TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 TOUKAI AMATEUR RADIO
東海アマチュア無線地震予知研究会
 
 よくある質問よくある質問   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   グループグループ   登録登録 
 ユーザー設定ユーザー設定   PM確認のためにログインPM確認のためにログイン   ログインログイン 
chat ROOM1 ROOM3 bbs 地震情報 宏観画像 なんでも 管理人 旧掲示板 KS様 前兆 guide ユーザ登録手順解説

経済考察
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5  次のページ
 
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 一般掲示板(予備)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年6月08日(火) 10:28    題名: 不調の銀行株 引用

 日経平均のチャートは、過去2年でダブル底を付けた’09/3/10(7054円)以来、高く推移してきた。最近は、四月の高さの反動か、かなり下げてきた。それでもダブル底よりも2500円前後高い。

 一方、銀行株は渋い。日経の上昇率は大雑把で35%.MUFGなどは、11%しか上昇していない。10:11現在、日経は前日比0.18%程度の上昇。にも関わらず、MUFGは逆に−1.87%である・・。

 ユーロ各国の財政問題に釣られているのはわかるが、他にも理由が考えられる。不景気による不良債権の増加や、昨年暮れの大型増資による一株利益の減少が影にあるのだろう。四季報によれば、’08/3で61円。来年3月予想は28円しか無いのだ。

 ダブル底を乗り越えた他銘柄を後目に、1人大底固めに動いているのだろうか。MUFGなら377円。そこまで行ってしまうのだろうか。あるいは、この辺で、日経と合わせて切り返すのだろうか・・。四月の異常なパラメーターの高さの反動を考えると行ってしまっても不思議ではない。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年5月09日(日) 10:18    題名: これから 引用

 ギリシャの財政危機問題から、株式は暴落。原油も下げています。一方、金(キン)はこういう時、強いようです。リスク資産から、資金が一瞬逃げているようです。

 しかし、とりあえず、今週は出だし若干下げるとしても、リバウンドしてくるのでしょう。その後はどうなるかわかりません。私の仕事の相方が、けっこう株や為替に詳しく、円はこれから、70円位になってもおかしくない、と言うのです。

 私は、今、為替のチャートを見たのですが、そこまで行くとは思えませんでした。日本もリーマン・ショック以来不調ですし、メガ・コンペティションの世界で、過去のような良い成績を、今後出せるとは思えません。

 最近までの、稼ぎ頭は車でしたが、たくさん買ってくれていたのは、米国のみ。ユーロではせいぜい新車中の10%前後でした。リーマンショック後はもっと落ちているのではないでしょうか。中国でのシェアも大した事ないのでしょう。

 半導体は、とうの昔から成績不振。東芝がフラッシュメモリのSSDで、サムスンと一騎打ちの情勢ですが、他のメモリでは、厳しいようです。エルピーダ(DRAM専業)は、3月決算はようやく20億の黒字、前回は約1800億の赤字。ルネサス(システムLSI主軸)は、590億の赤字予定です。今期も200億の赤字予想。

 エルピーダは、台湾との合弁工場も持っているようで、世界3位規模。ルネサスも半導体世界3位クラスらしいですが、赤字では・・。最近NECの持分会社になったらしいです。どうしても、収益が改善できなければ、ゆくゆくはお取り潰しされるのでしょう。今は、過去の栄光を忘れられず、また、規模が大きく、就業問題等から、切りにくいのでしょう・・・。

 日本は技術力はまあまあとしても、今や韓国や台湾でも半導体メモリが作れる時代。為替が円高では、競争力が削がれます。そういった技術競争以外のファクターでも向かい風が強いので、今後も厳しい戦いが続きそうです。

 国内は、数年後には消費税アップが予想され、消費にダメージが来そうです。ギリシャの混乱は明日の日本を見るようです。ただし、日本は国民や企業に財産があるので、ギリシャのように大問題にはならないのでしょう。しかし、国の大借金は、いつかは減らさねば、手遅れになりそうです。増税のスイッチを入れかねている、優柔不断な政府であります。尤も、スイッチ入ったら、入ったで、大変なのは我々庶民なのですが・・。 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年4月07日(水) 18:05    題名: 日経平均 引用

 今日は11292(+10)で引けました。私は今日は休日だったので、デイトレをやりましたが、某保険会社を信用売りして大きく負けてしまいました。調査不足でした。

 日経平均は某パラメーターが異常に高い状況です。私が株を始めて6年位ですが、こんな割高なパラは見た事がありません。今まで売られた反動もあるのでしょうが、それだけとは思えません。為替レートの円安傾向が影響してるのでしょうか。

 私は今後、日本は国内的に、消費税アップを控えている為、条件の良い今のうちに株価が上げているようにも思います。私の仕事の相方も株(現物)マニアですが、日経が12500をマークしたら、2〜3年下げる事も有り得る、と言いました。テクニカル分析的にそういう感じらしいです。

 実際には、どうなるか分かりませんが、私達はそういう感じで捉えています。

 ハアー、しかし、今日の負けは痛かった。結局、何度もトレードをすると、いつか、不備な部分を突かれるようです。私も今日は、個別での調査項目を省略していた部分を突かれました。老後に無職なら、体力的にも、時間的にも、比較的詳細に調べる余裕があるのでしょうが。言い訳をしても仕方ないですが、まったく相場は厳しい世界です。

 心理的に負けやすく出来ていますし、粉飾がある場合もあります。ゆとり資金のある人が趣味がてら、やるのが良いのでしょう。私も、必要以上に資金を投入しないよう気を付けています。
 

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年3月24日(水) 02:21    題名: 消費税2 引用

 13〜14%にしたい意向ですね。そんな高税率にしたら、日本経済は大打撃。首吊り続出となりそうです。一種の恐慌状態となるでしょう。3〜4年後の消費税ショックに備えて、事前にマネーか物資の蓄積が必要と思い始めました。

 巷は春で、去る3連休も、都内は出だし2日の人出はまあまあでした。若い娘達に2回もゲロを吐かれました。飲み慣れない酒を飲んでゲロゲロ。土曜日長身大娘はしっかりしていて、外で吐いてくれました。一度は首都高池袋線の退避スポット、2回目は埼玉県志木駅近辺で。(地元の方、申し訳ありません。ゲロを水で流すの忘れますた・・。)月曜2人目の小娘は、猫が食あたりで戻した感じ。持参のレジ袋に車中でゲロゲロ。大丈夫?外で吐く?と聞いても大丈夫と答え、車中でゲロ三昧。一発シートにやられた・・。仕方なく入谷から高速乗って平和島の営業所まで戻り、倉庫から替えのシートを引っ張り出して交換。1時間のロス。良い時間が台無しに・・。
 ま、とにかくカップルや若者の出はまあまあな連休でした。

 話が脱線しました。日本経済はここしばらくは、若干の回復が続きそうです。例えば東芝はフラッシュメモリーの分野で、サムスンと世界シェア争奪を賭けた戦いを繰り広げそうです(四日市工場増設)。そのような前向きな話が出てきた一方で、消費税アップの話も浮上。日本経済にとって、重い足かせになりそうです。

 また、神奈川県の高校3年生の1月の就職内定率が70%台に低迷するなど、日本経済の低迷ぶりがあらわになるニュースもありました。
 国際関係では、中国が米の製品を進んで買う、とリップサービス。人民元の為替レート切り上げ圧力を和らげる施策です。一方、グーグルは中国から検索事業は撤退。情報開示に難があるのでしょう。

 今後、米国はパートナーを中国に移しそうですね。日本はもう、大して重要でなくなりつつなりそうです。例えば、自動車関係では、米国メーカーの再興の為には、むしろ邪魔な存在に成り下がってきました。

 総合的に考えると、日本の近未来は引き続き厳しいものになりそうです。特に数年後の消費税ショックが予見されます。小生は、現在賃貸マンソンに住んでいますが、実家からの通勤を検討しはじめました。不景気の続く時代には、お金の価値は貴重です。

 株価は東一某パラメーターが高値水準をマークしてきました。そろそろ下落し始めるかもしれません・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年3月22日(月) 04:07    題名: 消費税 引用

 いきなり15%前後ですかい・・。子供手当てや農家への手当てで、ばら撒く分、消費税がいきなり10%前後もあげられるのですか・・。元々赤字体質なのに、ばら撒くから、とんでもない上昇になりそうです。これも、安易に投票した国民の自業自得とも言えそうです。しかし、こんな計画を発表しては、今後民主党の人気は下落するでしょうねえ・・。

 一方、企業は来年度の景気について慎重になっているようです。主要100社の6割が来年の新卒採用を今年並みか、それ以下にするらしい。自動車関係の採用が特に落ちるようです。百貨店も消費低迷で減少、中途採用を増やすらしい。

 消費税がそれだけ上がれば、国内消費はさらに落ち込み、世界経済の若干の回復ではカバーできないでしょう。日本もユーロのような、モノを大事にする地味な国になるのでしょうか?
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年3月02日(火) 07:51    題名: 米国の狙いはトヨタのシェア低下? 引用

 とりあえず、豊田社長は、米国から帰国し、中国で謝罪兼PRしているようだ。米では本日、上院での喚問が開始するらしい。

 最悪、取引停止されかねないが、そこまで行くとは考えにくい。日本の他メーカーが一切摘発されていない点をみると、政治的パフォーマンスであるきらいも強い。しかし、目先、トヨタのシェアが大幅に落ちている効果は出ている。

 上院での喚問にはトヨタ米社長らが出席するらしいが、うまくこの危機を乗り越えて欲しいものだ。

 巨大市場化してきた中国でのトヨタのシェアは5%しかないという。しかし、多分それが普通であって、今まで日本車は米国で抜群に贔屓されてきていたのだろう。これからは、米国も自国のメーカー保護政策を打つだろうから、日本は以前のような興隆は、すぐには期待しにくい。

 貿易も低迷。国内は高齢化で内需もしぼむ。こんな背景の中、国の借金ばかり膨らむ。数年後には、過去・現在のツケを清算する為、大増税が行われる確率が高い。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年2月27日(土) 18:31    題名: 日本沈没の予感 引用

 トヨタ問題がこじれそうだ。昨日は、「ひとりごと」で、やや楽観論を述べてしまったが、現実はより厳しいようだ。
 
 米・下院監督・政府改革委員会は、トヨタが、道路交通安全局への重要情報の提示を怠った(内部資料隠匿)という疑いを発表した。

 トヨタは既にリコール問題で、米国で売り上げ激減、1月は-16%だったという。2月も2ケタ減確実らしい。販売減に合わせ、各工場で一時生産停止を余儀なくされていた。
 
 話がこじれると、ヘタをすると、米国での販売を禁止されかねない様相を呈してきた。
 その場合、日本の景気は底割れし、恐慌的状態まで行ってしまう可能性がある・・。

 オリンピックどころの話ではない・・・。こんな、大問題が進行している中、政府は何か手を打っているのだろうか?年金話で票集めに興じている場合ではない。(年金の原資は増税で調達するというオチが分かっている)

 我々は今、非常に危険な状況にある。が、とりあえず、事態の動向を見守るしかできない。最悪時、国内は失業者で溢れ返る事になるかもしれない。

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年2月16日(火) 19:18    題名: 昭和シェル決算から思う事 引用

 昭和シェルは、12月が年度末らしく、09年度の決算発表が今日あった。最終損益は576億の赤字だった(事前予想よりマイナス256億)。08年度も162の赤。原油価格の低下による在庫の評価損や、石油製品の販売不振、太陽電池発電所の建設費で赤字がふくらんだという。今期の見通しは今月中に発表するという。

 加えて、京浜製油所扇町工場(従業員約100名)をH23年9月に閉鎖するという。京浜・京葉地区の製油工場といえば、海沿いの工業地帯のメインと思っていたが、それが閉鎖されるとは、本当に一つの時代の終焉を象徴しているようだ。

 数十年前から、東京湾沿いの工業地帯には、必ず石油コンビナートがあって、製油工場の煙突から排ガスが、炎を出して燃えていたのが普通だった。そして、そのせいか空気の悪いところという固定観念があった。煙突の炎は朽ちる事を知らないかのような勢いだった。
 ところが、石油各社は、需要の低迷から、生産能力の削減を打ち出してきた。国内で売れないのだろう。不況で節約したり、低燃費車が増えてきたり、暖房も電気やガスへ若干のシフトがあるのだろう。イケイケドンドン、高度成長の時代が去り、時代は急速に逆流し始めた。

