TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 TOUKAI AMATEUR RADIO
東海アマチュア無線地震予知研究会
 
 よくある質問よくある質問   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   グループグループ   登録登録 
 ユーザー設定ユーザー設定   PM確認のためにログインPM確認のためにログイン   ログインログイン 
chat ROOM1 ROOM3 bbs 地震情報 宏観画像 なんでも 管理人 旧掲示板 KS様 前兆 guide ユーザ登録手順解説

日本の将来に何が必要か
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9  次のページ
 
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 交流掲示板(予備)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年11月08日(木) 22:12    題名: 節税を見直すこと 引用

節税として盛んにマンションの購入や建築を勧める人たちがいます。

節税に成功しても結果として資産を減らすことになることが多いのでは
ないでしょうか。
こうしたことは行政として取り締まるべきなのではと思います。
詐欺にあたると思うほどです。

マンションを建てて老後は悠々だと思っていたら、空室が多くて
心配が続くあまり、痴呆症になってしまったという高齢者の話を聞きました。
持てる者の悩みといいますが、しかし、損を覚悟で節税をしたいということは
いかに政治に期待していないか、ということでもあるわけです。

政治に信頼を取り戻せば、老後に貯金はそれほど必要でなくなり
消費も増え、節税もしないで済むでしょう。

また、投資で儲けたお金からは税金をしっかりとるべきです。
選択ではなく、源泉徴収にするべきなのではないでしょうか。
脱税奨励のような制度を改める必要があります。


そのほかに福祉法人など寄付が不透明に感じることがあります。
寄付については透明性を確保できるような方法を考え出す
必要があると思います。
これも、行政に不信があるため、税金よりも直接に寄付をしたい、という
ものになっているのでしょうが、その分税金が減るのであれば
やはりもっと透明性を高める必要があると思います。

法人税についてもできるだけ例外を設けず、わかりやすい税に
するべきだと思います。
個人が税理士に頼まなくても納税できるような税制にできないものでしょうか。

税金をふつうに徴収できれば年金も健康保険も税金でできるのではないか
と思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月24日(水) 15:45    題名: 日本の食を考える 引用

スーパーで国産大豆のお豆腐を買いました。
特売では50円ぐらいのものまであるのに、国産の物は240円ぐらいでした。

これでは、国産大豆は分が悪いと思います。

米も生産者には安い価格で売らせ、消費者には高い価格で買わせるというように
中間業者が欲にかられた結果、日本の自給率がどんどん低くなっている面があるでしょう。

何かがあって、この「経済大国」(まやかしではあるけれども)で
多くの人間がひもじい思いをして死んでいく中に、自分の子どもがいる
ことを想像できないのでしょうか。

何かがある確率はそれほど低いものではありません。
たとえば原発事故があれば外国の救助は近づかないと予想されます。
気候変動や火山爆発での農作物の被害、石油の高騰で船が
動かなくなるなどもあるかもしれません。

できるだけ早急に自給率を高めるには
流通をもっとわかりやすいものにし、輸出に偏った今までの経済を
考え直すべきだと思います。

今までは、日本の人件費が高いので商品の価格が高いのだという
ごまかしが通用したのだろうけれども、今ではそんなことはいえない
と思います。
行政も、食についてもまた汚職が日常に行なわれているようであれば
罪はより大きなものであるといえます。

苦労して作ったものを、安く買い叩いて、高く価格を設定して
売れ残ったら捨てる
選挙のために補助金をばらまく


それでは日本の食は守ることができないのだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月17日(水) 00:11    題名: 福祉について 引用

本当に困っている人たちは申請や相談ができないのでは
ないかと思います。

まちづくり活動をしてみても、みえてきません。
近所の人が気軽に相談することができ、すぐ動いてくれる
窓口があればと思います。

そういった窓口はボランティアではなく、正規の職員が対応するべきだと
思います。
市役所に出かけても暇そうな部署と忙しそうな部署があります。

対応のマニュアルをきちんと作り、だれでもができるようにして、
申請を待っているのではなく、助けを必要としている人たちを
救う努力をしてほしいと思います。

介護心中や餓死の発生は民生委員任せの状況があったのではないでしょうか。
民生委員も個人情報保護によりあまり知らされていないようです。

生活保護打ち切りで介護心中や餓死があるのだったら
厚労省の外郭団体の理事はすべてボランテアで、その給与を
本来の福祉にまわすべきではないでしょうか。

医師不足、病院不足を招いた、また年金不信を招いた人間たちの
責任が追及されないのが不思議です。
また、福祉のお金を流用した人間の罪は大きいと思います。

厚労省の詳細な歴史について、記録することを強く望みます。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月12日(金) 15:00    題名: 餓死する人を出さないために 引用

スーパーの身障者用の駐車場に、立派な新しい車が止まって
杖をアクセサリー程度に使うような人が降りてきました。

福祉の予算というものが、本当に困っている人たちに廻っているのか
非常に疑問です。

申請の情報を持っている人たちが十分以上の手厚い保護を受けているのでは
ないでしょうか。

公務員や議員の家族や関係者とかが優遇され、おなかのすいた人には食事1つ
与えられない行政のあり方は見直す必要があります。

緊急避難的な施設をたくさん作るべきだと思います。
農作物も食品も捨てるさえいるのに。

またあちこちにある食事を作る施設は開放されていない
のではないでしょうか。

本来、行政がする底辺の保護をボランティアにさせて、恩着せがましく
少しばかりの補助金を出している、そのようにみえます。

さらに税金からではなく、社会福祉協議会や日本赤十字への寄付
を募っています。


寄付については、年金保険料以上の監視がいると思います。
窓口は多くない方がいいのだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月12日(金) 14:16    題名: kasimaさん、秋になると活動するタイプ? 引用

やはり生活保護よりも公共事業を考えるべきだと思います。

多少病気があっても働ける仕事、高齢者でも働ける仕事とか
きめ細かく作り出す。

また、4、5パーセント程度の利息があれば景気はずいぶん違うと
思うんだけれど。

相続についても法を整備して、寄付しやすい環境にするといいの
ではと思います。

私はよく人からものをもらうことが多いんだけれど、
そういう体質というものを考えてほしいと思います。

高姿勢ではだめですね。
ちょっとしたことにうれしそうにしているって大事だと思います。 Surprised

官僚って冷たそうじゃない。
お助けマンってちょっといいでしょ。

なんかユーモラスな名前を考えたらどうかしらね。 Idea
厚労省を幸朗省とかね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年10月12日(金) 12:53    題名: 雑感 引用

林檎さんが良く書かれている

「善意」や「寄付」などを期待して

世の中を変えていくには、人間さまはまだ若すぎる生き物ではありませんか。



希望や期待、またはあるべき姿がそうだとしても
それを頼みに世直しはまだまだ厳しいものだと感じています。

否定はしません。できませんが、手段としては無理でしょう(夢は見られます)
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年10月12日(金) 12:46    題名: 朝霞基地跡地問題 引用

汚染源が何かで処理が変わりますが、基本的には『外への持ち出し』は
避けて欲しいものです。補助金目当ての地方自治体が手を上げるかもしれませんが
地方住民の健全な生活環境保全のために止めて欲しいと思います。

最善と思われる中和措置と封じ込め処理で土地活用を可能にし
公務員宿舎!を安普請で立てれば良いです。
リスクのある土地にはそれなりの人を住まわせれば良いです。


聚楽第取り壊し資材の転用ですが、過去には多くの事例があり
かの建物が特段の措置をされたわけではありません。
当時でも再利用は常識的な発想でした。

目立たないのは、『燃える』『燃やされる』事がたいへん多かったからで
戦乱の世の中や現代とは格段に違う消火機能がその要因でしょう。


私見ながら、今の温暖化についての国の取り組みには疑問があります。
二酸化炭素原因説はどうも怪しい。(太陽活動でしょう)

石油消費が二酸化炭素の増大をうみ、温暖化になるのならば
30〜40年後に石油が枯渇した時点では寒冷化を心配しなければいけない?

