出来た部分が大きいらしい。
 このように、経済は決して一枚板ではなく、自国が落ちぶれても、一方でセルフ・スタビライジング機能が働くもののようだ。従って、弱点や失敗を悲観するばかりでなく、その中でも、なんらかの希望を見出す生き方ができると良いかもしれない。
 また、数字ばかりに拘らず、世界での関係も注視すべきだろう。日本の優れた製品群は、世界で高評価であるし、逆に日本に食料や衣類、ブランド物を大量に輸入して欲しい大国も多いのだ。そういった関係上互いに融通しあう世界となっている。自信を持って進みたいところだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 一般掲示板(予備) All times are GMT +9:00
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5  次のページ
Page 3 of 5

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信: 不可t
自分の記事の編集: 不可
自分の記事の削除: 不可
投票への参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group