 このような大企業で採算が悪化し、リストラも行うので、新卒の求人が減ってしまうのだろう。それは理屈としては理解できるが、感情的には、納得できない部分も多い。先日NHKで宮城県?の高校生の就職事情が放送されていたが、生徒会役員も務めたような責任感の強そうな子が受からない。体も頑強そうで、仕込めば相当働けそうな若者だったが、顔が若干とぼけていたようだ。しかし、ちょっと鈍感そうな子の方が、ストレスにも強く、良い働き手になると思う。いや、顔はさておいて、結局求人数が不足しているので、その分誰かが必ずあぶれてしまうのだ。

 2ch等からの情報によると、一度あぶれてしまい、何年もバイトなどしてしまうと、まず、まともな会社では、中途採用されなくなるという。それは、職歴が無い為だという。現代の中途採用は即戦力の経験者しか、採らないらしい。そうなると、25歳位までにちゃんとした仕事に就けないと、一生フリーターのようになってしまう危険があるらしい。
 ところが、不況ではアルバイトも若者や女性が優遇されるという傾向があるらしく、中高年フリーターは、非常に生きて行き難くなるらしい。

 そのような、無限地獄が繰り広げられているのが現在なのだ。多分、この無限地獄に正面から立ち向かい、一矢を報い得るのは、前与党の政治家のみだろう。彼らは、長年の政治スキルがあるし、変化に対して機動的に対応できる、政治のプロフェッショナルなのだ。しかし、彼らが最前線に戻るには、壁があり、時間が掛かりそうだ。その間にも、不幸な国民が、より多く発生してしまうのだろう・・。ああ無情な世界である・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年2月13日(土) 10:44    題名: ワークシェアリングの話はどこへ 引用

 新卒の就職率は、多分ここ数年低迷し、ニート・フリーターが増産される事態が予想される。各企業は現役社員の雇用を守るのが手一杯という。本来なら、民間企業に職場提供を期待出来ない今こそ、政治の出番のハズだが、当の与党は、毎日幹部の汚職を揉み消したり、票稼ぎの為のバラマキ実行に夢中になり、現在発生している大問題をおざなりにしている。

 自由主義経済は恐ろしい。景気が良ければ良いが、いざ、こうなると、自己責任という一言で片付けられてしまう。今の与党は、選挙前の政権公約実現にばかり尽力し、深化する不況に対する経済対策を全く打たない。

 景気の下支え効果の強い公共事業を、ほとんど打たない。また、深まる失業問題には、まったく言及しない。

 各企業は、ワークシェアリングをすると、現役社員が困るのだろう。住宅ローンや子育てに経費の掛かる中高年世代は、給与が下がる事を嫌がる。しかし、低成長大競争が続くと予想される経済下、彼らの子供が就職する時、就職率が悪いと不利になるという事まで注意していない。

 自由主義経済の弱点が露呈してしまっている昨今である。流行(仕掛け手により綿密に仕掛けられた罠である事も多い)あるいは、贅沢したいため、高額ローンを組んでしまった者たちは、その重荷から、広い視野を持てなくなっているのだ。それらの者は、強力にワークシェアリングを否定する傾向が高いはずだ。世も末である・・・。
 しかし、この就職難が何年も続いたら、さすがにこの話題が再浮上するかもしれない。

 すでにワークシェアリングを実行している、北欧?の国との、進化の差が感じられる。米日はけっこう粗暴な先進国であるのかもしれない。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月28日(木) 10:10    題名: 低迷する日本 引用

 大学生の就職内定率は73.1%(昨年12月1日)と過去最低らしい。高校生も未だ約20%の子らが決まらないらしい。加えて、従来の失業者も多い。

 有職者もリストラに怯え、あるいは、住宅ローンや養育費に四苦八苦する者が多いのだろう。そんな中、表向き甘言を呈する○○的政党が選ばれ、人気取りの為、財源も無いのにバラマキ政策を執る。まったく、世紀末的世情となっている。

 自分の欲望を叶える為には、詐欺的行為さえ厭わない(いとわない)人間がいかに多いことか。目先の利益をまず取り、後の事は知らない、といった無責任、狡賢い人間が多いのが、この世の実態のようだ。確かに今を良く生きるのは、良い事だろうが、贅沢をしたい、あるいは名誉欲を満たすため詐欺的行為を行うのは、なんとも・・・。

 件(くだん)の政党は、人気取りの為、全ての人に老後7万円を支給すると言っているらしいが、いつからこの国は社会主義になったのだろうか。国からもらう以上は、税金が増える事は明らかである。現役世代の重荷が増えるだけである。まあ、国の借金が増えないよう、うまくまとめるなら、少しは賛同しよう。

 多分、増税せねば、にっちもさっちも行かなくなるまで、政権を持たせ、増税時はトンズラするのがオチだろう。普天間問題にしても、散々国政を混乱させ、一向に終結できない。問題解決能力の低さが露呈している。米国はチョンボしたとはいえ、まだまだ強国であり、巨大なマーケットである。そんな事さえ理解できずに、目先の票稼ぎばかりに精を出す与党・・・。

 この混乱を抜け出すには相当時間が掛かりそうだ。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月22日(金) 16:37    題名: ○○様の決断 引用

 ○○国の○○様が、○○を○○なされるというニュースを聞きました。過去▲▲様は、似たような事で××されてしまいました。○○様の勇気を称える一方で、身の安全が心配になりました。
 怖くて、伏字を多用し、済みません。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月21日(木) 07:49    題名: JALショック 引用

 JALの再建は、官民ファンドの企業再生支援機構の監督下、法的整理(会社更生法)が行われるという。私的整理と違い、法的整理では公的資金も入る為、株主責任も問われ、どうやら2/20付けで上場廃止になるという。その流れを受け、株価はついに2〜3円になってしまった。

 株主も多大な損害を蒙ったのだろうが、JAL本体でのリストラ(15000人?)や、関連企業(一次2500社?二次下請け1万社?)への影響が計り知れない。
 不況下で再就職先がほとんど無い現状で、寒空の下、放り出される人が大量に発生するのだろうか・・・

 新卒の学生の就職内定率も下落しているらしい。20〜30年前の好調期を知っている我々は、こんな事もあるのだな、とか、これが現実なのだろう、とか、茫然と眺める事しかできないのであった・・・

 当面、各企業の若干の回復を期待し、生き延びるしかないのだろう。日本が健闘する為には、発展途上国が十分育ち、為替が変動相場になってくれるまで待つ必要があるかもしれない。あるいは、アメリカさんの日本車輸入量の回復か・・・
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月13日(水) 12:35    題名: 車の未来 日本の未来 引用

 中国の車の生産・販売台数がそれぞれ1300万台を超えたらしい。私は中国を工業品の巨大市場として有望視していたが、どうも自国でも生産してしまい、過去の米程の消費は望めないかもしれない、と思い始めた。

 日本の自動車は、まだまだ、中国の一般大衆には高く、過去の米のような大量購買は元より期待できない。
 
 また、今後は駆動形式が単純な電気モーターになる事が予想される。そうなると、一時は世界を席巻した半導体メモリーが、韓国や台湾に追い越されたように、車もそうなりかねない危険さえ感じるようになった。

 当面、ハイブリッドの方が真似されにくいだろうから、それを目玉として押すのが良いのかもしれない。

 今後は、日本は過去のような大成功は望まず、地味に、そこそこな豊かさを目指せば良いのだろう。発展途上国が発達してくれば、単発でも良い商品ができれば、売れるだろうし。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月10日(日) 08:44    題名: 資産課税 引用

 前麻生内閣は、国の借金を縮小する方法として、資産課税の導入を予定していたらしいですね。私は今朝、2chの某板で知りました。

>>基本方針は、中期プログラムに盛り込む税制改革の税目として
〈1〉個人・法人の所得課税
〈2〉資産課税
〈3〉消費税−−を挙げ、「各税目の改革の基本的方向性を明らかにした税制改革の全体像を示す」とした。 (091026読売新聞)

そのような課税の方法もあったのか、と今頃驚いています。自公政党がいかに真面目に経済運営を考えていたか、今頃再確認しました。一方で、現在の与党は、目先の人気取り政策ばかりに取り組み、問題の本質に取り組もうとしない。しかし、いずれ同様な課税を実行せざるを得なくなるのでしょう。

 どうやら、あまり心配しなくとも日本は大丈夫そうだ、と思い始めました。国際収支は黒字だし、国の赤字は、国民へ金を放出し過ぎた為で、政策により、回収も可能・・・。
 素晴しい国です。日本は。
 現在、大不況で就職できない人も多い、等の大問題はありますが・・・。それらの、不況時独特の問題も、なんとかうまくやって欲しいものです。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月08日(金) 10:23    題名: そろそろ日経平均は調整される? 引用

 1/810時現在、前日比120円程度上げています。日経は昨年11/27のドバイ・ショック以来上げて、ついに10800円に回復。しかし、そろそろ一旦調整されるのでは?
 
 調整がどの程度されるのか。軽いのか、あるいは、大きく下落するのか、私にはよくわかりません。小さく調整されて、さらに上を目指すのか、あるいは、大きく調整されて二番底(3番底?)を目指すのか、わからない状況であります。

 為替レートの影響が大きいかもしれません。今日なんて93円台に下げてますね・・・。今後再度、円高に向かうとヤバイのでしょう。しかし、現物ロングの投資家は、株価が下がると嬉しいでしょう。安く買えるので。小生も、下がったら少し買おうと思っている銘柄があります。

 株は、ゆとり資金でやる分には、大変楽しいものです。デイトレでも良し。スイングでも良し。現物ロングでも良し。いろんな楽しみ方があります。大怪我しない様にやって、長く楽しみたいと思っています。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2010年1月03日(日) 16:33    題名: ジャック・アタリ氏の予想 引用

 某Y新聞で、今日の一〜ニ面に氏の予想・解説が出ておりました。私の文を読むより、よっぽど良いと思いました。
 
 また、社説や他記事でも有意義な事が出ていました。良い新聞だと思いました。

 政治的には、公明党も、人気の無い自民離れが進みそうです。私の好きな自民の復活は難しくなりそうです。

 しかし、民主も、政権欲しさに、安易なマニュフェストを上げ、実現に四苦八苦。日本はバランスを崩しています。子供手当ては、不足分を地方に分担させようとしている。地方は、ただでさえ予算が足りないのに、なんじゃそりゃー、の状態です。
 米軍問題でも、米国の意見も、ろくに聞かず、勝手に都合のいい案をとろうとしている。非常に問題山積な政権であります。
 
 一方、米の11大銀行?のうち、公的資金を返していないのは、シチーだけらしいです。それなら、米の消費も、安心感から若干伸びてくるかもしれません。

 日本の基幹産業は、従来通り、車なのでしょう。年末NHKラジオで、言っていました。電気自動車や燃料電池車、エコカーが車の主流になるのでしょうが、コアな技術は、けっこう日本が進んでいるらしいのです。ただし、今後、電気、燃料電池、バイオエタノール車などのうち、どれが主導権を握るかは、見守る必要がありそうです。
 場合によると、主導権を握る企業あるいは企業連合に、変化が起きる事もありえます。しかし、とりあえず、その巨大市場で、日本企業が主導権を握り易い立場にある事は、我々にとってハッピーな事でした。
 半導体関係も省エネ系のパワー半導体で頑張って欲しいものであります・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年12月27日(日) 10:10    題名: 年金支給年齢 引用

 昨日、就労後ロッカールームで、Kさんと、我々の年金支給開始年齢は75歳になっちゃうかもしれないね、死んでるかもねー、などとジョークを交わした。

 平均寿命の上昇に合わせて、職場の定年や年金支給額が上昇気味の昨今である。私共の会社も来年から定年が64歳になりそうだ。
 現在、年金の支給年齢は原則65歳、但し書きとして、60歳から減額の繰上げ支給、66〜70歳までの繰り下げ支給があるらしい。

 私は、国は原資不足から、支給年齢をさらに上げる、裏技を使い兼ねない危険を感じる。国民は、国に税収も無いのに、もらう権利ばかり主張し、納税の義務を果たさない。

 人口の多い今のうちに消費税を増やして行かないと、莫大な借金を返しきれなくなる危険を感じる。それとも永久に借金を付回して時代は進むのだろうか。いや、さすがに、次の景気回復期には、消費税アップが行われるのだろう。

 そろそろ日本人も、過去の成功の呪縛から離れ、現実を理解し、地道に生きる道を模索、実行すべきだろう。

 日米の新自由主義?の病的な部分として、将来や全体のバランスを考えずに、目先の利益に突っ走る点が上げられる。それを正当化する、あるいは象徴する言葉は「夢」だったかもしれない・・・。そして、当初、その病は米国だけだったが、現在は日本も蝕まれてしまった。病気は、病巣を摘出したり、時間が掛かっても治療しなければならない。

 国の借金が多いままでは、国も各種社会保障を削減せねばならず、なにかと生きにくい国になる。特に老人や病人、母子家庭等の弱者が・・。こんな大不況なのに、公共事業を削るのも、国に金が無いからだ。なんとかしたいものであります。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年12月12日(土) 18:57    題名: 二番底への危惧 引用