現在各国が人工的に増やしている!二酸化炭素量と
各地の火山活動で吐き出される二酸化炭素の量を比べてみれば
京都議定書の趣旨は理解できても目指すところの目標が理解できない。
あれは某組織が資金を生み出すためのまやかしと考えるのが
一番はっきりして良い。

今は環境にNoという言葉が禁句になっているようにも思えます。
何でも環境のためとシールを張られているつけは必ず国民に回ってくるでしょう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年10月05日(金) 10:36    題名: 日本の未来は・・・ 引用

>土壌汚染について、封じ込めと汚染除去の方法があるようですが

封じ込めは問題の先送りにしかなりませんし地下水脈汚染に対しては
あまり有効な手段ではありません。

除去については汚染土を地方の安定型管理処理場へ持っていくだけですから
地方の負担や住民感情を考えれば出てくる結論は明白なものです。


>例えば長期滞在型の廉価な宿泊施設とか、慢性病の治療・療養施設とか
 職業や教育のための短期集中の訓練施設とか

よみがえる=収支を合わせるにはサービスに見合った適正な対価を得る事です。
対価を安くすることは補助金頼みの運営になりジリ貧に陥ります。
諸施設に民間で買い手がつかなければ損切するのが現状でしょうね。


>高層の建物をみなおすべき時期に来ているのではないでしょうか。

高層ビルが存在するのは首都圏の一部でしかありません。
購入する人が利便性と健全性を考えれば良いことです。

40年耐えるかどうかは息子さんに聞けばわかると思いますが
現在は高層ビルを作る技術はあっても解体する技術がありません。
そのあたりの事をどのように考えているかを設計や企画者に聞いてみたいものです。

まさか巨大地震を当てにしているなんてオチは・・・。


>首都機能移転については、国交省あたりがまず関東のどこかに移るとか
 宮内庁は京都にとかが考えられると思います。

過去の計画が頓挫したことを考えれば良いでしょう。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月03日(水) 23:32    題名: 戯言の定義って? 引用

土壌汚染について
朝霞の場合、鉛汚染がいわれております。
また、所沢通信基地でも、ディーゼル油漏出事故がありました。

他国の土地というものは汚染してもそれほど気にならないものなのでしょうか。
戦争というものがそんなことを言っている場合ではないと思わせるのでしょうか。

訴える手段はいろいろ考えられます。
ブログで発信することも最近では効果的かもしれません。
来年のサミットで戦争と環境汚染ということで日本が発言する
ということも考えられると思います。

土壌汚染について、封じ込めと汚染除去の方法があるようですが
やはり植物などまたは最新技術による汚染除去の方法が望ましいのだと
思います。
さらに技術開発をしてこの面で環境大国になることもできると思います。

グリーンピアも経営が上手な人間がすればきっとよみがえらせることも
可能だと思います。
例えば長期滞在型の廉価な宿泊施設とか、慢性病の治療・療養施設とか
職業や教育のための短期集中の訓練施設とか。

ただ朝霞の場合、たとえば可動型とかの分解可能な施設など
今までと違った発想で建ててみるといいと思うのです。
秀吉は聚楽第をとり壊してそれをほかの建物に利用したというということです。
再利用可能なしかも質の高い建物を造るという大きな機会とするべきです。
国産材を利用して低層の建物にし、風通しや太陽光を最大限利用できる
ようなものを考えるとか。

 高層の建物をみなおすべき時期に来ているのではないでしょうか。
 ほんとうに30年、40年に耐えられるのか、人間の精神に影響はないのか、
 災害時に大丈夫か、高齢化社会に大丈夫か、ということが心配です。

また、ハンデキャップを負った人たちへの福祉のあり方を考える場とする事も
できると思います。
あまりに日本は福祉をなおざりにしてきました。


朝霞周辺ならば多くの人手が期待できると思います。
多少の手当てを支給する仕事とボランティア活動の中間の働き方の
あり方をも探ることができると思います。



財源については建てようとする公務員公舎の予算の100億円の一部と
不正に受給した公務員または公務員OBが返納する分をあてるというのは
どうでしょうか。
インサイダーで儲けた分は自主的に寄付してもらうとか。

社保庁なりほかの官庁ががどちらかというと微罪な人たちを懲戒免職に
したりしていると、そのうち、大口の人たちがどんどん告発されて旧悪が
明るみに出ると予想されます。
また、自民党が総選挙で負けたりすると、追求が厳しくなるでしょう。

その前に匿名で寄付をしてもらうとか。

首都機能移転については、国交省あたりがまず関東のどこかに移るとか
宮内庁は京都にとかが考えられると思います。

地方自治体が本当に自治できるようになって道州制が実現されること
になれば、東京はこじんまりした政府でよくなるわけですね。

その未来図を描くことができれば、地方も活気づいてくるはずです。

北海道開発庁は温暖化をにらんで北海道の米作振興を早急にする。
例えば、かつての米どころで作っていた人を公務員として雇って
北海道で水田開発にあたってもらうとか。

海や川を利用して船で日本あるいは東アジアを移動することも
必要だと思います。

あれこれアイデアが湧きすぎて
ほんとに主婦の戯言になってしまいまいした。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
私@神戸
玄人さん
玄人さん


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 743

投稿1時間: 2007年10月02日(火) 16:14    題名: あのねえぇぇぇぇぇ〜青森りんご@所沢様 引用

本当に主婦の戯言ですね。

,蓮
>米軍による土壌汚染が広い範囲である
★どう言う類の汚染でしょうか?放射性物質?化学薬品?オイルや冷却水等の工業製品汚染?
どの程度の汚染なんでしょうか?どう言う根拠と確信がお有りでしょうか?

>軍の基地というものが環境破壊であるということを 国際的に訴えます。
★それは、米軍のことですか?その他全ての軍のことですか?国際的に訴えても全ての国には
軍があります。どこの国も反応はしませんよ。米軍だけだったとしたら・・・何処に訴えても世界は黙殺ですよ。
そもそも貴女はどの様な手段で国際的に訴えるのですか?



△蓮
>土壌汚染の除去がそれほど進んでいるとは思えません
★除去した物は何処へ行くのですか?他の場所に集めるだけでは何の解決にもなりませんよ。貴女はどうしたら良いとお考えなんですか?


は、
>広葉樹林は貴重です。でも今のままでは利用しきれていません
★全くその通りで広葉樹林も貴重です。しかし、利用する必要がありますか?
天然自然林は、何もせず、そのまま自然な環境で維持すべきではありませんか?
人間が手を加える度に、自然は破壊されます。全て金儲けの為に・・・

>会議ができる宿泊施設(大浴場つき)
>誰でも利用できるおいしい食事が安く食べられるレストラン
>雨天でも開ける地方の物産展やフリーマーケットのための場所を確保

★これらに関しては、いかに官僚が喜ぶことか・・・目に浮かびます。グリーンピアの二の舞です。
そもそも、貴女は、経費、維持費、減価償却等に関して全く考慮されていません。
官僚が経営して、倒産するのと同じ思考パターンです。
経営の素人です。

>高齢者と児童が一緒に暮らせる擁護施設
★誰が彼らの面倒、世話をするのですか?貴女が一人でボランティアをしても無理ですよ(笑)


い蓮
>働きたくても職のない人たちの仕事場とします。 公園の整備、森林の整備など多くの仕事ができると
★その人たちの宿舎はどうするのですか?公園で野宿させるのですか?
簡単に森林の整備と言いますが、あなたは遣ったことがお有りですか?色々と専門知識も必要ですよ。



イ鉢Δ蓮
>日本の匠の技を大いに見せる建物、庭園・・・そして耐震性と難燃性を堅持した建物
★ハハハハハ、幾ら掛ると思っているのですか?お金持ちの貴女が寄付でも?


Г蓮
>地元工務店など公平な仕事の分配・・・
★田舎の地元の工務店程度の資金力では、無理です。だから、大手が落札⇒丸投げが起きるんですよ。
貴女は社会構造が全く理解出来ていない。

>公務員には時間と環境を与えることを考えるべきだと思います。
★それを絵空事と言うのですよ。そんなことをしたら、社保庁の様に益々、横領と賄賂が横行するだけです。
>過疎なところに住んでも刺激が得られるような工夫をすれば
★ハハハ、刺激って?田舎の過疎地にピンクサロンやソープランドでも作るのですか?
それで多くの人たちが移住しますか?全く、おめでたいお話ですね(*^。^*)

>首都機能の一部を移転してそのモデルとするべきだと
★首都機能のどの部分を移転させるべきだとお考えなのでしょうか?
こう言うお話の場合は、そこまで踏み込んだご自身のご高察を披露されるべきですよ。

以上の様な正に絵に書いた様な「机上の空論」では、議論の叩き台にもなりません。

色々と勝手気侭に書かせて戴きましたが、お返事は不要です。
ご多忙でしようし、返答の中身も概ね予想が着きますので・・・
失礼しました。m(__)m
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年10月02日(火) 10:35    題名: 朝霞米軍基地の跡地利用について 引用

福田首相の所信表明が官僚の作文だとしたら、日本の危機です。

具体的な国の構想を描くことができないなんて。

朝霞米軍基地の跡地利用についてもどうしたらよいか、これを
国をどうしたらよいかを考えるモデルとして利用することも
可能かと思います。


一主婦として提言を試みることにします。

 ,そらく米軍による土壌汚染が広い範囲であることと思われます。
 それを公表して軍の基地というものが環境破壊であるということを
 国際的に訴えます。

日本では土壌汚染の除去がそれほど進んでいるとは思えません。
 土壌汚染除去の実績とします。

9葉樹林は貴重です。でも今のままでは利用しきれていません。
 森林浴のできる公園をつくるのは当然だと思いますが
 低層の施設をいくつか建ててその恩恵を浴することにするといいと思います。
 その建物とは
  ・ 会議ができる宿泊施設(大浴場つき)
  これから道州制など大きな構想を描くことになる場合、こういった環境が必要だと思
 います。
  また、市民活動にも使えるものとします。
 ・誰でも利用できるおいしい食事が安く食べられるレストラン
 ・高齢者と児童が一緒に暮らせる擁護施設
  モデル施設とします。
 ・雨天でも開ける地方の物産展やフリーマーケットのための場所を確保します。