 為替レートが円安に振れ、若干の安心感が出ている。米の12月消費者態度指数の高さによる早期利上げ期待や、ムーディーズの英米の格付けで下落が無い事を好感したドル・ポンド高である。金曜の日経は円安を好感して、素直に上げている。中国の指標発表の影響もあったらしい。

 私はてっきり、政府の赤字国債発行額の大きさが確定しつつある悪影響で円安かと思った。これは、米国のチョンボとバランスするには、日本もチョンボだ、という逆説的真実の発現かと思い、一大パラドックス理論を繰り広げようと思っていたのだが、実際には上記の理由だったらしい。私の準備した要旨は、一人優等生では、国家的にも、個人的にも、国際社会や一般社会で、生きにくい、という事であった・・。どなたかにも当てはまりそうな理屈で、我ながらおもしろい、と悦に入っていた・・・。

 ところで、そのような、良いニュースとは裏腹に底這いしている銘柄も多い。それはやはりメーカーなどである。金融機関は今年度は黒字予想のところが多いのだが、各企業は、前回付けた大底あるいは10年来安値を試しに行く可能性を感じる。あくまでも私見であり、責任は持てないが・・。(逆に言うと、現物買いの人はそこまで落ちたら買い?)。大手企業の増資も、日経の下落要因になるだろう。
 赤字メーカーに釣られて、日経も下げる危険がある。来年の決算期前後がヤバイ感じがする・・。

 資産と知識のある人は、この不況で、逆に財を増やす事も有り得るが、現役一般大衆はたまらない。収入は下がるは、ヘタをすると会社が潰れかねない状況である。
 そして、政治オンチの新米政権が、さらに社会を混乱させている。泣きっ面に蜂、というのが、日本の現状であろう。

 扶養控除カットで、年少扶養者の住民税も取られかねない。子供手当てを貰っても、一年目はあまりプラスにならないだろう。二年目の満額支給は、国の税収不足から、厳しいかもしれない。まあ、とりあえず、死なないように頑張るしかないのだろう。3年もしたら景気が若干回復するらしいし・・・。それまで持つよう頑張るしかないようだ。
 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年11月28日(土) 13:08    題名: ドバイ・ショック 引用

 25日、ドバイで政府系投資持ち株会社のドバイ・ワールドと不動産子会社のナヒールが、債務(約600億ドル5兆円)返済の一時凍結を世界の金融機関に打診したらしい。
 
 ドバイには、先進国の銀行(米日も含む)も、こぞって投資しているらしいが、特に欧州の投資規模が大きいらしい。従って、26日の東京外国為替では、前日までのドル独歩安が、円独歩高に一変したという(gooニュースより)。

 小生は、前回投稿分(今朝)で、米国の為替操作と曲解してしまったが、結局上記の理由らしい。いや、あまりに、おもいやり予算カット発表とタイミングが良かったもので・・・。

 いずれにせよ、円高は、日本企業にとって致命的である。当面、為替レートが戻る事を期待して見守るしかなさそうだ。もし、このまま、円高が進むなら、今後、日本経済にあまり期待する事は出来なさそうである・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年11月28日(土) 06:27    題名: 米国は怒った・・・恐怖の経済原爆・円高 引用

 民主党は、事業仕分けで、米軍への補助金(おもいやり予算)や、PAC3(地対空誘導弾)等の追加配備をカットする方向らしい。米軍へのおもいやり予算は、30年でたったの2兆円余り(しんぶん赤旗より)しか払っていなかったようだ。日本の経済規模を考えると決して大盤振る舞いをしていたとは言えない。むしろ、いろいろ面倒を看て貰った恩返しとして妥当な出費だったと思う。

 民主党は、過去数十年に渡って日米が築き上げて来た良い関係を、簡単に踏み躙る(にじる)国際政治オンチであるようだ。このままでは、日本は、世界一の大国、米国に見捨てられ、貧乏国に転落しかねない。
 民主党は、日本が米国の消費者によって、過去数十年、莫大な恩恵を受けてきた、という歴史的事実を無視し、恩を仇で返すような行為を繰り広げている。
 こんな○○は一刻も早く○○ないと、日本は国内的にも、国際的にも、○○され尽くされる危険が高い。(仕返しが怖いので一部伏字を仕様しております・・・)

 円高の原因はドバイのナンタラというが、そんなのは口実で、これは、米国の日本の政治への評価と見て良いと思う(独断)。そもそも、25日(26日休場)NYダウは堅調で、日経が下げ気味なのだから、株価的にはドル高円安が妥当である。せめて89円位が相場だろう。90円以上でもおかしくない。
 それが円高なのだから、これは、経費カットされて、米国が日本の面倒を看るのが、バカらしくなって、為替操作を日本に有利にするのを止めた、あるいは、とりあえず脅しを掛けた、と見るのが妥当だろう。

 27日朝のNHKニュースによれば、トヨタは1円の円高で300億円の損失がでるらしい。想定レートが93円らしいから、28日5:59現在で86.55円とすると、実に1935億のマイナスである。85円だったら、2400億のマイナス。ただでさえ、赤字企業が多い現状で、さらに円高になると、日本は死亡しかねない。

 過去、20年くらい前も円高に操作された記憶があるが(プラザ合意:1985)、当時は日本は半導体も強く、工場を海外展開するなどの対応策を採った為、逆に企業体質を強めた。しかし、今回は、ただでさえ、赤字のところにコレでは、対応できない可能性が高い。結果、国内はさらなる景気底割れで、大不況、阿鼻叫喚の状況になる事が予想される。
 
 これは、全く政治責任であり、担当政党は責任を取る必要に迫られるだろう。しかし、事態が現実化する仮定で、多数の犠牲者が出る事が予想される。こういうことがあるから、私は、××党を選ばずに、○○党を選ぶべきだと主張していたのにーーーー・・・・。
 

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年11月23日(月) 18:40    題名: 一体この国はどこへ行くのか 引用

 新政権になって幾分か経ったが、無駄を排す、と言いながら、予算は90兆円を軽く超える有様。税収で足りない分は、赤字国債で賄うのだが、米国の過剰消費にストップが掛かった現在、日本は不景気の真っ只中。税収はむしろ、さらに落ち込むと予想されている。
 そんな大変な状況で、民主党政権は、マニュフェストの実行ばかりに執着し、国民の経済の実態を把握もせず、公共事業の削減ばかりに熱心だ。通常、不況時は、国が公共事業を増やして、経済のテコ入れを行うのが正道だと思うが、彼らは逆をやるわけである。
 公共事業ひとつを取っても、一般大衆が、いかに無知で、甘言に惑わされやすいか、分かろうというものだ。民主党は、政権を執りたいが為、無い予算を有ると欺き、公共事業カットで、不況で最も危険な状況にある地方経済を見捨てようとしている。というか、政権を奪取するのが精一杯で、経験の無い政治初心者の為、肝心の政治そのものは、とても、こなす実力が無い、というのが真実だろう。その結果、支離滅裂な政治になっている。

 国は大赤字かつ未曾有の不況なのに、緊縮財政どころか、予算拡大。貴重な財源(高速道路料金等)も、平気でカットしようとする。まったく狂気の政治である。

 こういう事になってしまう理由は、人間の貪欲さに起因するのではないかと思う。金は欲しいが、自分は払いたくない、という我の強い人間ばかりで、理性が働かない。感覚で物事を判断し、内部の真実を汲み取る知力に欠ける。結果、甘言を振りまく政党に簡単に投票してしまう。今生きるのが大変なのは、わかるが、政治家までが、真実から目を背け、人気取り政策の実行ばかりで、国体を惑わすのは、もはや○○に近いのではないか?

 我々は、小泉元総理のような、真実を語り、苦難を乗り越えようとうする、熱意ある政治家を、最近持てなかったのは不幸な事であった。近い将来、自公政権から、再び強力かつ正当なリーダーシップを発現できる人物の再来を期待したい。

 ところで、再びデフレ・スパイラルに陥って来たようだ。デフレで、物価が下がると、給料も下がる、という悪循環だが、大変なのは、固定費や借金のあるケースである。
 銀行は金を長期に渡って貸したいし、不動産屋は家や物件を多く売りたいので、こぞって宣伝を仕掛けてきた。あの手この手で売ろうとする。そして消費者も、煌びやかな人生を送りたい為、借金をしてまで物を買うわけだ。両方、欲の塊なのが、現代日本人の実態だろう。そして、働いても働いても、不況や円高による競争力低下で儲からなく成ってきてしまった。

 過去の栄光を忘れられない訳では無かろうが、一旦染み付いた贅沢は、変えられない。いや、ローンや借金返済、子供の養育費等、固定費はどちらかというと増えるケースが多いのに、給料の上昇は鈍い。それどころか、下がるケースも多く、中には、会社が潰れて失業するケースも多い。これでは、溺れる国民は藁のような○○を選択したくなるのも頷ける。

 確かに、バックグラウンドは良くないが、だからといって、赤字を増やして良い事にはならない。国は、日本の競争力が落ちている事や、超高齢化社会で経費がかかる社会である事、国の赤字が、非常に積み重なっている事を、国民に良く説明し、予算の少ない小さな政府になり、かつ、必要な資金を世代間で不公平感のない税金で賄えるよう努力すべきであるのに、実際には・・・。

 どうなっちゃうのか。この日本。このままでは、折角子育て支援で育てられる子供達が、重税を負う羽目になりそうだ。ひょっとすると、国は民間側に、国債の債権放棄を頼んだりして・・・。インフレは、ありそうで無さそうだ。モノの価格は、市場で決まってしまい、よっぽど購買力が出て、金余りに成らないと起きにくそうだ・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年10月31日(土) 07:55    題名: 日経 引用

 私の予想に反して、下落傾向になってしまった。10/5〜10/26までは上げていた。業績期待から上げていたのだろう。電機8社のうち7社が第二四半期は黒字化してきたらしい。しかし、中間決算は結局ほとんど赤字。この辺の事実が、株価が上抜けない原因のようだ。

 日興コーディアルのアナリストによれば(NHKニュース)、景気の本格回復は、来年度、あるいは再来年度までかかりそうだという。

 週末のNYは、大幅下落。景気の先行き不透明感から売りが出たという。
 日経のチャート月足を見ると、08.10〜09.3に付けた7000円という底値を、再び試すのか、あるいは、12ヶ月移動平均の9200円前後まで下げて反発する、といった可能性が考えられるが、よく分からない。もし、7000前後まで下げる局面があれば、買いと思われる。私は趣味でデイトレをしていますが、証券アナリストではないので、あまりアテにしないで下され。

 
 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年10月28日(水) 06:25    題名: 中間決算発表 引用

 そろそろ中間決算のピークのようだ。日経平均は来週中にピークを迎えるかもしれない。なんとなく、回復基調にあるようだが、タクシーから見た巷の景況感は最悪である。企業の売り上げの上下動に対して、巷の景況感は、遅れて反応するのだろう。
 
 東芝やホンダといった、元々、競争力や体質の強い企業は、黒字化したり予想外の好材料(ホンダ10.3連結で営業利益を予想の2.7倍に上方修正。中間そのものは7〜8割減)を出し始めている。

 しかし、目先の株価はともかく、巷の景況感は暫く底這いするかもしれない。以前のレベルへの回復は、米の過剰消費が崩壊した現状では、とても期待しづらい。せいぜい黒字を達成できれば良いのではないか。

 メーカーでは、これまで、かなりの派遣切や、地方の工場閉鎖を行ってきたのだろうが、一度閉鎖された工場は、おいそれとは再開しない。与党は、マニュフェスト実行の財源確保のため、公共事業を徹底して絞っている為、地方経済は、最悪だろう。

 政権交代の為、公共事業からヒト(子供、年寄り、母子家庭)へバラマキの対象がシフトしつつある。子供手当てだけで年間5.3兆円もの費用が掛かる為か、予算の概算要求が95兆、へたすると98兆にも膨らんでいるらしい。前年自民実績で88兆だったらしいが、ただでさえ、税収が落ち込みが予想されているのに、狂気の数字である。

 あまりに現実離れした政治に呆れて、投稿意欲も薄れてきつつある。国民は、ヒトへの大金のバラマキに、一方で喜び、他方で憂う、といった精神分裂的状況となりそうだ。子供のいる家庭には」恩恵だが、一方で配偶者控除や扶養控除はカット。子供のいない家庭との不公平感は強い・・・。

 結局、足りない財源は、赤字国債に頼るのだろう。税収不足で、かなりの増発になるのではないか?そして、積み上がった赤字を解消する為、数年後に大幅な消費税の引き上げ、というシナリオになりそうだ。結局、お金はただでは貰えない。今のうちに、消費税の大幅引き上げの準備を、精神的にも経済的にも始めた方が良いだろう。
 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年10月04日(日) 02:15    題名: 経済成長率(訂正版) 引用