てきたくても職のない人たちの仕事場とします。
 公園の整備、森林の整備など多くの仕事ができると思います。

ヌ畋い蚤竸明を追求した建物がいいと思います。
 木造でも難燃性のものがあると聞いています。

ζ本の匠の技を大いに見せる建物、庭園にすると
 いいと思います。

地元工務店など公平な仕事の分配の仕方の
 モデルケースとします。
 安易な入札制度を考え直す機会とします。
 (大企業が受注し、下請けに丸投げということはやめるようにします。)


公務員の待遇は財政難から厳しくなることは仕方がないと思いますが
それでは人材が集まらないと思います。
時間と環境を与えることを考えるべきだと思います。
長期休暇で地方に出かけて過ごしてもらいましょう。

逆に過疎なところに住んでも刺激が得られるような工夫をすれば
多くの人たちは移住するのだと思います。
首都機能の一部を移転してそのモデルとするべきだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年9月17日(月) 07:17    題名: 地方の格差を考える 引用

確かに、都内に出かけてみるととの財政は潤っていて、無駄なところにも
お金がかけられていると感じます。

地方への還流をいろいろな面で考えるべきだと思います。

たとえば地方公務員は今の時代にあっては共働きなどしているとたいへん
高所得者だと思われます。
子どもの勉学や就職のため都会にマンションなどを買っている人たちも少なからずいるようです。

しかし、これは地方との格差を大きくするものだと思います。
こういった地方公務員の方たちは、大きなお金の使い方を考えるべきでは
ないでしょうか。
また、しっかりした年金があるのですから蓄財に励むのは抑制して
率先して地元で消費活動をして、地元にお金が落ちるように
するべきだと思います。

また、財産があって相続税の心配があるような人は病院に寄付をしたら
いかがでしょうか。

政治だけに期待しても多くの時間がかかりそうです。
また限られた予算の取り合いをしても、弱者にしわ寄せがいくばかりです。

個人がお金の使い方を考えていくことも大事だと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年8月16日(木) 10:51    題名: 日本は詐欺容認国家か 引用

厚労省が年金を流用を主目的とする制度としてつくったのは
明らかになってきていると思います。

また、林野庁が1980年代、すでに国産材の価格が低迷しているのに
あのようにオーナー制度をつくっていたとは、まさに驚きです。

振り込め詐欺の被害がまだ止まりません。
高額の被害が相次いだのにもかかわらず、
監督官庁はなんらの対策もとりませんでした。

昨年、商品取引に勧誘されました。
自治体の長などが多額の借金を作っていく、その仕組みを知りたい
と思いました。損を承知で申し込んでみました。

調べますと、元来は商品取引とは価格安定に寄与するはずのものとあります。
しかし、今のところ、収奪システムとしか考えられません。

不透明な部分が多すぎます。
監督官庁の天下りがいて、利益はそちらに、損害はこちらに、という
巧妙な仕組みが作り上げられていました。

広告でも見るサヤ取りとは手数料を2倍取る仕組みです。
また、逆に組まれてもよくわからず、すぐ別のサヤ取りに移動させられます。
忙しい時間を見計らって報告の電話を入れます。
近くの出身などということで信用をさせます。
さらにいえば、実際取引されているのかどうか、確認できません。


少なくとも、その業者の取引状況を見ると、客には売り買い同数を勧めている
のにもかかわらず、偏った取引で相場を動かしているようにも見えました。

再三、これ以上は出せないと強調した結果、資金の1/4弱が戻りました。
幸運だった、というような口ぶりであり、実際そうであったのでしょう。
あるいは大損させるよりは、3/4だけいただくというシステムであるとか。

多くの有能な若者が金融機関で詐欺行為をさせられているのでは
ないでしょうか。
日本の経済はこのようなことでいいのでしょうか。

個人のみならず、団体の会計担当者は安全だという
サヤ取りに勧誘されていないでしょうか。

低迷する日本経済を変えるには、蓄財に励む官僚の意識改革が
必要であり、本当の意味での監督ができるようにすることだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年7月23日(月) 11:37    題名: 続・人間力の回復を 引用

若い警察官、自衛官の自殺が増えてきてるようです。
またストレスからくるであろう痴漢行為、万引き行為なども
報道されています。
これから考えると、精神的に不安定な警察官や自衛官が少なくないのではないか
と危惧されます。

ほかの職業とは違って、そういう状態を放っておくわけにはいきません。
しかし、おそらく自分たちでは何が原因なのかわかりにくく、またわかったとしても
改善できない状態ではないかと思います。

一般的に見て、例えば大学卒業時の若い人たちが20年ぐらい前の高校生のような
人たちのように未熟に見える場合が多いようです。

大きい目で見るとき、それが人口抑制の自然のメカニズムといえるの
かもしれません。

またストレスに弱く、上司から叱るほどではなくちょっとした注意ぐらいでも
耐えられない神経である可能性もあります。

上下関係のがっちりした組織は変えることが非常に難しいでしょうが
しかしこのままでは下の部分から崩れていく恐れが十分あります。

大掛かりな組織の改造の断行をする必要があると思います。
また、ほかの公務員と違って危険が伴う仕事なので
手当てと待遇は十分にする必要があると思います。

おそらくストレスに強く、正確な判断ができ、自分を抑制できる人材と
いうものは中途採用から得られるものだと思います。
その際の格付けなどは別立てでする、
あるいは各県に派遣するような形のものとする
今までの組織に風通しをよくするものとする

諸外国の組織のいい点を取り入れる


そういったものとなればどんなにいいことでしょう。

トップは使命感をもって仕事ができる環境をつくる、ということが
第一の仕事とするべきで、政治とは距離を置いて正義を守るという姿勢をはっきり
示すべきだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年7月18日(水) 11:54    題名: 人間力の回復を 引用

たとえば何不自由なく育った人間がひ弱だということは
よく見られることです。

地方財政での補助金がその地方の本来持っている力を削いでいく
住んでいる人間の考える力を奪っていくのではないか
と思います。

誘致、補助金で見かけ上の生活が豊かになっていっても
補助金の打ち切りになったとき、
路頭に迷うということになりかねません。

大きな災害で道路がめちゃめちゃになって国のお金が投入される
ことすらも望むようになってしまう可能性があります。

保険金詐欺では自分の体を傷つけても家族を殺しても
保険金をもらいたいという人間が少なからずいるように。

教育における学力について、もっと考える力を養うようにする
ことが必要だと思います。
それには歴史を知ること、
過去の政治家や企業の経営者のいい面や失敗した面なども
自分たちで調べるぐらいなことが必要だと思います。

教材が何十年も変わっていないことに驚きます。
学力テストに膨大な費用がかかるのでしょうが
問題が昨年と変わっていないとはなんということでしょうか。
文部省はお金を教育に向けていないのではないか。

厚労省と同じで天下りに流れるシステムをつくるだけではなかったのか
聞いて回りたい気持ちになっております。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
メイ
初心者さん
初心者さん


登録日: 2005年11月 28日
投稿記事: 21
所在地: 大阪

投稿1時間: 2007年7月10日(火) 10:15    題名: Re: その場限りの政治 引用

Quote:
関与した人間が糾弾されないように時間を稼いでいるのでは
と勘ぐりたくなります。

組織ぐるみ、過去の政府の国ぐるみってところですかね。

Quote:
あるいは過剰医療で薬漬けになっている。

これは、来年春からは変わるはずです。弊害も先の投稿に書いたようにあります。
2004年に保険の負担が増えて、なんとか健保の財政が少し上向きになりましたが
2008年には、間違えなくまたマイナスになる見込みで、それをなんとかしないといけないとの改善策として、いままでの出来高払いから包括式・人頭払い式に変わると思います。

Quote:
政治家については選挙を変えなければ、選挙のためだけに
大半の時間を使い、ゆっくりものを考えることを
できなくしているのだと思います。
身を粉にして、後援者と交流し、実のない演説をし、
視察し、パーティをはしごする。
国会では党が決めたとおりに、投票する。
選挙演説が巧みで、雨に打たれ、土下座できるものが
当選する。

もちろんそういう政治家を選んだ者は、それさえもぜんぜん気にならないのかもしれませんけど(はあ〜)
選挙前は議員に注目する人がいるのに、どうして選挙が終わってしまうと丸投げ状態で、自分の選んだ議員の動向さえ注目しなくなるのか、ほんとうにそこが疑問です。

因みにりんごさんは、御自分が選ばれて当選された方や政党(無所属かな)が、今どんな活動をしているのか、どんな発言をしているのかご存知ですか?