 OECDは、日本のGDP成長率は、09年度は−6.0%、10年度は0.9%と予想した。IMFはそれぞれ−5.4%、1.7%と予想している。

 07年度の日本のGDPは名目515兆円実質561兆円だった。GDPデフレーターは−0.8。
 
 GDPデフレーターがマイナスだとデフレ、プラスだとインフレであるらしい。名目GDPは市場価格による見たままの数字。実質GDPは、物価変動の影響を補正したものらしい。

 マイナス5〜6%という数字はけっこうな数字だが、来年度は低成長ながらプラスに転じるという。

 日本の名目GDPは、’77年に100を越えている。’80にいきなり240に。’89に400.’96にはついに500達成。(08は、ちょっと統計局のホームページ等につながらず、データが見つからない。)
 
 07年世界2位、世界に占める割合9%という大きい経済である。一人当たりはOECD中18位。

 米国の過剰消費体質に便乗し、伸びてきた日本だったが、ついに米国も体質改善の時期となった。米国、その他の消費の減退が、日本の経済規模を5〜6%押し下げてしまうようだ。しかし、来年度は前述のようにプラスに転じると予想されている。

 一方、国際収支統計では、所得収支が月1兆円程度の黒字。貿易収支も、輸出は落ちても、輸入も落ちている為、月数千億の黒字になって来ている。円高や、原油価格の平準化が寄与しているらしい。

 国全体では非常に強い経済体質を持っているようだが、民間メーカーで赤字が多いため、巷では超不景気風が吹いてしまっている・・・。実際には、国には、毎月1兆円以上の富が入ってくる。国内に滞留している富は増える一方なのに、一般大衆には金が回って来ない。

 本来なら、民間企業が黒字化するまで(せいぜい1〜2年?)公共事業をバンバン打つべきなのだろうが、与党は、国民には金を落とす気はないようだ。政権交代の為の選挙時用戦略的マニュフェストを実行中だが、財源も無いのに、一部手当てを増額するため、別手当てや、公共事業を停止してしまうなどという、極端な政策に走っている(ほとんど○○的)。なによりリーマンショックの手当てを、全くしない無責任政府となってしまっている。ほとんど○○○である・・。本来なら、こういう裕福な国では、税を広く薄く徴収し、社会のパラダイム変革時のショックの手当て(公共事業)や、弱者保護の為に使用するのが、本筋であると思うがいかがなものだろうか・・・?

 一般大衆は破滅する人も多そうだ。政冶はあてにならない。
超不況時の現在でも、黒字の素晴らしい国、日本。それなのに、金融ショックによる不況への手当てがほとんどできない不幸が罷り通っている・・。ああ、無情の世界である・・・。

 米日も、過剰消費体質の是正、質素堅実、質実剛健な気風が求めらてきたようだ。新たな時代の幕開けなのだろうが、日本は支援も薄く、大きな痛みも伴いそうだ・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年9月27日(日) 23:47    題名: 家電各社の将来予想 引用

 久しぶりに、会社四季報(秋版)で調べてみた。小生は最近、株はデイトレしかしない為、肝心の決算予想を、風説や感覚で語っていた部分があった。反省・・・。

   会社名    会10.3予     10.3予    11.3予
    日立     -2700        -2600    +200
    東芝      -500         -700     +450
     三菱      -200        -200  +200
     NEC +100 -300 +130
     富士通    +950        +950 +620 
     パナ     -1950   -1950 +1300
      シャープ   +30 +30 +310
     ソニー    -1200     -800 +1500
     パイオニア -830 -800 +5

一応、来年度(再来年3月決算)は、各社黒字化するようだ。思った程、悪くないように見えるが、各社合理化しての結果予想で、合理化の痛みは避けられないのだろう・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年9月23日(水) 17:39    題名: 民主党の方針 引用

 2ch ダメ板 「一生フリーターでだめなのか?31」より抜粋

107 :名無しさん@毎日が日曜日:2009/08/29(土) 01:47:41 ID:FxXDHQlw
フリーターでもいいが、民主になると餓死決定

22 :名無し:2009/08/28(金) 13:16:33 ID:lJIHryvs
●自動車税 一台につき年5万円増税  (2003年管氏の高速無料化案での試算) 
●ガソリン代170円/L 値上げ★ により現在の二倍以上に。(CO2削減用設備技術をガソリン代に乗せる)
●エコカー減税廃止
●環境税 光熱費と合わせてCO2 25%マイナスだと1世帯あたり年36万円の負担増
(GDP3.2%減により所得は年間22万円減り 光熱費負担は年14万円増える為)
なおかつ 全ての家を断熱性が高いエコハウスとし、9割に工事費込みで100万円前後のエコキュート
太陽光発電や高効率給湯器の導入義務付け、次世代自動車以外の購入禁止で達成できる数値。
    (自民党案では環境税は年7,7万)
●固定資産税 5万円増税
●所得税    5万円増税
●地方税    5万円増税
●株取引におけるキャピタルゲイン課税  増税または総合課税に変更
●配偶者控除廃止   〇次年度よりこれらの控除が廃止
●扶養控除廃止   (子供手当て・初年度は13000円…外国人未入籍児含む)
   …この二つにより子育て世代含め 2000万世帯に増税
●住宅ローン減税廃止
●介護保険料  増税
●健康保険料 10〜20%増税
●たばこ税
●酒税(度数により発泡酒ワインウイスキー値上げ)
●エコポイント廃止
●★四年後じゃなく2,3年後からでも!★★★
 年金保険料  (上乗せ年金用) 職種に限らず(自営パートバイト派遣その他も)収入の15%徴収 !
★会社員だけ労使折半は火消しの嘘か?★  
  給与以外にFXや株式での収入、配当や利息収入家賃収入等があれば合計した収入の15%徴収。
    ※ 税金と社会保険料金一体化して番号制 にするので税金と同じように滞納の罪は重くなります   
●消費税 4年後10〜15%増税 (基礎年金用) 年金未払い未加入の無年金の人に基礎一律七万円支給

 以上が国民の大多数の皆さんが投票した民主党の目標らしい。増税路線だから、逆に小生も、財政が健全化されそうで、支持したくなってきた。子育て支援の一方で、配偶者控除や扶養控除のカット。一夫婦1人しかいない夫婦では完全に増税。子供複数でも、長期的には赤字かも。さすが、頭の切れるやつらは違う。表面、甘い言葉で票を誘い、裏で総合的には徹底控除カット。選挙戦略には長けていたが、果たして、国民の支持をどこまで受けられるか。小生は増税路線だから逆にファンになってきたが、大多数の国民は、加速する不況の中で、離れていく事だろう・・・。ま、国の財政を健全化するには、この位の○○的戦術を使わないと無理だったろう?いや、自公で消費税増税でソフト・ランディングできたろうに・・。これではハード・ランディングですな・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年9月16日(水) 08:24    題名: 企業の再編 その後の政治の役割 引用

 先日深夜、某大手メーカーに勤務するお客と会話する機会を得た。彼により小生も、電気各社の凋落ぶりを再確認する事となった。某社など従来得意分野だった白物家電を売却する事も有り得るという。また、他大手でも、資金繰りが苦しく、社長が倒産の危機さえある、とコメントしたという。

 海外での日本メーカーのブランド力も弱まり、まともに相手にされるのは、三社程度、むしろサムスンが強いらしい。

 ビール業界や、ドラッグストア、コンビニ業界も提携の話が目立つ。家電も統合され、企業数が減る事が予想される。そして、その都度、合理化が行われ、地方工場等の雇用が失われる危険がある。中高年は現在、超再就職難となっており、労働者の一部に激痛が走る事が予想される。

 政府には、雇用のセーフティ・ネットの拡充を望みたいところだが、結局、自由主義経済では、難しいところだ。現在、政府は、従来、失業者の受け皿とされて来たタクシー業界においても大規模な減車に動いており、ここでも雇用の増加は期待しにくい。

 むしろ、公共事業の削減により、建設従事者の削減の方向性で、何もしない、何もできない、無能な小さな政府となりかかっている。
 確かに、子供手当ての充実等は、良いかもしれないが、消費税もアップしない、石油税も廃止、高速も無料にしたいらしく、全く財源が無くなる。従って、全体的には、困った分野に、まったく支援(出資)出来ない無責任政党となり、民間企業・民間人で勝手にやっってくれ式の、まさしく自由主義経済になりそうだ。

 日本全体の経済規模は小さくなっても、その分、不景気で輸入も減るため、貿易黒字は確保できる経済構造ではある。また、金利や配当収入が馬鹿にならず、こちらは、現在、貿易黒字の2倍以上の収入がありそうだ。従って、日本経済は、再編によってでも、メーカーが残ってくれれば、黒字国を継続できる。問題は、政府による富の再分配だろう。

 一方、再編時の痛みを和らげる力は政府には無い。地方の建設従事者に仕事も与えず、結果、内需確保も兼ねた富の再分配施策もおろそかになる。子育て支援だけでは、不十分だろう。

 結局、税収を確保せず、今までと違った事(子育て支援の増額、基礎年金最低受給額のアップ等)をするには、従来分野の切捨てで資金を賄うしか無い。政党の政権交代の為の詭弁に騙されて後悔する者が、いや、後悔先に立たないところまで、追い詰められる国民が続出するのではないか?
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年9月02日(水) 11:06    題名: 一から出直しの日本 引用

 選挙後8/31の日経平均は、出だし35分は、政権交代のご祝儀からか、上昇。しかし、その後、前日を若干下回るレベルまで下落。今後の株価は、業績に比例する事になるのだろう。が、先行きは不透明だ。

 民主党は、今まで政権を執った事が無い為、今後は手探りの状況が続くだろう。まずマニュフェストありき、の姿勢で始めるのだろうが、まず予算や、また、具体的な施行方法の細かいところの詰めで、国民に不公平感が発生する事も有り得る。収入の高い家庭は子供手当てがもらえない可能性等・・・。
 
 何より小生が危惧している事は、無駄を廃し過ぎて、公共事業が激減し、地方経済が壊滅してくる点だ。今のように、メーカーが超不景気の時は、若干無駄な部分があろうとも、むしろ公共事業を増やす方が正攻法に思える。
 
 多分、民主党若手議員の人達は、自らの政策により、さらに苦しむ事になる国民を見て、政治の難しさを痛感する事になるだろう。景気の遅行指数としての失業率の増加、自殺者の増加、地方経済の凋落などなど・・。
 しかし、仕方のない事だ。国民自らが選んだ議員達。政治的にも新時代ではある。しかし、未熟者の集団ゆえ、最初は、経済全体のバランスを崩し、各方面で改革の激痛が発生するだろう。場合によれば、自公与党であったら、なんとか生き延びれた人々が生存できない危険もある。
 ニューフェイスゆえ、出だしはむしろ低レベルな政治となり、経済の混迷と相俟って、国は阿鼻叫喚の地獄になる危険もある・・・。

 一方、民間メーカーは、社会問題の方でも触れたが、新型電気自動車や原子力など、日本の強い面を、世界、特に中国に買ってもらいたいところだろう。従来の米国特需はもう期待できない。
 彼らは、金融テクノロジー、国家戦略により、マネーにレバレッジを掛け、その増大分で贅沢をしてきたのだ。不動産バブル、レバレッジ経済も破綻し、彼らも、これからは、そうバカもやれず、自国の財政やメーカー保護に目が向いて来た。ある意味、大人になったのだろう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年8月03日(月) 00:20    題名: 巷の雰囲気 引用

 良くないですなあ。昨日の仕事では、給料後の土曜の晩というのに、都内の人の出は非常に悪い。遊びに出ている人達も、帰宅する際、ほとんど、深夜割増料金の時間帯には、タクシーを利用しない。
 
 なんでだろう、と思っていたら、失業率(6月)がさらに悪化しているらしいですね(5.4%、0.2ポイントアップ。男5.7%女5.0)。就業者数6300万人(−151万人)。17ヶ月連続の減少。完全失業者数348万人(1年前比83万人増。一ヶ月平均約7万人の増加)。8ヶ月連続の増加。これだけの人数が失業しており、かつ増加が止まらない厳しい状況のようです。これでは・・・。

 景気の底打ちが言われる最近ですが、以前との落差は激しく、その分、余剰人員が増えて来てしまっている。

 我々のような歩合給の人間は、収入が減る事で調整され、雇用も維持されやすいし、会社そのものも維持されやすい。しかし、世間一般の会社では、会社全体の売り上げが下落しても、従業員の固定給の出費は変わらないシステムなので、人を切るか、あるいは、会社自体が解散の危機にさらされやすい。

 現在のような厳しい状況では、企業も個人も、その強さや柔軟性といった適応力が問われそう。とは言うものの、なかなか新たな事もできないし・・・

 社会全体がワークシェアリングに傾けばいい、と思っても、個人の生活費は固定されているケースが多いので、適用も難しいのでしょう・・・。各自で努力するしか無いのでしょう。
 
 それでも駄目なら、個人、法人とも国の保障や補助金を当てにする事になるのでしょう。

 が、その原資は、別枠で国民・企業が税金として払わないと赤字が拡大してしまう。現在、国は企業や個人に、請われればなるべく資金を出している。それなのに、消費税等の税を払うのは嫌だ、では、財政は成り立たない。ヤバイですね。また赤字が積み重なりやすいパターンになっている。国民は国に、資金援助ばかり要求する割りには、税金を払うのは渋る。

 話は変わりますが、とりあえず、日本が財政破綻しない理由は、結局、国の借金分、国民サイドに金があるから、全体ではマイナスがないせいでしょう。天皇の資産は知りません。あっても計算上は別枠でしょう。日本の財政問題は、国内での金の分布のイビツさの問題なのでしょう。しかし、これからは、不況で国の出費も嵩むわりには、国民が増税を渋り、その歪さがさらに助長される厳しい時代になりそうです。あまり国の赤字を重ねてしまうと、国民はいつかシッペ返しを食らうかもしれません。予算はでないし、インフレになるかもしれない。
 最近は貯蓄率が低下しており、各家計の脆弱さも気になるところです。

 日米は変わりましたね。アメリカンドリームの崩壊。実体経済が弱いのに、金融テクノロジーで脚色してきた思惑経済。それに付け込み、依存してきた日本経済も崩壊。当面、地味な下積み時代を送るしかないのでしょう。

 今回の不況は、輸出大国である日本に大打撃を加えました。物質大量生産の限界も感じさせてくれた。世界は大競争時代に入っており、日本が一人勝ちをしたり、過去の米のように、日本車を一国で大量に買ってくれる幸福は、期待しにくい。

 一方で、国の財政は逼迫するばかり。この辺で、仕事面、納税面で、貪欲さにブレーキを掛け、人間として良識を持たないと、まずい方向に進みかねない。

 世界は多極化、大競争、人余り?の新時代。(国)、企業、国民が新しい価値感を持たないと難しいかもしれません。

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年8月01日(土) 07:04    題名: 株価 御参考 引用

 NIKKEI NETによれば、東証一部の純資産倍率(ただし前期基準)は1.23、予想株価収益率は37.25となっている。まあ、そこそこの株価だろう。

 現在、第一四半期の決算報告の時期で、日経は、経済の底打ち感から、若干上げて来ている。ホンダやトヨタが期初予想より上方修正をしている。国内で、ハイブリッド車へのテコ入れ効果が大きい。

 小生の使っている証券会社のチャートによれば、MA(25日)が9712円となっている・・・。まあ、株価は波を打つものです。

 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年7月25日(土) 10:04    題名: 日本の実力 引用

 6月の貿易黒字が前年同月比4.9倍の5080億をマークしたらしい。

 輸出は、同−35.7%と振るわない。4兆6000億。自動車−50.8%鉄鋼−38.7%。ただし、下げ幅は5月の−40.9%から縮小しているという。(ヤフーニュース、フジサンケイニュースより引用)

 一方、輸入額は、円高や資源価格の安定から、−41.9%。4兆920億。

 難しい数理はよくわからないが、国際収支において、ビルトイン・スタビライザー機能が発現しているかのようだ・・・。

 一方、日本には、所得収支として、外国から国内に入ってくる収入(労働報酬や外国金融商品に付く金利や配当金)が毎月1兆円前後ある。これも金利低下から若干減少傾向があるが、輸出の落ち込みにくらべると、かなり安定した収入となっている。

 このように、日本はこれだけの不況の中でも、国際収支が黒字になりやすい、稀有な国である。どおりで、円高に振れ易いわけだ。

 ただし、今年「上半期」の貿易収支は、前年同期比−99.7%、83億という下がり振り。不況も底打ちしてきたようだが、最低なのは否めない。

 過去、贅沢志向の人達で、住宅ローンなどの借金が重く、かつ収入が激減している人は地獄の時代である。中小企業等で、設備投資の借金がまだあるのに、パフォーマンスが激落の法人も。そのようなケースも多いのだろうが、マクロ経済的には、黒字を出して行けているのが、日本なのだ。

 輸出激減、輸入も激減の新しい日本経済。今、そんな新しい時代に幸福に生きる、新しい価値観を形成すべき時なのかもしれない。物質的豊かさは、そこそこに、精神的幸福を追求すべき時が到来しつつあるのだろうか・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年7月22日(水) 22:37    題名: 消費税 公共事業 引用

 民主党は、マニュフェストとして、政権を獲った場合、4年は消費税を上げないという。
 また、公共事業などに、無駄?に税金を使用せず、別の社会保障に当てるという。
 
 民主党の意見は、一見、国民に優しいように見えるが、矛盾だらけに思える。まず、公共事業を全面的に無駄扱いするところに詭弁を感じる。公共事業は、昔エジプトのピラミッド建設もそうであったように、本来、富の再分配として必要欠くべかざる重要な意義がある。それを全面的に否定し、徹底してカットすることは、地方の人に死んでくれ、と言っている事に等しく感じる。比較的税収の多い都会の金を、地方に分配する重要な機能があったはずだ。以前は、ちとやりすぎの感があったが、結局、有る程度無駄があっても、アクションを取らないと、富は再分配されない。
 民主党を選んで、公共事業が極端に削減された場合、地方経済は、さらなる地獄が待っている事は、想像に難くない。地方はゴースト・タウン化が加速され、壊滅的打撃を受けるだろう。

 また消費税についてだが、導入を「先送り」する手法は、昔、バブル崩壊時に、銀行?や各法人が行った債務の「飛ばし」行為と、全く同じに思える。

 民主党は政治改革を謳うものの、マニュフェストは10年以上前と同様の、日本人の悪癖、「先送り」政策を行おうとしている。

 確かに、今は、米国および世界が経済破綻し、日本向け消費が大幅に減少し、未曾有の経済危機となっている。それにより、国の法人税収入が激減し、国の台所は非常に苦しい。法人税収が上がらない今、消費税の重要度は、むしろ上がっている。そんな状況にもかかわらず、あえて4年という長期間、消費税を上げないという、選挙時だけの人気取り政策には疑問を感じる。

 今、日本は人口減少社会に入り掛かっており、赤字を先送りしていては、子孫に対する税負担もまた、加速度的に増加する危険がある。団塊の世代もいつか、いきなり消滅し、日本の人口減少は手が付けられなくなるかもしれない。人口が激減してから、消費税をアップさせては、赤字補填が非常に難しくなる。まだ、人口の多い、今のうちから赤字を返すようにしないと間に合わない。また、元々、国の赤字は、現代の中高年世代の時代に積み重なったものだ。

 日本国の赤字の意味が、よくわからない人がいると思う。日本国の赤字は、古くは、公共事業のやりすぎによる使い込みが指摘されたが、今は改善されている。むしろ最近では、超高齢化社会による社会保障費の増加によるところが大きい。

 年金や社会保障費を貰うだけ貰って、金は払いたくない、というのは、まさしく詐欺やペテン師、卑怯者の思考である。まして、過去に国にたかるだけたかったあげくの、国の借金は、実は国の責任だけでなく、国民自身の責任なのだ。自分達のこさえた国の借金は、自分達の生きているうちに返すのが筋である。

 しかし、この不況時に、一刻も早く消費税の導入を・・、とは、なかなか言いにくい。とはいえ、4年はしない、などと、よく恥ずかしくも無く言えるな、というのが、私の感想である。数パーセント程度の上昇なら、高すぎる日本の商品の質を若干下げたり、各家庭でのやりくりで、十分対応できると思う。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年7月05日(日) 05:16    題名: 株価 引用

 武者さんの意見(本家管理人掲示板中のリンク)も一理あるけど(ちょっとみて止めた)、管理人さんの指摘(米中小銀行の破綻や加州のデフォルトリスク)も事実なんでしょうね。
 武者さんについても、以前から賛否両論がついて回っています。楽観、悲観が一緒くたになってるのが実際の社会なのでしょう。現物株長期保有で資産運用を目指す人には、楽観論が受け入れられやすそう。デイトレ的には、どちらでも良いのだけど、一般的にはやはり上げて欲しい。本業にプラスですから。

 しかし、小生の本業の売り上げの落ち込みも半端ではありません。嫁も逃げた事だし、今日安いアパートの物色に行く予定です。そこが決まれば、また、貯蓄に精を出し、頑張るつもりです。デイトレのノウハウも集積中。東京には、異性や仲間、敵を含め、人的資源が豊富なため、撤退しないで頑張るつもりです。
  
 しかし、タクシーも不思議なもので、うまい人は不況でもけっこうやってくるのです。一方僕は、ここ1〜2ヶ月でガタ落ち状態。7月給料なんて歩合が付かなそうなくらい。嫁逃げで4〜5万以上節約、引越しで4万節約の予定ですが、それでもカツカツなくらい。8万以上節約で、それなんて以前では信じられません。
 今までいかに恵まれていたか、わかります。アメリカさん、アリガトー!過去数十年、私達は幸せでしたー。キャンディズも最高ー・・・。

 日経も競りあがってきましたが、不安要素もあります。某メーカーなんてPER激高だし、無理して出した黒字予想が、後期がこのまま不況なら、通年再赤字を付けそう。そうなると、再び株価が半分位に落ちそう。来年3月(あるいは年末?)は、最悪の場合、そこまで予想している小生です。尤も、日経主力銘柄でも黒字の会社も多いのでしょうから、日経は下げても7000前後かもしれません。個別では半分になってしまう危険のある銘柄も有る、という事です。株はそこまで危険なものでもあるので、安易に手を出すのは危険です。最低でも、四季報や、PER,PBR、チャートを調べてから投資しないと・・・。

 証券系コメンテーターの言葉なんて、小生あまりアテにしません。彼らは商売、投資家が金を出せば、業界が儲かるので、いろいろ宣伝を兼ねて言っているだけですし、市場の変化は早い。自分で判断します。尤も現在はデイトレしかしないので、どっちでも良いのですが。
 
 マネックスの投資信託がおもしろいのありますね。システムトレード、株ロボ?だっけ。私は自己で実験・研究するのが楽しいので、やりませんが。いずれにせよ、あまり、入れ込まないのが良いのでしょう。お金は堅く運用しないと・・・。しろうとは、株も小額に抑える事です。元本確定物なら大目でも良いのでしょうが。

 この不況、当面続くのでしょうね。日本の最近のドル箱の自動車は没。電機関係も以前から没。米は再生しても、以前のような、日本車の大量購入は考えにくい。中国の進化は、早いけど、緩やか。4〜5年は×ですかね?とりあえず、黒字化を目指して、徐々に行く感じですか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年7月05日(日) 05:15    題名: 株価 引用

 武者さんの意見(本家管理人掲示板中のリンク)も一理あるけど(ちょっとみて止めた)、管理人さんの指摘(米中小銀行の破綻や加州のデフォルトリスク)も事実なんでしょうね。
 武者さんについても、以前から賛否両論がついて回っています。楽観、悲観が一緒くたになってるのが実際の社会なのでしょう。現物株長期保有で資産運用を目指す人には、楽観論が受け入れられやすそう。デイトレ的には、どちらでも良いのだけど、一般的にはやはり上げて欲しい。本業にプラスですから。

 しかし、小生の本業の売り上げの落ち込みも半端ではありません。嫁も逃げた事だし、今日安いアパートの物色に行く予定です。そこが決まれば、また、貯蓄に精を出し、頑張るつもりです。デイトレのノウハウも集積中。東京には、異性や仲間、敵を含め、人的資源が豊富なため、撤退しないで頑張るつもりです。
  
 しかし、タクシーも不思議なもので、うまい人は不況でもけっこうやってくるのです。一方僕は、ここ1〜2ヶ月でガタ落ち状態。7月給料なんて歩合が付かなそうなくらい。嫁逃げで4〜5万以上節約、引越しで4万節約の予定ですが、それでもカツカツなくらい。8万以上節約で、それなんて以前では信じられません。
 今までいかに恵まれていたか、わかります。アメリカさん、アリガトー!過去数十年、私達は幸せでしたー。キャンディズも最高ー・・・。