そういえば生活保護ですが、最近若者が多いって知っていました?
生活保護を受けるために、精神科の受診を受けるなんてこともあるようですが、これは人からの話ですから、確証のない話ですが^^;
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年7月05日(木) 22:20    題名: その場限りの政治 引用

これだけ大騒ぎをして年金の支払い状況を確認しても
しばらくしたら、実は年金の原資が消えていた、
あってはならないことでした ・・・・・・
まったく関与していない人間が頭を下げることになるのではないでしょうか。

支払い状況が分からないのに、原資がきちんとしてあるとは
考えられないことです。

関与した人間が糾弾されないように時間を稼いでいるのでは
と勘ぐりたくなります。

国民の年金に手をつけたとしたら、重罪ではないでしょうか。
執行猶予はつかないと思います。
念のため、快適な民間委託の刑務所をつくったのでしょうか。

天下りをして外郭団体から不当な収入を得る、
人間の欲ではありますが、多くの人間が医療や
生活保護を打ち切られたり、年老いて病をもちながら
配偶者を自宅で介護している、
あるいは過剰医療で薬漬けになっている。

本来は行政で使われるべきお金を流用しているのだということが、
まったく見えなくなってしまう、ということがどうしても理解できません。

しかし、何十年も格付け社会で、自分を殺し、長時間勤務に耐え
頭の悪い政治家に怒鳴られていれば、
当然の収入だと思うようになるのかもしれません。

政治家については選挙を変えなければ、選挙のためだけに
大半の時間を使い、ゆっくりものを考えることを
できなくしているのだと思います。
身を粉にして、後援者と交流し、実のない演説をし、
視察し、パーティをはしごする。
国会では党が決めたとおりに、投票する。
選挙演説が巧みで、雨に打たれ、土下座できるものが
当選する。

これでは、今の日本の姿は当然だと思います。

福祉関係の予算を削り、教育費を食い物にして、
原子力事故を隠蔽する。

なんということでしょう。

最近まで政治から目を離しすぎていました。

介護心中や孤独死はだれも防いではくれないのです。

望ましいこととまではいわないまでも自己責任と
つきはなす、そういう行政の姿になっていると思います。


青森りんご@所沢が2007年7月06日(金) 13:38に記事を編集, 編集回数: 1
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
メイ
初心者さん
初心者さん


登録日: 2005年11月 28日
投稿記事: 21
所在地: 大阪

投稿1時間: 2007年6月29日(金) 22:24    題名: 来年の老人医療保険大改正 引用

破綻しかけている老人医療保険・・来年は大改正があります。
でも・・まだ・・国からは方針がはっきり出ていません。
なぜか・・・・

選挙があるからでしょうね。

しかしうわさでは、包括払い式になることと、人頭払い式(この言い方嫌ですね)

一見包括払い式になれば、悪徳医者が今まで出来高式でいらん検査や薬を出して
という、ことも合ったけれど、それは無くなるでしょう。

しかし、反面多分ご自分が病気になった時、また疑いのあるとき。
大体の患者さんは、いろいろな検査を望むとします。
すると、包括払い式だとひとつの病名に対する診療報酬は一定額であるため、
余剰の検査料は自費となるんじゃないかな・・・。

延命治療も、今末期のがん患者で1000万位の医療費を、保険で随分カバーできているそうですが(しかし負担も大きいですよね)
上限が決められるわけですから、余程経済的余裕が無ければ今後延命を望んでも
無理だということがでてくるのかもしれません。

人頭払い式も、初めてかかる病院がまた、医者がラッキーなことにぴったりだったら
いいんですが、いくつもの病院をはしごしないと気がすまない人には、アンラッキー
な制度かも。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月29日(金) 11:40    題名: 日本の医療の発展のために 引用

少し調べただけでも国家公務員共済組合の医療施設は
充実しています。

http://www.toranomon.gr.jp/site/view/contview.jsp?cateid=39&id=391&page=1


主人が何度か入院した病院とは大きな違いがあります。


この恩恵が国民全てに波及してくる日が
すぐそこまで来ているのだったら、どんなにいいでしょう。

個人情報保護法とは、悲惨なものと、その原因を作ったものを
覆い隠すためなのかもしれません。


厚生年金や国民年金の破綻を知らぬ顔で
それを食い物にして共済年金は手付かずであるならば
当然この国の公務員制度はいずれ崩壊するでしょう。

国そのものが存在しなくなるのではないでしょうか。


改革は聖域があってはいけないのだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
メイ
初心者さん
初心者さん


登録日: 2005年11月 28日
投稿記事: 21
所在地: 大阪

投稿1時間: 2007年6月29日(金) 07:08    題名: Re: 隠されている部分で 引用

Quote:
お医者様は自分でどうのような終末期医療を望むのかについて
すべての延命治療を拒否するといったことを書かれている
方がいました。

どのような苦痛があっても、生きたいと思われる方もあるだろうし
ほんとうに70歳ぐらいで延命治療の希望をきくといったことが
必要ではないか、と思います。

延命治療拒否の意志を持つものは、医者には多いと思います。
もちろんどの段階でという線はありますが、りんごさんがおっしゃる胃ろうの段階
では無いと思います。意識もあるんですから

Quote:
条件のよい介護施設に預けておられて費用も余りかからない
というのですが、よく考えたら身内に公務員の方がおられます。

そうなんですか?うらやましい話ですね。
公務員が優遇され過ぎてましたよね、今までの日本は。恩給とかの制度もね。

Quote:
しかし介護心中も起きているのに

この原因が、金銭的なことだけではないように感じます。
介護するものの負担と精神的、肉体的な重圧。
今の60代より下の人は、気軽に人の手を借りることに抵抗がないでしょうが、昔かたぎの方は、なるべく人様に迷惑や恥ずかしいというプライドなのか、手を借りるのを
自分が倒れるまで借りないという方もいることを聞きます。

Quote:
むしろ公務員向けに質の高い医療や介護をするために
そうでない人たちにしわ寄せがきている
のではないか、とさえ思ってしまいます。
実態を公開して欲しいと思います。

これは事実なんですか?

今まで元気な老人が、どうしても病院にかからないといけないというわけでも無い
状態なのに、すぐ病院へ行き待合室が交流の場になっていたようなことも感じたことがあります。
本当に必要な方にしわ寄せが行かないために、ひとりひとりの自覚も必要だと感じます。今はそういった(病院が交流の場)光景はないでしょうが。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月29日(金) 01:18    題名: 隠されている部分で 引用

介護についてはまだ経験がなくて、よくわかりませんので
いろいろ教えていただけるとありがたいと思います。

お医者様は自分でどうのような終末期医療を望むのかについて
すべての延命治療を拒否するといったことを書かれている
方がいました。

どのような苦痛があっても、生きたいと思われる方もあるだろうし
ほんとうに70歳ぐらいで延命治療の希望をきくといったことが
必要ではないか、と思います。

条件のよい介護施設に預けておられて費用も余りかからない
というのですが、よく考えたら身内に公務員の方がおられます。

http://www.kkr.or.jp/tokutei/kaigo.html

しかし介護心中も起きているのに、これではあまりに
不公平ではないでしょうか。

むしろ公務員向けに質の高い医療や介護をするために
そうでない人たちにしわ寄せがきている
のではないか、とさえ思ってしまいます。
実態を公開して欲しいと思います。

また、保険料は国民健康保険が最も高いのだそうです。

病気、老齢について対応する場合
平等、公平ということを考えて欲しいと強く思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
メイ
初心者さん
初心者さん


登録日: 2005年11月 28日
投稿記事: 21
所在地: 大阪

投稿1時間: 2007年6月28日(木) 23:48    題名: ログインしてなかった! 引用

りんごさんこんにちは、ゲストになっていました^^;
↓の・・ Embarassed
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
ゲスト






投稿1時間: 2007年6月28日(木) 23:37    題名: Re: 介護と医療について 引用

Quote:
老人に胃ろうという手術は必要なのでしょうか。

どこまで人の手による延命をするのかという問題も絡んできます。
我が家にも、現在胃ろうにて生き延びている2人の家族がおります。

無駄に胃ろうということが存在しているとは、身内を見る限り考えがたいです。
何度も誤飲による、肺炎により生死の境の状態があり、家族として随分悩んだ結果です。因みに我が家は医療を生業としています。

Quote:
まず、資格を取りやすくするべきだと思います。

これについては、そうであってほしくはありませんが、今も学費は高いですね。
優秀な人材であっても、6年間の学費そしてインターン期間の薄給で、アルバイトをしないとやっていけない状況も若い医師の過労にも繋がっているように思います。

Quote:
医学部受験は現在理系ですが、適性を考えるべきで
数学や物理といったものの能力がそれほど必要だと思いません。

確かに、入学時と研究分野では理数系ですね。
しかし、入ってみると記憶することが多いようで、しかも最近はインフォードコンセント
の重要性を考えると、コミュニケーションが円滑により分かりやすく取れるというところで考えると、バランスが必要な学問分野ですね。
人間性はとても重要です。