 日経も競りあがってきましたが、不安要素もあります。某メーカーなんてPER激高だし、無理して出した黒字予想が、後期がこのまま不況なら、通年再赤字を付けそう。そうなると、再び株価が半分位に落ちそう。来年3月(あるいは年末?)は、最悪の場合、そこまで予想している小生です。尤も、日経主力銘柄でも黒字の会社も多いのでしょうから、日経は下げても7000前後かもしれません。個別では半分になってしまう危険のある銘柄も有る、という事です。株はそこまで危険なものでもあるので、安易に手を出すのは危険です。最低でも、四季報や、PER,PBR、チャートを調べてから投資しないと・・・。

 証券系コメンテーターの言葉なんて、小生あまりアテにしません。彼らは商売、投資家が金を出せば、業界が儲かるので、いろいろ宣伝を兼ねて言っているだけですし、市場の変化は早い。自分で判断します。尤も現在はデイトレしかしないので、どっちでも良いのですが。
 
 マネックスの投資信託がおもしろいのありますね。システムトレード、株ロボ?だっけ。私は自己で実験・研究するのが楽しいので、やりませんが。いずれにせよ、あまり、入れ込まないのが良いのでしょう。お金は堅く運用しないと・・・。しろうとは、株も小額に抑える事です。元本確定物なら大目でも良いのでしょうが。

 この不況、当面続くのでしょうね。日本の最近のドル箱の自動車は没。電機関係も以前から没。米は再生しても、以前のような、日本車の大量購入は考えにくい。中国の進化は、早いけど、緩やか。4〜5年は×ですかね?とりあえず、黒字化を目指して、徐々に行く感じですか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年6月19日(金) 00:48    題名: SDR 引用

先日、IMF(国際通貨基金、欧州支配力強し、所在地ワシントン)が資金調達の為、債券を発行する事に決めた。中国やロシアがなんぼか購入するらしい。その債券がSDR建てらしい。SDRは、ユーロ、ポンド、円、米ドルを加重平均した通貨バスケットらしい。
 中国やロシアは今後、SDRを世界通貨にしたい意向。
 世界金融危機でIMFの役割が重要視されてきた最近。以前は、若干世界から軽視されていたらしい。ただ、ドル主体の世界経済が、いきなり共通通貨にシフトするとは考えにくい。徐々に進むのだろう。
 米金融大手10社は早くも公的資金を完済した模様。超早い。国の財政も、真面目なオバマ大統領が前向きに対処してくれるだろう。米自動車産業の再生に頑張られてしまうと、日本が儲からなくなるが、いた仕方ないのだろう・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年6月04日(木) 01:00    題名: 日本 自動車バブルの崩壊 引用

 日本は従来、輸出産業で利益を出してきた国である。古くは生糸や茶、最近では、自動車、電子、化学製品のシェアが大きかった。(社会実情データ図録、貿易4750より)

 しかし、電子は1995年をピーク(16%)に失速。2007年には10%に下落、現在大手家電各社や、半導体メーカー(エルピーダメモリ、旧ルネサステクノロジー等)は赤字が多い。
 そして、頼みの綱の自動車も、4月の輸出量は、前年同月比−64.7% (JAMAニュースリリースより) である。過去5年平均比では、50% (1〜4月。44〜53%。北辰物産・波動展望より) 前後にまで落ちてしまっている。

 最近のピークからの下落、下落の規模、性急さから、これはバブル崩壊と言っても良いと思えてきた。

 過去の日本の繁栄は、最近では、米国の車の大量消費に依存していた。1995年頃は電子も好調だった。今回の米バブル崩壊前でも、既に電子関係は大競争で利益が出にくくなっていた。電子関係は95年をピークに、ゆるやかにバブルが崩壊しつつあったのだろう。道理で、日本経済が絶頂期のような高揚感を失っていたわけだ。健闘していたのは、車と化学(07年シェアそれぞれ約17,9%)だったが、ついに車も失速・・・。

 今後、米の金融の回復、経済の回復が進んでも、過去のような日本車の大量消費は望みにくいだろう。米国はGM、クライスラーを国有化し、それらをバックアップする為、国内生産のエコカーにしか補助金を出さない為、日本からの輸出はブロックされやすい。保護貿易的動きが強く、過去のように野放図に輸出車を買ってもらえる事は難しい。GMやクライスラーの国有化がはっきりした今後、日本メーカーが米メーカーとどういう関係に進化するのか、また、保護主義的となった米市場で、どう日本車を売っていくのか、興味深いテーマである。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年6月01日(月) 15:47    題名: 重要なパラメーター 引用

 日本にとって、一番重要な経済パラメーターは、やはり円ドルレートかもしれない。米の経済が強くなれば、自ずと為替もドル高円安に振れてくる。そして、外貨が強ければ、日本製品は割安になり、売れやすくなる。
 最近は1ドル95円近辺の円高を演じている。米の経済が回復するに連れ、円安に振れると考えられるが、相場は意地悪なので、その前にもう一度、円高(ダブル・ピーク)に成る事もあり得る。

 もうひとつ、米の失業率も気になるところだ。景気が上向けば、失業率も下落するだろうし、米の購買力も上昇する。私は、米の失業率と円ドルレートの二つに注目していこうと思っている。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月30日(土) 01:33    題名: 為替レート GM 引用

 米国が国債増刷で、ドルの価値が下がる(ドル安)という意見があるが、実のところ、日本も国の借金が多く、非常に似た立場にある。その為、円ドルレートは、そう変化はないと考えられる。むしろ、今後、米が着実なリストラを行うにつれて、円安ドル高方向に向かうと予想している。目先では、1円程度の値幅で上下動している現在である。

 あとGMなのだが、よく考えると、世界最大クラスのメーカーであったのにも関わらず、米バブル崩壊以前から赤字だったかと思う。どうやら、やはり、従業員(とくにOB)の福利厚生(年金・医療)が厚すぎ、債務超過に陥っていたようだ。管理職も含めて従業員全員が、会社を貪り尽くしてきた感じだ。 
 どうやら、投資銀行のみならず、メーカーでも米国人の無軌道な貪欲さが発揮されていた様だ。それは日本人も同じかもしれない。米日は、この無軌道さを是正していかないと、まともな国家運営がままならないだろう。米国はオバマ政権のもと、着々とリストラを進めているようだ。
 
 会社を必要以上に利用してきた背景として、米の社会保障の薄さが考えられる。米は、今後その辺の改善も考慮すべきかもしれない・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月28日(木) 04:37    題名: 今後 引用

 25日付けのニュースによれば、トヨタさんも今後、GMの要請があれば、ハイブリッド関係の協力について、やぶさかでない旨の発表があった。私などが考える事については、当事者企業では、とうに検討済みだったのだろう。しかし、具体的動きは、GMの処理手法が明確にならないと始まらない。どうやら、破産処理に入る確率が高いようだ。
 
 米国は、自国の立て直しに忙しく、今後、貿易・安全面で、日本に対して、過去のような優遇措置を取るユトリがなさそうだ。アタリ氏の言うように内向きになり、日本も米国の優待の無い世界で、新しい生き方を模索せねばならない。

 日本は今後、しばらくは厳しい戦いを強いられそうである。前回触れた通り、パソコン販売も大した事無いし、半導体メモリーも過当競争で利益が出にくい。ドル箱の自動車も、米国依存性が高く(’07約34%:思った程北米への依存度は高くなかった)、世界不況が簡単に回復するとは思われない。

 とはいうものの、、来年当たりからは徐々に回復に向かうのだろう(FRB議長が金融危機は今年いっぱいで終息すると言っていた)。アジアへの自動車輸出も多いようで(38%)、今後も期待できる市場なのだろう。

 とりあえず、各企業で黒字を目指して地道な活動を繰り広げて欲しいものである。法人・個人とも、今の最悪期を凌(しの)げれば、再び輝くのも夢ではない。

 米国は、ジャック・アタリ氏の指摘通り、国内問題解決に忙しく、保護主義的になるし、世界の警察的働きも弱まるのだろう。

 今後は、特に、若者に期待したい。世界が驚くような商品を各分野で開発し、世界の求心力を高め、活力ある日本を創生していって欲しいものである。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月23日(土) 07:13    題名: 時代は新たな平衡に向かう 引用

 その後、パソコンについて調べたところ、最近の世界シェアは
1.HP(米)2.デル(米)3.レノボ(中国:過去にIBMを買収)4.エイサー(台湾)5.東芝という状況らしい。5位にようやく日本メーカーが出てくる。この流れは、既にかなり前からのものだ。

 四月の米国における新車販売については、1.GM 2.フォード 3.トヨタとなり、トヨタが3位に転落、業界全体の販売数も前年比34.4%減と大幅に減少している。

 全体の落ち込み方が尋常でなく、トヨタにいたってはシェアも低下させている。今後、全体の販売量は改善されるのか、また日本メーカーのシェアは伸びるのか・・・。トヨタについては、目先の下落はさておいて、2010年はGMを抜いて1位になる事が予想されているらしい。しかし、結局は、シェア云々ではなく、販売台数が伸びて黒字化してくれないと話にならない。

 最近の米の失業率は8.9%と悪化している。米国経済が、ここを大底にして復活できるか、あるいは、さらに底割れがあるのかは、新たな雇用創出に掛かっているのだろう。米の自動車産業が復活し、再び工場の従業員を大量雇用できるのか。あるいは、オバマ氏の当初のビジョン通り、新たなエコ産業で雇用を創出できるのだろうか?

 クライスラーは既に破産処理に入っているようだ。GMは、とりあえず、リストラを敢行中で、政府からつなぎ資金を調達しながら持たせているらしいが、自力再生か破産処理にはいるのか不透明である。

 いずれにせよ、これらの米自動車会社は、今後、莫大な借金返済と、難しい技術開発に追われる事になる。(オバマ大統領は、先日、新燃費規制、新温室効果ガス規制法案を発表しており、米のメーカーもそれに沿った製品開発を余儀なくされる。)

 目標としては、)[瓩鬟リアするエンジンが開発できて、△気蕕砲修譴鯏觝椶靴深屬売れて、政府からの借金を返せる位、経営を安定させる事だろう。

 しかし、そこに日本メーカーとの熾烈な競争が存在する事が問題である。米国は、中長期的目標として、エコ産業への創生と産業構造のシフトを揚げているのだろうが、やはり、手っ取り早いのは自動車という既存産業の再生である。

 実のところ、現在、日本にとっても、米国経済の目先の鍵を握る、米自動車メーカーの興亡が最重要ではないかと思われる。米メーカーが、好燃費で売れる車を開発できないと、目先の米国経済は、益々落ち込み、米での新車販売数は上昇できないだろう。日本にとっては、シェアで勝っても、以前のように量が出ないのでは、全く意味が無い。

 米メーカーは、多大な借金でようやく維持している状況であり、技術開発においても、特に良い話は聞かない。市場で競争力のある車を作れないならば、いっその事、日本メーカーのエンジンを積む方法もあると思う。そうすれば、日本メーカーは、エンジンを輸出できるだろう。

 現在、米国でも、エコカー助成法が発動していると思われ、これは米国内で生産した車にのみ適用される。確かトヨタでは、現地ではまだハイブリッド車の生産拠点は持っていないはずである。
 
 今後、日本メーカーは米国でハイブリッド車や、それから派生するプラグインハイブリッド車や電気自動車の生産拠点を持ち、このまま泥沼の自由競争を続けるのか?あるいは、米国メーカーと提携し、協力体制を築き、世界市場で活躍するのか、全くわからない。

 私は、泥沼の自由競争を続けるなら、米の回復は遅れ、米依存の日本経済も回復し得ないだろうと予想している。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月16日(土) 02:14    題名: 旧時代の終焉と新時代の幕開け 引用

 トヨタは、今まで好調で体力がある為か、(あるいは自信過剰、希望的観測、企業イメージ保護の為か)、とりあえず工場の閉鎖は、行わない様だが、ソニー、シャープ、三菱ふそう等の大手各社の国内工場閉鎖が決定した模様だ。

 ソニーさんは、小見川テック、浜松テック、東北のなんとかテックの3工場。シャープは有名な液晶工場の亀山第二。第一はすでに閉鎖されているらしい。今後、日本は人口減少社会の為、残りの工場で用が足りてしまうらしい。というか、現在の売り上げ低下で、持ち堪えられないというのが本音だろう。シャープさんは、一方で中国の工場を整備する模様だ。ふそうさんは九州だったか。

  現在、日本は、文字通りドル箱を失ってしまい、全産業的に大打撃を受けている。日本のここ50年位の繁栄は、米国が快く日本製品を買ってくれていた部分が大きい。今後、各製品の売り上げが、どの程度復活するのかは不透明である。

 米国の消費に関しては、当面は当てにならないように思える。特に日本経済の牽引役であった車において。

 半導体・パソコンは、既に、長らく過当競争で利益が出にくくなって来ていたが、家電メーカーでは今回の販売低迷がトドメになり、工場閉鎖を決断せざるを得ないところが出てきた。
 パソコンや、半導体メモリは引き続き、世界的にも厳しいだろう。韓国や台湾が強い。パソコンではデルやHPも強い。今や日本のパソコンメーカーで世界で通用するのは、ソニーや東芝のみらしい。

 車(最後の牙城?)のドル箱を失い、半導体メモリやパソコンも、メガ・コンペティションで振るわない、という状況が今の日本の現実である。日本製品が、全面的に世界を席捲できる時代は、ついに終了したらしい。

 堅固、磐石と思われた日本経済が、実は米国一国の、車の大量消費に依存していた、砂上の楼閣であった事が判明して来た昨今である。

 当面、日本経済は総悲観的状況が続きそうで、低下した売り上げに合わせて、余剰な設備や人員が無慈悲にリストラされる状況である。法人のみならず個人レベルでも不幸が繰り返されるだろう。個人的に破滅しても、電車に飛び込んだりせず、債務整理等、法律に任せ、家を取られても、生活の立て直しに尽力して欲しいものだ。新たな幸福が見つかるかもしれない。

 無傷な若者は、古い先輩達の屍を乗り越えてでも進むべし。過大な欲望を制御し、身の丈にあった生活を構成していって欲しいものだ。

 よく歴史を学び、人生の罠にはまらない事だ。バブルの崩壊は、古くはオランダのチュ−リップ相場からあった事らしい。経済はバブルとその崩壊を繰り返すものらしい。また人間には、巧妙に人の金を狙う敵も多い。非合法、合法合わせて。振り込め詐欺や、投資しませんか詐欺、新興企業の粉飾決算予想など。また、動物的いがみあいも多い。狡賢い奴のからみを排除するのは、まあ、目立たないのが一番だが、武道やスポーツをするのが良いかもしれない。

 人生は専門分野のスキルと、一般社会での生活技術・教養の二種が必要なのだろう。よく学び、遊ばないと・・・。

 日本は、今後、過去のような工業製品のみならず、観光やアニメや映画等の文化的作品、観光、農産物等、他の分野の製品も積極的に売っていく必要があるだろう。

 新時代でも利益の出る、新たな企業体質や経営形態の構築が急務のようだ。新時代に適応できない企業は、過去にいかに輝かしい歴史があろうとも、衰退を余儀なくされるだろう。
 新時代を切り開くのは、やはり若い者たちだろう。若者の新しい発想と、それを実現していく若さが。任せたぜ!頑張ってチョーダイ!

追記:為替レート
 現在、けっこうな円高が進行しているが、そのうち日本の不調が認識されるに連れ、なかなか円高になりにくくなると思っている。日本の利益があまりでなくなれば、逆に円安が進み、物価も上がるだろう。
 なお、紙幣増刷、金融緩和政策による通貨価値の下落については、私は懐疑的である。生活レベルが向上すると、人はカネを溜め込み、それが表に出て来なくなると考える。カネがあっても買われなければ、物価は上がらない。過去の日本の金融緩和時も、まったくと言って良い程、インフレは起きなかった。  
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月11日(月) 03:04    題名: トヨタの今後、日本の今後 引用

 私は、今後、トヨタの好不調が日本経済を大きく左右する、と考ています。当のトヨタさんは、意外と強気であり、北米で現在浮いてしまっている、タンドラ(大排気量SUV)向け工場などを一切リストラしない模様です。この工場は、地元採用の従業員がメインで、ハイブリッド車などの新機種の組み立てに必要なスキルが無いらしいのです。

 今期も大幅な赤字予想が出ているのにも関わらず、一切設備の合理化をしない方針に、私は危機感を持ち始めました。
 ライバルが危機の間に、シェアを奪ってしまおうと考えているのでしょうか。しかし、サブ問題直撃で経済が傾き、復活に向けて保護主義的政策を打ち出している米国で、過去のような売り上げやシェアが取れるか疑問です。また、世界は各分野でメガ・コンペティションが発生しており、作れば売れて儲かる、という古い考えは危険ではないでしょうか。実際、半導体関係では、エルピーダメモリやルネサス・テクノロジーといった家電各社で協力して作った会社が赤字という例があります。撤退するのは悔しい、忍びない、といった感情論では利益は出ない、厳しい環境に変化したのです。

 トヨタは、日本を代表するメーカーであり、その業績に日本経済が大きく影響されるのだから、その経営方針に、国の最先端の頭脳のコメントが必要ではないかと考えます。専門馬鹿(失礼)で、過去の成功体験から抜け出せず、長期的経済動向やマーケット動向を予測できないと、今後かなり危険です。
 そうは言っても、トヨタさんは同族会社のような会社で、個人経営的側面があり、外部の人間が強く忠言できるようなものではないのでしょう。いっそ、一度破滅してもらって、国の手に落ちた方が、長期的には良いのかも・・・。
  今年も大赤字予想で、工場のリストラもしないらしいですから、ヘタをすると来期も赤字かもしれません。

 まず、当面、いや、かなりの長期間楽観できない、と考えていた方が無難と思っています。

7:00追記
 先日、リーマンの元会長が議会に証人喚問された際、米の民衆は、Cash Greed(金の亡者)と罵りました。彼らもやりすぎましたが、大量生産品を数限りなく世界に売りつけようとす日本人も全く同じだと思います。その辺のところで、自制心を持ったり、慎重に計画しないと、再びしっぺがえしをくらうのではないでしょうか。
 持続可能で、外乱に強い経済、社会を持つための論議が国レベルで必要なのではないでしょうか。
 日本人の心に、日○正宗等の正統派宗教の考えが必要と思われます。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月08日(金) 22:18    題名: トヨタ赤字拡大 引用

 ヤバイです。今日のニュースによれば、トヨタの赤字が、従来予想より拡大している模様です。3/16頃の四季報予想では、前期決算(今年3月締め)は赤字が3500億だったのが4369億に拡大。今期決算(来年3月締め)予想は7500億から8500億に拡大した模様です。もう今年も駄目だと分かっているし、さらに赤字拡大と予想されている訳です。前期は前半があまり悪くなかった?ので赤字も4369で済んだのでしょう。が、今年は出だしから悪いので、赤字幅が膨らむのでしょう。今年がこれだけ悪いなら、来期もやばいかもしれません。トヨタなどが黒字化するには、3〜5年位掛かるのでしょうか。ホンダは二輪がアジアで好調で黒字の模様です。
 トヨタでさえ、これだけ悪いのに、日経平均は能天気に上げたりしています。多分NYダウが日本の連休中に上げたり、外資の日本株を買う力が甦ってきたせいでしょう。
 家電各社の今期予想はまだです。とりあえず、前期決算の予想を若干下方修正したりしています。問題は今期の予想です・・・。
 ジャック・アタリ氏はアメリカが正常化するには30年位掛かると言ったようです。たいへんです。世の中が一気に逆流している感じです。なんとか生き延びたいものですね。
 世界は、ひとつの時代を終えたのでしょうね。新時代の始まりです。中高年では窮地に陥る人も多いのでしょうが、若い世代はこれからです。私も気持ちだけでも若く持って頑張るつもりです。

9日朝追記
 トヨタは、米国の住宅バブル崩壊や、それが、米国の従来の繁栄の最期になるという経済学者らの予測など、全く意に介せず、拡大路線を取っていたのでしょう。今さら言っても後の祭りですが。
 目先売れるからと、長期的市場予想もせずに、驀進したのは、浅はかなのでしょう。日本人もまた、ハングリーで愚かだったわけです。また、高級車路線(利幅が大きい)も、現在ではむしろ逆効果になっています。
 長期的に生き延びるには、儲かっている時も慢心せず、冷静に市場分析できないと駄目なのでしょう。本業の知識だけでは不十分なのでしょう。エコノミストの意見も取り入れる位でないと不完全です。日本企業も、今回の痛手を参考にし、より適応力を増してほしいものです。
 
 東芝も今期赤字の模様ですが、赤字は縮小するようです(3435→500億)。実際にはどうなるかわかりませんが、トヨタよりはマシのようですね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年5月06日(水) 00:32    題名: 米国の変身 引用

 ニュースによると、オバマ氏は多国籍企業への増税や、タックスヘブンへの取り締まりを強化するという。後者のタックスヘブンの方は、脱税やマネーロンダリングの温床と成り易いので良しとしても、前者は、例えば米国に工場を持つトヨタやホンダへの締め付けになるのかもしれない。

 現在、日本の外国からの機械受注や自動車販売は、非常に落ち込んでいる。米国は輸出国日本の最大の輸出先として長年、日本をリードしてきてくれた。金融危機が去れば、その日本向け消費が幾分回復してくるのではないか、と、淡い期待を持っていたのだが、最近のニュースやテレビ解説を見ると、けっこう難しいかもしれない。

 ジャック・アタリ氏(初代欧州復興開発銀行総裁でフランスの経済学者)によれば、米国は財政赤字や主力産業の建て直し等、国内問題に忙しく、今後、とても外国の世話をする事はできないという。
 実際にオバマ氏の動きを見ても、保護主義的政策が多く、日本にとって不利なものが多い。

 この状況では、この不況は当分続きそうと言わざるを得ない。過去のような好況は当面無理だろう。ドル箱の米市場は、もはや、あてにならなくなりつつある。今後日本企業は、とりあえず黒字化を目指し、成長する世界市場で地道にシェアを伸ばす、地味な努力が必要だろう。

 個人的にも、過去の派手な消費習慣が通用しないのだろう。国内でも若者の車離れが顕著らしい。若者の雇用状況が不安定で、とても高価な車を趣味にできないらしい。また、地方に仕事が無くなり、交通インフラの整った都市部に集まり、車を所有しない者が増えているらしい。高価な車よりパソコン等の比較的安い物に趣味の対象がシフトしているともいう。また、趣味の多様化も大きいという。
 パソコンや携帯、ゲームの高度さを見ると、その魅力は、車の魅力に引けを取らず、車の趣味の代替として十分である。というか、むしろ内容がより高度かもしれない位だ。また、手軽で交通事故や違反・罰金のリスクが無い。
 ひょっとすると、趣味としての車は、先進国日本では過去のものになって来たのかもしれない。TVでのCMも虚しく感じるのは私だけだろうか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月24日(金) 07:24    題名: しぶとい日経平均 引用

 みずほの下方修正が昨日発表されたが、日経平均には、あまり影響ないかもしれない。どうも、各社、3月時点での今期決算予想を赤字減少に上方修正するケースが多そうだという。また、信用売り残が積み上がり、ゴールデン・ウイーク前に買い戻しが期待できるという。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月20日(月) 10:38    題名: 恐怖の各社赤字予想 引用

 小生は、最近株はデイトレしかしないので、会社四季報に目を通す回数が減っていたが、今日、3/16頃発行のものに目を通したところ、有名企業の大幅な赤字予想(来年3月締め分)に愕然とした。
 まずトヨタ。7500億の赤字予想。NEC900億。東芝2300億の赤字予想。どうなってんじゃ、こりゃー、と叫びたいレベルである。
 東芝と富士通は、既にワークシェアリング(休日多数)により20%程度の賃金の抑制をしているらしいが、業績の回復が無い為、ワークシェアリングを6月まで延長すると発表している。東芝は前年度の決算も、2800億の赤字から3500の赤字に修正する予定だ。今日はこれらのニュースが、事前に出ていたため、寄り付きで東芝株は暴落、見ていて情けなくなる位、売り叩かれた。小生は、30才前に東芝系某原子力研(現在は吸収されいる)に派遣されていた為、ショックも大きい。昨年までの東芝の活躍を良い気持ちで眺めていたのだが・・・。
 トヨタが今期も大幅な赤字だとすると、自動車関係の仕事が増加せず、息絶えてしまう中小企業が続出しそうだ。家電関係でも、情け容赦ない派遣切りがさらに続きそうな様相を呈して来た。日経平均は、米金融機関の復調を見て、若干買い戻されて来ていたが、今後は前期の決算発表とともに、今期の決算予想が白日の下に曝され、再度、底を見る事になりそうだ。
 電気・自動車の他に、大幅な下方修正が予想されるメガバンクが、日経下落のトリガーになるのではないかと考えている。体力のない企業は、この消耗戦で淘汰されてしまいそうだ。あまり、気にしても、仕方ないので、とりあえず今日頑張って、駄目なら対策を考えれば良いか・・・。私的には、前回の本業売り上げは、とりあえず、ボーダークリア、本日のデイトレも好調だった。デイトレは先週、マネックスとコスモ石油で大きく負けてしまった為、今後は分かりやすい時しか、勝負しない方針に切り替えた。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月17日(金) 03:01    題名: 六月以降が怖い? 引用