Quote:
医師会のような組織は、頑迷な人間がトップにずっといないような
組織にするべきだと思います。

国立大学でなくなり、大きな声では言えませんが^^腕のいい医者は離れていっています。きっとそのうち変わるでしょうが、医師会も昔だったら絶対入会だったところが、最近は離れる医者も出てきているんじゃないかな・・。圧力はやはりあるかもね。
トップに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月28日(木) 12:06    題名: 介護と医療について 引用

まず大幅な人員の増加をはやくしないと
過労で倒れる医療従事者が続出するのではないか
と思います。

ここにくるまで、厚労省や医師会は何をしていたのかという思いが
いたします。

老人に胃ろうという手術は必要なのでしょうか。
なぜそういうことが一般化したのか
介護にボランティアが入り込めない状況をつくって
いるとも思えます。


それによって自宅での介護が難しくなってしまった、
そういう人間無視、教条主義
医業の経営優先が
自分たちの後継者の過労を引き起こしているのでは
とさえ思えます。

まず、資格を取りやすくするべきだと思います。
医学部受験はは現在理系ですが、適性を考えるべきで
数学や物理といったものの能力がそれほど必要だと思いません。

多くのやめてしまった人たちが復帰できる勤務形態を
考えるということが必要だと思います。


医師会のような組織は、頑迷な人間がトップにずっといないような
組織にするべきだと思います。

たとえば、ある高齢の開業医に通院したとき、
血管注射ができなかったり、その病気では最も効くはずの薬では
ない薬を処方されました。
こういったチェックがなされなければ、患者離れのできない医師が
ふえて、医療費をふやしていくでしょう。

優秀な医師たちが忙しすぎて、医療とはどうあるべきか、どうしたらよいのか
を考えることができない、あるいは実践できないという状況が
もっとも憂慮するべきことだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年6月28日(木) 08:46    題名: 引用

【法令順守】

こんなもんだということです・・・【法令遵守】 Embarassed
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信

ゲスト





投稿1時間: 2007年6月28日(木) 05:52    題名: 引用

順守→遵守
トップに移動
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年6月27日(水) 12:29    題名: 引用

>ミートホープのような会社はなぜ出てくるのか
 眼というものが注がれないからなのだと思います。

【企業の社会的責任】や【法令順守】といった企業モラルとも言うべき基本が
日本ではまだ育ちきっていないという事ではないでしょうか。
言葉自体も周知されたのはここ数年の事だと思います。
残念ではありますがこれが現実でしょう。

雪印や不二家と同様に企業モラル。経営者のモラルが欠損しています。


では「目」という事ですが
法律は現代のさまざまな事例事象についてきてはいません。常に後追いです。
ですから、【企業の社会的責任】や【企業モラル】といった観念部分で
それぞれで対処しなさいと国家が推進しています。

法律ではなく指導や推進ですから刑法では対処できずに
民法の【損害賠償】=モラルの欠如または義務違反でしか取り締まることができません。

であるならば、消費者の監視ということでしょうが、消費者もそれなりに勉強しないと
いけないですね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年6月27日(水) 12:14    題名: 資産運用で 引用

>銀行の利息が相変わらず低いままです。
 先進国では考えられませんが、なぜなのでしょうか。

利息を上げるためには利子を高くする事が必要です。
預かったお金の運用利益だけでは利息を上げることは不可能です。

利子を高くすると【お金を必要な人】が借りることが難しくなります。
資金がショートすれば会社は倒産、影響を受ける人が多く発生します。

利息を要求する人は【お金がある】人です。
利息が高くならなくても生活苦から死んでしまう事はないでしょう。(割合の問題)

利息が上がってうれしい人はそれなりの資産資金がある人ではありませんか。
本当に厳しい人は預金も貯金も微々たる金額しかない人たちでしょう。

経済の発展のためには双方のバランスをうまくとる事が大切です。
現状はまだ利子を上げるわけにはいかない状況だと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月27日(水) 10:27    題名: 投資家になるということ 引用

日本人はまだまだ経済については発展途上国並みなのだと思います。

私自身もそうですが、あまりお金のしくみについて詳しく分かりません。

なので、専門家に任せるのか一番、あるいは目先で儲けるのが一番
といったことになると思います。

銀行の利息が相変わらず低いままです。
先進国では考えられませんが、なぜなのでしょうか。

そこで証券会社の投信などに預けてもそれほど儲かるものではありません。
日本の金融は手数料で儲けるところであるようです。

ミートホープのような会社はなぜ出てくるのか
眼というものが注がれないからなのだと思います。

投資しないまでも、外資の「ハゲタカファンド」になったつもりで
おかしい会社、安全を守るべき会社、税金を食い物にする会社
などなど、注目してみる必要があるようです。

外資がなぜ注目したのか、たいへん興味深いと感じます。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月18日(月) 21:52    題名: 朝鮮総連本部売却に関して 引用

一連の報道にだけではありますが
土屋弁護士、緒方弁護士が私利私欲で動いたとは
思われないと感じました。

朝鮮中央会館が将来の大使館として使われることを
考えていたとか。

日本という国としてどういう判断をするべきかというとき
やはり将来の関係を考えれば、2人の弁護士の判断は
正しかったのではないか、と思われます。

拉致被害者と家族の再会のためには朝鮮総連関係者が
動いてもらわなければならないでしょう。

拉致問題を考えるとき、さまざまな要素が複雑にからみあっている
ことを思わざるをえません。
全容がわかるまでには多くの年月がかかるでしょう。
国際社会全体でどうであったのか、
それが今どのように作用しているのか

わからないまでも、視野を広げてみる必要があり、
日本の東アジアにおける地位を固める上でも
北朝鮮との友好関係の可能性を断つということは
国益にならない、と思います。

少なくとも日本が孤立への道を深めることになり、
それはむしろアメリカが望んでいて、
よりアメリカ依存、あるいはアメリカ支配を強めようとするものだ
と思います。

それは日本にとってもアメリカにとっても
けっしていいことではないと思います。
共依存といった関係になるかと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月08日(金) 08:04    題名: 厚労省は 引用

介護をさしあたってどうするかを考える
年金の原資はどうなっているかを公開する
ということが先ではないでしょうか。

どうも手をつける順序がおかしいように思います。

名寄せなどにかかる費用は莫大なものと思われますが
それは納めた年金保険料からなのか税金からなのか。

杞憂であることを願っていますが年金のかなりの部分が消えているとしたら
もっと別のことを考えなければならないでしょう。


年金保険料にしても介護保険料にしても不透明であることが
問題だと思います。
社会福祉協議会や民生委員のあり方も今後考えていくべき問題があります。

介護保険について保険料が介護そのものに使われているでしょうか。
それにしてはかなりの人が老老介護、あるいはお世話になりたくない
とがまんしています。

ヘルパーさんも自身が年金をもらえないので仕方なく
とか家族の介護費用を捻出するためなどという60歳を越えた
人であったりするとか。
景気が回復してくれば多くの若い人は介護では働くことを希望しないと
思います。
また家族の介護では虐待がそうとうあるのだと思います。

やはり結局、介護は自分たちの手で助け合いながらしていく
仕組みを早く作らないといけないのだと思います。

,任るだけ自分で健康に暮らす。
介護できる家族がいれば、サービスを利用して
 無理がない程度に介護する。
5泙僻熱、発作にはすぐ入院できる病院を整備する。
ぐ貎擁襪蕕靴箍搬欧介護できない場合のための
 誰でも利用できる施設をできるだけ多く作る。
 (学校の空き教室の利用など)
 地域のボランティアを動員する。
 中高年で健康で時間のある人は参加を義務付ける。
 働いている人は応分の金銭の負担をする。

今、ホスピスは高い費用を負担できる人で運よく空きがあった場合
だけ利用できるのだとか。

こういった恵まれた施設はキリスト教関連のものであるようです。
なんとか、自分たちで誰でも利用できる理想的な施設を作り上げたい
ものだと思います。
誰かがどこかでしてくれると考えるのは幻想だと思います。


厚労省はお金を集めて、できるだけ福祉そのものは安上がりにして
何をつくっていたのでしょうか。
自分たちの老後の安住の場だったのではないでしょうか。

それは政治家が権力のために不透明なお金を利用したから
なのでしょうか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年6月07日(木) 17:17    題名: 健康と食を守るために 引用

トランス脂肪酸の規制がデンマークでは2003年に制定されていた
とのことです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8

先日の話では日本人の摂取量が少ないから問題がないとのことですが
学校給食などでそれなりの量が使われているとすれば
問題だと思います。規制に取り組むべきだと思います。
大きなサイズのデザート、大きなサイズのハンバーガーなど
一方ではメタボリック症候群とおどかし、食品についての規制はないようです。


また、主人が血圧計を新しくしたところ、かなり低い数値が出ました。
新製品の方が正確のように思います。
血圧降下剤をよく処方されておりました。
病院での血圧計は大丈夫でしょうか。
チェックはどういった機関がするのでしょうか
必要がない老人に薬を与えていないでしょうか。

春先の花粉症は異常です。全力で取り組むべきです。
このままでは若い人たちが薬漬けになってしまうと思います。

こうしたことから厚労省の姿勢というものは、医薬業界に配慮しているとしか
思えません。
国民の健康よりも医薬業界の保護にまわっています。
例によって天下りの人がそういったとことろにいるのでしょうか。

政治家と同様に、天下りの方の口利きは厳罰にするべきだと思います。


たとえば漢方薬や民間療法などあるいは温泉療法など、もっと
本格的に取り組み、外国の薬など強いものを使わない、ということを
考えてもいいのではと思います。

食品についての栄養や成分についての分析をもっとわかりやすい形で
厳正になされるべきだと思います。
農薬の残留、ダイオキシン、養殖魚、肉類の抗生物質などなど

早急にチェック機関を作るべきだと思います。


また、化粧品やサプリメントについても安全性がどこでチェックされて
いるのでしょうか。

許認可が複雑でその割には厳正な検査というものがない
権威のみ、誰かの胸先三寸といったところが垣間見えます。

今回の介護の問題もそういうところから発生しているのではないでしょうか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月22日(火) 20:26    題名: わたし様 引用

わたしといわれる以上はこちらが知っている方でしょうか?

多くの方の心を傷つけている、という漠然としたことには
お答えすることが大変難しく感じます。

わたしの発言はどちらかといえば社会の不合理さに思い余っての
発言なので、もしそれが傷つくといういうことなのであれば
既得権をお持ちの方、現状のほうがよい
という方なのでしょうか。

いずれにしましても、具体的な指摘をいただければと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
わたし
ゲスト





投稿1時間: 2007年5月21日(月) 13:19    題名: 引用

りんごさんの書き込みが多くの人の心を傷つけているいる事に気がつきましょうよ。
いってる事とやっている事のギャップがこんなにも大きな人は初めてです。
トップに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月21日(月) 12:07    題名: 相次ぐ事件に〔3〕 引用

人間の心は闇だから、何もできない、ではないのだと思います。
いろいろな考察を加える努力が必要ではないでしょうか。

心理学者あるいな精神科医といった専門家だけに任せて
おくにはいかないと思います。

昨今の傾向として、キーワードに現象を当てはめる、
キーワードでかなりの部分の説明をしてしまう、
ということが見られるように感じます。
地道な事例の蓄積ということが必要なのであり、
とくに、事前に回避できたということの例、
あるいは解明できたこと、防止策などもっと
興味本位ではなく真剣に考えるべきだと思います。

ある時期、男の子は母親を殺したいと思うときがあるのだと思います。
生物として親から離れていくための当然備わった本能ともいえると思います。
その時期、子どもにとって孤独でないように友人や
親でない大人が話し相手として周囲にいる
という環境が必要なのでしょう。
また、その本能を刺激するような映像や本などはなんらかの規制が必要かも
しれません。

立てこもり事件では
妻にこだわるということとDVについて考えさせられました。

一般的に、妻の保護も大事ですが、夫側に対して禁止ではなく
その話をよく聞いて気持ちを和らげる仕組みを作るべきだと思いました。
ストレスにたいして男の方が弱いということはいえると思います。

気持ちを切り替えさせる実践的方法を考えるということが
必要だと思います。
また社会全体で人を苦しめるストレスを生まない
ようにする
人を差別しない、人を切り捨てない、・・・・・

忙しいと誰しも他人の気持ちが考えられなくなるので
やはり、省エネと同様な無駄な時間を省くという
取り組みもするべきだと思います。


青森りんご@所沢が2007年6月10日(日) 17:14に記事を編集, 編集回数: 1
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月18日(金) 11:01    題名: 相次ぐ事件に〔2〕 引用

人間の成長期には何事も不安定なものです。

他の人間にとってはそれほど影響がないタミフルが
成長期の人間、それも一部の人間にとっては脳に非常に影響が
あっただろうことは予想できることです。

今までになかった化学物質が氾濫しています。
建材、接着剤、芳香剤
シックハウスでの生活は若い人たちの健康にとってより深刻だと思います。

さらに薬
とくに安定剤、睡眠剤、咳止めなどはかなり脳に作用すると思います。
たとえばちょっと眠れないというときに、家族の薬をもらうということは
よくあります。

また、私は何年かに1度ぐらいしか映画を見ませんが、
気分が悪くなることも確かです。
映像とデジタルの音はかなりこたえます。

パソコンに長時間連続して向かうということも
成長期の脳に影響するでしょう。

電磁波についてはあまり影響が取りざたされていませんが
これもまた深刻なものかもしれません。

引きこもりになって眠れなくなったとき、こういったことが
すべて作用するということが考えられます。
急性の分裂症のような症状となるのではないでしょうか。

ここでさらに治療として新しい薬などが処方されても
まさに迷路へと進むだけだと思います。

おそらくもし少しでもこういった兆候があるときには
空気のよい 森のあるまた朝の太陽を浴びることができる
落ち着いた環境で過ごさせることが
大事かと思います。
ビルのような建物ではなく空気の流れるお寺のような建物が
いいかと思います。

メーカーの方たちは利益優先ではなく、もっと大きな目をもって
社会に有益であるという自信を持てるものを作り出すべきだと思います。

また、心の病を治そうとする医師の方は
もっと社会に働きかける、
あるいは薬漬けではなくほんとうに健康にする
ことを心がけていただかなくては
いけないと思います。

今回の事件の場合、少年の実家が大雨による土砂災害で
半壊したという衝撃も大きかったと思います。
防災に関わる方たちにこの事件を重く受け止めていただきたい
と思います。


青森りんご@所沢が2007年5月28日(月) 21:31に記事を編集, 編集回数: 1
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月18日(金) 10:32    題名: 相次ぐ事件に〔1〕 引用

立てこもり事件で亡くなられた若い警察官のご冥福を祈りたいと思います。

左胸との報道が首と防弾チョッキの間となっています。
どちらが正しいのでしょうか。

防弾チョッキがほんとうに機能したのかどうか、これからのことのために
また亡くなった警察官のためにもしっかり調べてほしいと思います。
首であれば、今後首をも保護する軽い繊維のものを早急に考える
ことも必要でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E5%BC%BE%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AD

まったくの老婆心であるかもしれませんが
自衛隊の装備についても、ほんとうに命を守れるのか、あるいは国を守れるのか
厳正なチェックが必要だと考えます。

防衛施設庁の汚職で空調機器でしたが、
こうした隊員の装備、兵器など根幹にかかわるものに
そういったメカニズムのようなものが働かないことを
心から願っております。

外郭団体などにお金が流れて、その分ランクが下げられた
ものでまかなわれている、などということは許されることではありません。

もしそうであれば、裏金よりもずっと罪は大きいものだと思います。

わずかな欲に想像力の欠如が加われば、
大罪となるということを歴史は教えてくれます。


万が一にもそういうことがあれば、早急に対策がなされることを
心から願っております。


青森りんご@所沢が2007年5月18日(金) 11:04に記事を編集, 編集回数: 1
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
maimu
Site Admin
Site Admin


登録日: 2005年8月 24日
投稿記事: 1020
所在地: 神奈川県

投稿1時間: 2007年5月17日(木) 11:52    題名: Re: まいむさんお元気でよかった。 引用

まいむです、
少し私の記述に曖昧な点があったので補足します.
青森りんご@所沢 wrote:
現実には国を守る組織は必要だと思います。

9条についても、素人の私が読むと
1項 国際紛争でない国の防衛については
   武力を行使できる、と思えます。
2項 同様に「国際紛争を解決する手段としては」に
  注目してよいと思います。

イラク特措法は違憲であり、自衛隊は防衛するだけであるならば
合憲である、と単純に考えてしまいます。

この点については「防衛に関する軍備」があるという大前提である点で、条文の条件から外れることであれば、全て許容する、という解釈が一般化しています.

戦争の放棄≠戦闘の放棄

これを実践してる国としては、スイスが有名ですが、日本は米軍基地が国内にあり米軍が駐留してる点から、大きく異なります.
単純に判断できないのが米国との関係と私は考えます.