 株価は予想通り(社会問題の方でも少し触れていた)、有る程度、高止まりしている。米の銀行の持ち直しが寄与しているのだろう。しかし、金融と並んで、米国のネックになっている自動車産業はどうなのだろうか。計画通り再建の道を歩めるのだろうか。昨日、偶然聞いた某コメントによると、駄目なんじゃないの、的な感じもあるらしい。
 今後、最悪の事態を考えると、GMの破産なども予測しておく必要があるかもしれない。その時、一時的に、さらに大きく人心が冷え込むかもしれない。しかし、米国も自動車産業は大事な主幹産業なので、国有化してでも維持するだろう。
 場合によると、夏場にもう一越えの落ち込みを、覚悟しておいた方が良いかもしれない。
 トヨタもすでに、今年度の赤字を示唆している。これまでの拡大路線が裏目に出ており、経営を持ち直すのが大変らしい。米FRB議長は、金融危機は今年いっぱいで収束する旨を先日発言したが、逆に言えば、少なくとも今年いっぱいは駄目という事である。トヨタの決算等を考えれば、来年3月までどん底だと考えた方が良いかもしれない。
 現実社会では、株価の若干の戻しとは裏腹に最悪状態を呈しており、小生も、ここ2回の仕事で、営業車の文字放送無線システム(日立・富士通製)に電車停止のニュースが連続で入っている・・・。また、麹町でクレーンが倒れて人が下敷きになるなどの事故もあり、カタストロフィー的状況をさらに脚色してしまっている。
 一方、小生は、今まで、恵まれていたのを実感し、今後は出来るだけ仕事しよう、と新たな決意を固つつある。やれる時にやって蓄積しておかないと、この先、どれだけ落ち込むかわからないからである。
 
別件:コンビニ:本家管理人氏も触れていたが、小生も大手コンビニに対しては、別の角度から、どこか違和感を以前から感じていた。深夜アルバイトの応対の悪さである。まったく、来るんじゃねえよ的態度が嫌で、最近は深夜は99以外絶対行かないようにしている。というか、あれでは敷居を跨げない、といのが本音だ。最近はどうかわからないが・・・。多分、バイトは客が来ても来なくてもバイト料は入るので無責任な態度を取れるのだろう。
 また本部も管理しきれないのだろう。他方セブン五反田店等流行る店は、総じて従業員教育が徹底しているのも事実だ。ただし、利用者としては、その不均一さが気に入らない。どこかに、業務形態に無理があるのだろう。ネームバリューを当てにしてフランチャイズで開業する人達は、一匹狼的性質があり、また本部任せの甘えもあり、なかなか本部の指導を現場で実行出来ないのだろう。アルバイト学生の非常識さも知らないのかもしれない。
 コンビニは、本部と店主のダブル・スタンダードであり、本部が有る程度指導しても、店主の人間性や力量が現場に大きく反映してくるのだろう。本部にしても、フランチャイズ店は客であり、あまり強く言えない事もあるのだろう。その辺の、責任の曖昧さや、そこから生ずる甘えを抑え、店主自身が真剣に取り組まないと、不況下では苦しいだろう。タクシー会社も業務形態としては、似ているが、もう少し厳しいと思う。絶えず、注意・指導がある。一方で、コンビニだと、本部スーパーバイザー等とたまにしか接触せず、その点では、自由度が高い。しかし、自由だからこそ、自己の責任、力量が問われるのだ。本部が指導してくれるから、看板があるから、POSシステムがあるから、と、努力を怠れば、生きていけない厳しい世界に変貌しているのだろう。それは、もう、かなり以前からだと思う。客は、感じの悪い店など、金があっても行かないものだ。
 バイトの無教養さは、店主のやる気のなさ、至らなさの結果であり、競争の激しい場所や時期には大いにマイナスに働くだろう。尤も、どうしても駄目という時期や場所もあるのだろうが・・・。

 コンビニに代えて深夜は赤坂のオリジン弁当を利用することにしている。現代社会では、一部が使えなければ、さらに別の良い業者を探す事ができるので便利である。まあ、ここも一時、態度の悪いバイトに悩まされたが、最近は常連である。多分小生の愚痴っぷりが悪評だったのだろう。景気の良い愚痴が・・。最近は、景気の悪い愚痴が多いので、なんともないのか?

弁当:最近、スーパーで激安弁当が出てきているらしい。スーパーは弁当では儲けが少なくとも、それを客寄せにして、ついでに他商品を買わせる事を目的にしているらしいが、弁当専門業者、加えてコンビニはたまらないだろう。某新聞によれば、そのような情け容赦のない消耗戦が、小売業界でも発生してきたらしい。体力の有る大企業や競争力のあるまじめな業者しか生き残れないかもしれない。
 セブンなどは、ヨーカドーで弁当を安売りして、コンビニで不利になっても、総売上が確保できれば良いわけである。そういった面からも、大不況時では、割高なコンビニには逆風が吹きまくっているのだろう。私は近所の旧東海道沿いにある、やる気のあるファミマや99、ローソン100にしか行かないが・・・。セブンには悪いのだが、ほとんど行けない。そもそも私の通勤ルートに無いのだ。まして深夜は不愉快になる事が多いので、コンビニ自体に、足があっても絶対行かない。
 
 世界や経済は新たな平衡へ向かう
某生物学者様によれば、生命体の特徴は動的平衡だという。世界や経済も生命体のようなものであり、米国支配の世界から、多極化といった新たな世界へ変化しつつある。日本経済も米国依存から、マーケットを世界に移すなど、新たなテーマにとりかからねばならないのだろう。ここ当面は厳しい時期が続きそうだ。
 新たな目標として、単に数字的拡大、世界制覇を目指すのか、あるいは、世界最高、過去最高とは別に、健康で持続可能な社会を目指すのか、その辺の議論があっても良いような気もする。しかし、現実には世界最高を目指さないと、逆に存続さえ危うい、敵にやられる、といった厳しさがあるのかもしれない。それでも、量的拡大ばかりでなく、不況時にも強い企業体質や、派遣切りなど無い社会に優しい経営方針なども新たに考慮して欲しいものだ。でないと、これだけの不況の経験が生きない。クビにされた人達も浮かばれないと思う。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月12日(日) 13:03    題名: 復活しつつある米銀行、しかし・・・ 引用

 米国の銀行が健全性を取り戻しつつある。ストレステストを受けた全銀行がパスしたらしい。そのニュースを受け、9日の後場、株価は金融を中心にさらに上昇。日経平均は312円高で引けた。続く10日も、3ヶ月振りに9000円を一時回復。
 9日は寄り付き前に、経産省発表の2月機械受注(民需)が5ヶ月振りにプラス(1.4%)で、それも株価上昇の一因だったという。

 米国の銀行の健全化の兆しや、日本政府の財政出動を受けて、株価は堅調であるが、実物経済はどうなるのだろうか?今日のテレ朝のサンデープロジェクトに出演した竹中平蔵氏は、実物経済は当面きつい旨発言していた。小生も、全く同感である。
 機械受注のデータも、外需は−22.9%、3月の工作機械受注速報は−84.5%、08年度の産業機械受注も前年度比−39.1%で過去最大の下落を記録するなど、悪いデータが目白押しである。
 株価こそ、若干のリバウンドを見せているが、こちらも日経の週足をみると移動平均に対して高くなり過ぎており、目先は危険水域である。
 日本経済にとって良いのは、輸出企業の製品が売れる事なのだろうが、サンデープロジェクト出演のリチャード・クー氏によれば、世界的に耐久消費財(車や家?)の消費が落ち込んでいるという。それが改善されないと日本経済の本格回復は難しいのだろう。
 小生は、あまり楽観していない。過去に日本車の大量消費国であらせられた米国様も、メーカーの存続を掛けてエコカーを開発中であり、しかも米政府がその購入に対して米国民に補助費を出す予定となっている。従って従来通り、日本車が40%ものシェアをマークする(2006年、ウイキペディアより)のは、将来的に厳しい事が予想される。過去、米国は広く未開発な国土の為か、アメ車の車体や排気量が大きく、日本車のコンパクトさや燃費の良さが際立ち、人気があったと思われるが、今後はそのアドバンテージがかなり薄れてくるのだろう。
 
 このように、今後は日本製品の大量輸出の復活は、かなりの障害が予測される。
従来美点とされてきた日本企業の年功序列や終身雇用の実行は、米国様の大量消費に依存していたと思われ、今、米国様が破滅し、その消費の復活に保障が無い現在、日本人自身も過去の考え方を変えて行かねば成らないと思う。
 例えば、何が何でも家をローンで取得するという考えは再考の時期に成って来たと思う。雇用が保障されない現在では、ローンを組んでも、長い人生の間に予想外の事態が発生し、ローンを払えなくなるリスクが増大しつつある。また、起業家も然り。社会の変化が激しく、長期に渡って健全な経営をするのが、大企業でさえ難しくなっている。大企業は激しいリストラはあるかもしれないが、最期には、引き受け先が出てきたり、債権放棄などがあり得るが、中小ではそうもいかないのだろう・・・。あげくの果てに、電車に飛び込んだり、居場所を探して?車を走らせたり(歌手エイミー・マンのHumptyDumptyという曲や○○さん)、株価や為替取引をネタに管理人氏掲示板でクダを巻いたり、仲間と徒党を組んで、管理人氏の記事まで削除してしまうという主客転倒の行為におよび、ブログへの書き込みを拒否されてしまうというような事になるわけであります(○○さん、ごめんなさい・・・ついエイミーの楽曲と関連したので、おもしろおかしく書いてしまって・・・)。

 真のパラダイム・シフトの時期なのかも知れない。大量生産、大量消費、物質的豊かさを追求するあまり、自然環境や心の豊かさを無視してきた社会理念を見直す時期になってきたのだろう。米日は、雇用の安定や、物を大事にする習慣、貪欲さを抑える事など、ユーロ的成熟社会へ進化すべき時期になってきたのだろう・・・。
 
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月06日(月) 15:36    題名: ごめんなさいの日経上昇 引用

 予想とは裏腹に、上昇してしまいました。メガバンク赤字のニュースに、市場はあまり反応しませんでした。ニュースにばかり目が行き、他のパラメーターを見ていませんでした。あしからず、ごめんなさい。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
テクオ
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年12月 07日
投稿記事: 491
所在地: 東京都

投稿1時間: 2009年4月05日(日) 07:50    題名: 明日の株価 引用

 メガバンク3社が揃って赤字転落らしく、出だしから下落しそうです。最近の日経平均は、多分、年度末の化粧買いから、そこそこ上がっており、某全体パラメーターも、かなりの高値圏にありました。昨年の例から考えると、もう少しの上昇もあり得ましたが、大不況の現在では、ここまでが限界だったのでしょうか・・・? 
 すでに、東一の平均PERも121もの高みに到達しており、この点でも調整は当然の状況ではありました。3/27に付けた第一ピーク、金曜の第二ピーク後のWピーク後の下落です。
 悪いニュースは、相場が終了してから出て来たりするものです。
 第一ピークで買いで入った人は、最初の下落でやられ、その下落で、さらに売りを掛けた人は二度目の上昇で踏み上げ(空売りを掛けたのに、株価が上昇してしまう事を「踏む」という)られたりしているのでしょう。株価は意地悪なものです・・・。

 しかし、当面調整されるとしても、その後は、なんとも言えません。為替レートが100円を越えて来ており、日経にプラス条件となってきました。また、外資の寄り前注文も買いが増えて来ています・・・。
 小生は、最近ようやく、デイトレのコツを若干得て来ました(研究費300万、研究期間5年)が、田舎の母への仕送り(最近墓場代10万〜15万せびられ中)や嫁への小遣いに締め上げられ、タイトな毎日を送っています。昨日など、本業の景気悪さのストレスも手伝い、持病?の肋間神経痛が出てきました。
 思えば初めて神経痛を起こしたのは、18歳、大学へ進学し、賄い付きのM市のアパートへ移動のストレスから、布団の中で呻いていたのを思い出します。あー、思い起こせば、当時から、授業以外には、バイトもほとんどやらない、半ひきこもりがちな、変なヤツでした。ハハハ・・・。おっと、ところが、やっぱ、さすが大学。なんだか、工学部の学生と共通の科目があり、釣られて買ったカシオの関数電卓。私の財テクへの動機付けに一役買っております。年間30%(月利2.5%)で資金を福利運用すれば、15年で51倍という数字を叩き出しております・・・。月利2.5%とは、元金100万(信用保証金込み130万)で月2.5万以上勝てば達成できます。結局、コツコツ長期間努力する事が大きな力に成るという、人生哲学がここでも表現されているようです・・・。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 一般掲示板(予備) All times are GMT +9:00
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5  次のページ
Page 2 of 5

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信: 不可t
自分の記事の編集: 不可
自分の記事の削除: 不可
投票への参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group