青森りんご@所沢 wrote:
イラク特措法の延長はまだ決まっていないですよね。
3月末に閣議決定し、5/15に衆院を通過した段階です、決定というには早急すぎました.
ほぼ決定なのは変わり無いと思います.
この時限立法が延長することはどうしようもないのは、米国と一度やってしまったことの責任というものです.初期の采配の違いがどのような結果になるかという困った事例になってしまったと考えます.
http://www.kantei.go.jp/jp/houan/2003/iraq/030613iraq.html
_________________
's FAN as まいむ /JabberID :maimu@pandion.be / Email : maimuu@gmail.com
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 メールを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月17日(木) 11:07    題名: まいむさんお元気でよかった。 引用

まいむ様、お久しぶりです。

お忙しいところを、呼び出してしまったかもしれません。
たしかに自衛隊のあり方というのは非常に難しいですね。

現実には国を守る組織は必要だと思います。

9条についても、素人の私が読むと
1項 国際紛争でない国の防衛については
   武力を行使できる、と思えます。
2項 同様に「国際紛争を解決する手段としては」に
  注目してよいと思います。

イラク特措法は違憲であり、自衛隊は防衛するだけであるならば
合憲である、と単純に考えてしまいます。

イラク特措法の延長はまだ決まっていないですよね。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
maimu
Site Admin
Site Admin


登録日: 2005年8月 24日
投稿記事: 1020
所在地: 神奈川県

投稿1時間: 2007年5月17日(木) 03:07    題名: Re: まいむさんの投稿から 引用

まいむです、
青森りんご@所沢 wrote:
憲法改正の論議とはどういう意味があるのでしょうか。

ネタ振りをされた気分なので、少し.

憲法改正と具体的ではない意味不明な記述をされても困るので、引用文の関係から、日本国憲法第九条の条文に関する 改正議論 として私的意見を記します.
結論から言えば、法律に矛盾しない社会とするという目的があります.本音と建前のある法律は健全とはいえません.

憲法9条 http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM , http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1
Quote:
戦争の放棄
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

とありますが、基本的に自衛隊を含む軍備を放棄するとしか取れませんが、日本語のあいまいさを利用し、結局、自衛隊という世界屈指の軍事力とイラク派兵などにより、国際紛争への介入をしています.(戦闘は行ってませんが、「威嚇」と解釈すべきでしょう)

ここで問題なのが、日本語の解釈の問題という詭弁を捨てて、実際矛盾してる条文に対して、軍備を放棄するのか、条文を現在の状況にあわせるべきなのか?という議論が、世間の話題となっている、日本国憲法第九条改正議論なのです.

国民投票法案可決に伴い、政府によるプロパガンダにより国民扇動が可能という点から、権力に関する監視は必須なのですが、オンブズマン他、日本の場合はそこがゴッソリと抜け落ちてる点を私は危惧します.

とはいうものの、むこう数十年は問題となる改正もないとは思いますが、国民投票法が施行後義務教育を受けた世代が投票権を持つ年齢となる頃が末恐ろしく感じます.

昨日の総理の国会での珍問答もしかりで、「軍隊の兵士(自衛官)が個々の考えで行動するべき」というのは軍規から大きく逸脱する考えであり、自衛隊というトップダウンの組織に於いてはあってはならない事です.
これは、戦術(個)と戦略(総)の統一という観点から末端はコマとして機能しなければ指揮は成り立たないというものです.
軍隊は機械、兵士は考える機械であるという表現が的確なのです.
問題は、総司令官たる総理が軍の仕組みを理解していないという点が、国際的な国として危ういのではないでしょうか?

イラク特措法も2年延長してしまいましたからね、「輸送」という言訳ではありますが.
_________________
's FAN as まいむ /JabberID :maimu@pandion.be / Email : maimuu@gmail.com
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 メールを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月15日(火) 21:16    題名: まいむさんの投稿から 引用

Quote:


この記事はあくまで噂として認知してください(一応実際任務した方(知人)の発言を元にしてますが)
本日をもって防衛庁が防衛省に格上げされました、名前だけの変更ではなく管理体制と権限が大幅に強化されています。

海外への平和維持活動派遣、護衛派遣などが通常任務化し、予算請求が直接出すことができます。(とはいえ国会承認が必要なのは変わりませんが、不透明な予算は増えます)

軍国化という意見もなきにしもあらずですが、それは極端であって大きく組織が変化するわけではなく上層部の権利体制が変化したという点が注視すべき点です。

さて、イラク派遣などの紛争地域への派遣では住民とのいざこざが少ないとありますが、実際はイラク人を十数名止むを得ないとして殺しています。
これは公な数値として出てくることはありませんが、現地報道では明確にされてるそうです、無論非公式ながら警察権限の処理などがされています。
日本だけではなく他国通信社などへの情報官制がされており、我々庶民がイラクで起きていたことの全てを知ることはできません。

少なからず衝突で被害者が生じて死んでしまうということについて、日本としては誠意ある対応をしていたのかという点が今後問われることになるでしょう。
サマーワから撤退し、現地に日本のNGOが派遣されてることから詳細は次第に表沙汰になっていくことかと思います。

自衛隊とはいえ部隊によってはより暗部に近い内容になるのは止むを得ないでしょう。


憲法改正の論議とはどういう意味があるのでしょうか。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月14日(月) 15:26    題名: 見るに見かねて? 引用

かしま屋様

ご心配をおかけします。(舌とか出してませんよ。)

ご存知の通り、あれこれウォッチしてきましたが
尋常の方法では何も変えることはできない、ということがわかりました。

たとえ常識はずれであっても、あれこれ試してみるということは
必要だと思います。

与えられた常識により、行動が束縛されたあげく、
今の日本の状況がうまれてしまったのだと思います。

強力な使命感のようなものが後押しして、これが正しいということが
よくわかるような気がするのです。

別に武器を持って戦うわけではないし、おばさんがこうして
掲示板で書き込むのに遠慮っているんんでしょうか?

無視していただければいいのです。

それとも、ちょっとは真理なるものでもありますか?

もてるだけの力を使って人の心を動かす
私の目的はそれだけです。

仲良しグループで行動なんて考えたこともありません。(きっぱり)

特措法の延長に反対だと思われる方はぜひ私のブログまで

http://blog.livedoor.jp/dorci/
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
かしま屋
ゲスト





投稿1時間: 2007年5月13日(日) 11:47    題名: 引用

思いつきや書き捨ては読み手の共感どころか
嫌悪感をよんでしまうと、ここや船長や他多くの方に言われてます。

船長のところもご意見板もアク禁にされ
東海尼チャットも書き込むそばから削除されている事態を
少しは真摯に考えたほうが良いですよ。

ブログも本の宣伝のようにしか感じないとの書き込みも多くあります
出版後に2ちゃんでのログを撒かれたら多くの人に迷惑がかかりそうだし。

大人なんだから・・・



>我が家では相当な教育費をつぎ込んだほうだと思います。
それでも、我が家の息子たちはずいぶんいろいろなアルバイトを経験しました。

接続詞が変ですよ。(それよりも教育費の自慢とも取られかねない


>日払いの工事現場の後片付けなどはアスベストなどを防ぐようなマスクも
与えられずのようでした。

通常アスベスト対策が必要な工事現場のあとかた付け作業などありません。
具体的な実例をあげなければ只の思い込みに過ぎません。


>アルバイトはそれなりに経験として貴重なものだと思っていますが
受け入れる側はまったくの安い労働力としか考えていない

一般的には学生の片手間アルバイトというものはそういうものです。
当然、選択の自由は学生側にあります。



>危険な労働こそ正規雇用を義務付けるべきではないでしょうか。

逆に言えばアルバイト学生がそれを阻んでいる部分があります。
正規雇用を嫌がる人間をどうすればいいのでしょうか。


>また、奨学金や授業料の減額はおそらく他の国に比べてかなり少ないでしょう。

これについては他国と比べる必要性はないと思います。
また、今話題の野球部の特待制度と同じで、思いつきで話すことではないです。



>申請がないものでも支払いが滞った時点で調査して支払う

申請がなければ支払いができない現実はどうするのかという議論なしでは
空論にもなりえません。


>支払うべき相手がない場合については
若い人たちのための奨学金であるとかあるいは生活支援であるとか
そういったものに使うべきなのではないでしょうか。

契約時にそのような特約を付ければいいでしょう、まずはあなたから。



>また入院保険金などは家族以外での請求できる制度なども早急に必要だと
思います。

以前の話の中で無理だと言われたと思いますが・・・
また主張するならば具体的にどうするのかが必要です。


>もっと国が主導的にわかりやすい制度をつくらなければ
日本の保険会社は消えてしまうかもしれません。

根拠はどこにあるのでしょうか


旧約聖書の話は引っ込めたほうが良いですよ。
滑稽どころか・・・ネタにもなりません。

依然2チャンネルでも馬鹿げた投稿をしているようですが
本心で周りと親交を深めたいのであればスタンスを考え直しましょう。
今のままではトリックスターでしかありません。

私もこれを最後に関わりを持ちたくはありませんので
以後妙な呼びかけ的な事はご遠慮させていただきます。
トップに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月12日(土) 16:47    題名: いろいろ思いつくままに 引用

我が家では相当な教育費をつぎ込んだほうだと思います。

それでも、我が家の息子たちはずいぶんいろいろなアルバイトを経験しました。
日払いの工事現場の後片付けなどはアスベストなどを防ぐようなマスクも
与えられずのようでした。

アルバイトはそれなりに経験として貴重なものだと思っていますが
受け入れる側はまったくの安い労働力としか考えていない
というのはどうかと思います。

おそらく多くの学生たちがこうやって働いているのかもしれません。
危険な労働にはそれなりの報酬と保護というものが必要だと思います。
危険な労働こそ正規雇用を義務付けるべきではないでしょうか。

また、奨学金や授業料の減額はおそらく他の国に比べてかなり少ないでしょう。

保険金の未払いが相当あるのだといいます。
付帯の契約についてもそうですから
主契約についての払われない場合というのは
莫大なものではないかと想像します。

申請がないものでも支払いが滞った時点で調査して支払う
支払うべき相手がない場合については
若い人たちのための奨学金であるとかあるいは生活支援であるとか
そういったものに使うべきなのではないでしょうか。

そういった不明のお金は今までどういう会計がなされていたのでしょうか。
利益として税金がかけられていたのでしょうか。


今後、契約時にそういったものも付け加えればいいのかとも思います。

また入院保険金などは家族以外での請求できる制度なども早急に必要だと
思います。

もっと国が主導的にわかりやすい制度をつくらなければ
日本の保険会社は消えてしまうかもしれません。


また、食品や薬、サプリメントなど厳正なチェック機関がないようです。
どうも遊園地の遊具にしてもチェックは内部の人間がしている、ということが
明らかに問題だと思います。

あらゆる場面で業界ではない厳正なチェック機関をつくる、ということが
ほんとうに必要なことだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年5月03日(木) 11:42    題名: 組織の寿命を考える 引用

人間に寿命があると同様に、組織にも寿命があるように感じるこのごろです。

戦後、一斉に多くの組織が新しくなって、今、それが一斉に問題が出てきている
とも思えるほどです。

還暦とはよくいったもので、もしかしたら、組織の平均寿命は60年前後なのでは
ないでしょうか。

トップは影響力を保持したいため、後継者として実力のあるものを好まない
ということもあるでしょう。
まわりに苦言を呈する人間を置かないということもあるでしょう。

なんのためにその組織があるのか、その社会的責任よりも、
自分の地位の保全ばかりが見える人たちが多くいるようです。

これほど若い人たちが先の見えない日本を作り出していながら
なんの痛痒も感じない老いた組織のトップの人たちには
冷たい言い方を敢えてしますが、退陣をしていただきたいと思います。

この連休中でも東京都心の淀んだ空気を映し出すテレビを見ながら
あるいは何キロもの渋滞する車を見ながら
石油がもうなくなる、日本が衰退する、この時期に
福祉政策ではなく、新しい道路や建物にこだわる人たちの判断が
どうしてもわかりません。

耐震偽装で明るみに出た東京の耐震対策はどうなっているのでしょうか。
道路の陥没は大丈夫でしょうか。
原子力発電所は地震でもテロにもミサイル攻撃にも
大丈夫なのでしょうか。
ミサイル攻撃を誘うような外交政策をしていないのでしょうか。

明日にでも大きい地震が来るかもしれないのです。
憲法改正論議よりももっと大事なことがたくさんあると思います。

おそらく、太平洋戦争にのめりこんでいった最大の原因は
まさか、という気持ちをトップがもっていたからだと思います。

そのトップの人たちは、2.26事件を起こすまでに
追い詰められた苦しい生活を具体的に想像すらできなかったのだと思います。

憲法とは、組織の為にあるのではなく、
日本に暮らすひとりひとりの人間の為に
あるのだと思います。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年4月24日(火) 17:43    題名: 終末期医療を考える 引用

ガン末期患者のためのホスピスはすぐには入れないところも
あるとのことです。お金もかなりかかるときいています。

厚労省は終末期医療についてなにも具体的な対策をもって
いないように思えます。
例によって、自分たちの使うベッドだけは確保しているのだと
思います。

このままでは老老介護の家庭での介護が中心で、介護保険も
先行きが不安です。
ひとり暮らしの人は高齢で倒れてもすぐ介護施設に入れない可能性が高そうです。


ほんとうにどうするつもりでしょうか。

終わりよければすべて良し、
終末期医療がお粗末では、この国をうらんで亡くなる人たちがほとんどになって
しまうでしょう。
そういった負の思いが積み重なった国は衰退していくしかありません。
国自身が終末を迎えることになります。

年金や保険をうやむやにし、無策のまま過ごしている厚労省に
罪滅ぼしをしてもらいたいと強く思います。

貧富に関わらず、終末期の医療を受けられるような体制にするには

〇楡澆鬚燭さんつくる。(使われなくなった学校を利用してもよい)
⊇末期のサポートする介護人・ボランティアの育成・援助
 (ボランティアをした人には優先権があるとか)
4墨促吋△琉綣圈Υ埜郢佞琉蘋
い任るだけ慣れた家庭にいて、終末期だけ安心して利用するという形が
 望ましいので、終末期以前の介護、家事をサポートをする人の育成
  
 企業任せの今の介護ヘルパーでは問題が多いという話を聞きます。
 指導監督、チェックが必要だと思います。

健康保険を持たず、あるいはお金がないため、病気になっても治療を受けられない人たちが多く出てきているようです。

こういった国の経済政策の失敗をこのままにしていたのでは、さらに将来に問題が
噴出するでしょう。
早急な対策をしてほしいと思います。

たとえば国立西埼玉病院の周辺には国有地がたくさんありました。
小児科にしても介護施設にしても足りないものだらけです。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年4月14日(土) 14:10    題名: できるかどうかやってみなくちゃ 引用

>かの国が平和なのは、外敵から狙われる人的資源も物的資源もないからです。

日本が平和である理由は人的資源も物的資源も豊富だからです。

と、いわしめたいものですね。

地球の宝と思えるような国になれば平和でありうると思います。

外交で戦争以外での他国への援助を惜しまない、
そのためにも情報はしっかりつかむ

平和とはこういうことだとネットでも書物でも発信できれば
(実際、もうかなりできているのかもしれませんが)
日本が過度の心配をすることはないのかもしれません。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年4月14日(土) 10:48    題名: 引用

アイスランドも実質的にアメリカの傘の中にいます。

かの国が平和なのは、外敵から狙われる人的資源も物的資源もないからです。
軍縮に成功ではなくて、元々軍備なんてほとんどなく、駐留米軍のみでした。

9条については

「位置づけは」という議論ならば
たいへん素晴らしい法律(方針)で、その価値は尊重すべきものです。

「戦争放棄に役立ったのか」という議論ならば
日本人の多くはその有効性を信じていたが、現実は同盟国アメリカのおかげで
直接的な戦争当事国に日本がならなかっただけ。
その意味では「幻の憲法第九条」だと思います。


ついでに
防衛庁が防衛省になっての一番の問題点(あるいみ利点・本当の目的)は
防衛省が独自で省令という形の法律を作れるという事です。
(徴兵制などの制定は無理ですが、憲法の解釈運用を省で決められるのです)

そのことにより、初めて法律にのっとった存在となったのです。

今の自衛隊はかつての継子ではなく、正式な日本軍として内外から認知されたと
判断ができます・・・
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
青森りんご@所沢
玄人さん
玄人さん


登録日: 2006年9月 04日
投稿記事: 491
所在地: 所沢市

投稿1時間: 2007年4月13日(金) 23:07    題名: できの悪い生徒で kasimaさんも疲れてない? 引用

軍縮に成功している例はアイスランドのようです。
軍隊をもたない国となって、国としていろいろな面で充実しつつあるようです。


一方、湾岸戦争での多国籍軍

アフガン戦争、イラク戦争での有志連合

について、

9条がありながら日本は参加していました。
脱退が相次ぐ中、今もなお参加しています。

バグダッド情勢は激化しています。
航空自衛隊がいることも特措法が延期されそうなことも
ほとんど誰も気にかけていません。

憲法9条とはなんなのでしょうか。

ほかには戦争をしていなかった国もそれぞれ国内に問題があり
自由が大きく制限されていたりしているようです。
サウジアラビアなど特殊な国もあります。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信 ウェブサイトに移動
kasima
上級者
上級者


登録日: 2005年10月 12日
投稿記事: 190

投稿1時間: 2007年4月13日(金) 17:37    題名: コスタリカは軍縮の例にはなりえません 引用

>コスタリカは非武装中立でけっこう成功しているようです

リオ条約で実質のアメリカの傘の下での事です。
また、徴兵制度や軍備を否定しては降りません、常設がないだけです。

地政学的には日本と比較ができないですね。周りはみんなお友達国家ですから。



>憲法九条があったから日本は戦争をしなかったと主張する人もいます。
 しかし、憲法が無い他国ではすべての国が戦争をしていたのでしょうか?

中立宣言をした国以外は戦争をしていましたか?
しつこいようですが、認識の確認です。
トップに移動
ユーザー情報を表示 メッセージを送信
特定期間内の記事を表示:   
トピックの新規投稿   返信    TOUKAI AMATEUR RADIO フォーラム一覧 -> 交流掲示板(予備) All times are GMT +9:00
ページ移動 前のページ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9  次のページ
Page 5 of 9

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信: 不可t
自分の記事の編集: 不可
自分の記事の削除: 不可
投票への参加: 不可


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group